Dendrodium 皇太子様 国連の水と災害に関する国際会議で基調講演

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皇太子様 国連の水と災害に関する国際会議で基調講演 

皇太子さま 水と災害に関する国際会議で基調講演
11月19日 4時47分

ニューヨークを訪問中の皇太子さまは、国連の水と災害に関する国際会議で基調講演を行い、科学技術の恩恵が貧困に苦しむ人々にも行き渡るよう願う気持ちを述べられました。

ニューヨークを訪問中の皇太子さまは、現地時間の18日、国連本部の総会議場で開かれた水と災害に関する国際会議に出席されました。この会議は、世界各国の防災担当者や有識者が災害の現状や防災対策について話し合うもので、皇太子さまは、おととしニューヨークで開かれた会議にも出席されています。
開会式にはおよそ300人が出席し、国連のパン・ギムン(潘基文)事務総長などのあいさつに続いて皇太子さまが英語で基調講演を行われました。皇太子さまは、人々が水災害とどう向き合ってきたかを歴史資料をもとに説明したあと、衛星情報通信技術を活用した最新の防災対策などを紹介されました。そして「水や防災の分野において、急速に進歩する科学技術の恩恵が、世界の、特に貧困に苦しむ人々に隅々まで行き渡るよう、国際社会の一層の連携協働を期待します」と話されました。
皇太子さまは、現地時間の20日には、名誉総裁を務める国連の「水と衛生に関する諮問委員会」の最終会合に出席し、活動の成果を踏まえたスピーチを行われます。


飯山一郎さんのブログ「 皇太子;国連で基調講演。政府は冷淡。」を見て初めて知ったのですが、
潘基文国連事務総長らからの招待を受けられての行啓だというのに、
皇太子様は政府専用機ではなく、
民間の飛行機でニューヨークに行かれたのだそうですよ。

飯山さんが書いておられるように、確かに政府は皇室に対して冷淡ですね。
冷淡と言うより、敬意に欠けるというべきかも知れません。

先日雅子様が秋の園遊会に12年ぶりにご出席なさったという事で、私なども喜ばせていただいた所だったのですが、
雅子様は春の園遊会に、ご出席を強く希望されていたのに、東宮太夫(宮内庁)が阻んだのだそうですね。
   (引用)
「園遊会の出欠に関して、東宮大夫は4月17日の定例会見において、『医師と相談の上、殿下お一人のご出席となった』 と話したそうです」(皇室記者)

こうして結局、雅子妃殿下の気持ちは叶わず、ドクターストップとなってしまったのである。

上の写真(2枚)を見れば、雅子妃殿下の元気と礼節は、明々白々であろう。

したがって、春のドクターストップは純医学的な判断ではない、政治的な圧力だったのである!  \( キッパリ! )/

しかし、皇太子殿下は「政体側」の圧力にめげず…、
「国体側」を代表して! 国連本部に向かわれた。
「なかなかヤルじゃん!」 と、ワシは頼もしく思っておる。

と飯山さんは宮内庁のやり口に怒っておられますが、
宮内庁(政府)のやり方に、怒っている人は他にも大勢あるのかもしれません。

秋の園遊会でも宮内庁東宮太夫は、
雅子様のご出席は式典のみと言っていたのでしたが、
両陛下が敢えてお口添えされたお陰で、
雅子様は招待客らが並ぶ道筋を50メートルほど歩かれ、
笑顔を交わされる事がお出来になったのでした。

陛下のご意向を無視したり、
陛下のお言葉で、自分(安倍総理)の気に入らない部分を、ニュース放送でNHKにカットさせたりと、
安倍総理の暴虐ぶりは目を覆いたくなるものがありましたが
今回の皇太子様の晴れ舞台についても、殆ど国民に知らせようとしない所にも、
安倍総理の「皇室軽視」は益々歴然として来ているようですね。

続きを読むに、
国連における皇太子様について、飯山一郎さんのお話の続編を写させていただきます。

天皇家の跡取り息子が華々しく国際デビュー
格調高い講演を3百人のVIPが聴く
東宮訪米
国連での皇太子様


訪米中の皇太子殿下は18日、「人と水とのより良い関わりを求めて」 と題して英語で35分ほど講演した。冒頭で東日本大震災など各地の災害の被害者を悼み、被災者を見舞う気持ちを伝えた。
皇太子殿下は、日本の和歌や世界の文学に描かれた、人類と水の関わりについてスライドを使って示した上で、社会が発展する中で、人類が自然を制御する知識や技術を蓄積し、水からより多くの恵みを得ようとしてきた歴史を振り返った。

そして「水や防災の分野で急速に進歩する科学技術の恩恵が、世界の特に貧困に苦しむ人々に隅々までいきわたるよう、国際社会の一層の連携と協働を期待します」と述べた。
講演の最後には、俳人、前田普羅の俳句「立山の かぶさる町や 水を打つ」を英語で紹介し、「人々がどこでも水とともに平和にゆったりと過ごせる世界を実現できるよう、私も今後とも取り組んでいきたい」 と抱負を述べた。

「日本国のレベルの高い国際外交は、皇室にしか出来ない。日本の政治家連中は全員アウト!」 というワシの感想に、米国・独国の友人はスカイプの向こうで確実に頷いていた…。
それほど皇太子の国連での講演は格調高い演説だった。

とくに、「人々がどこでも水とともに平和にゆったりと過ごせる世界を実現できるよう、私も今後とも取り組んでいきたい」 という“決意表明”は、国際社会へデビューする鄭重な挨拶にもなっている。

皇室・天皇家の存在は…、好きの嫌いの、善いの悪いのといった個々人の思いを超越した時空間にある。

その天皇家の東宮(跡取り息子)が、国際社会に雄々しくも華々しくデビューなされた!

それが今回の国連における皇太子演説だった、ということは好嫌・善悪を超えたところ認めなければならない。

…とは言え、じつは、今回の皇太子訪米の意味は別のところにもある。それは、東宮の在米中の多忙極まる外交行動である。

東宮のオモテ向きの行事は、「国連の二つの会合での講演と挨拶」となっている。

しかし東宮は、同時期に国連で開催された “ハイレベルパネル” という国連の最高顧問会議にも(要請されて)出席していた!

“ハイレベルパネル”は、「ビルダーバーグ会議」や「300人委員会」にも匹敵する「(国連主導の)世界最高賢人会議」 である。
(参考資料1) (参考資料2)

日本の皇室の皇太子が、(要請されて)国連の特別部会で基調講演をし、さらに“ハイレベルパネル”に(要請されて)出席! という事態は、じつは、世界史的な出来事で途轍もない意味をもつ事件なのだが…、今は日本中、誰も分からないまま。ま、E~でしょう。
東宮の在米中の多忙極まる外交行動のなかで…、国連の潘基文事務総長や、オランダのアレクサンダー国王、日本とゆかりのある米国人や、在留邦人らとの面会等々は、どれも日本の運命に関わる重大な意味をもっているのだが…、おいおい書いていきます。
飯山 一郎

Comments

東宮大夫

和久さま

ご無沙汰しています。
皇太子殿下の国連演説、妃殿下の園遊会ご出席と、われわれにとっては素晴らしいニュースが続きます。

しかし、和久さまがあるブログに基づいて、東宮大夫が両陛下のご好意を阻害したというご意見を述べられているのは納得できません。

東宮大夫は悪意というより、ただ事実を述べただけでしょう。

ちなみにこの件では、「両陛下が妃殿下に無理を強いた」という意見もある(某東宮応援ブログ)ことはご存知ですか?

勿論私はそちらの方も根も葉もないデマだと思っています。が、和久様の拠られたブログのご意見もうがちすぎというべきでしょう。

足元の東宮職も把握できない皇太子殿下、というのは私はあり得ないしあってほしくないと考えています。
もちろんこれは私の希望的観測です。

ただ、いろいろな意見に一喜一憂するのはやめたいなと思い、私の考えを申し述べてみました。
  • [2015/11/23 00:23]
  • URL |
  • 大我楼2014
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

事実誤認

追伸です

もう一回上記ブログを読み直してみましたが、これは多分たんなる事実誤認でしょう。東宮大夫は妃殿下の出席を阻んだというのは。

ご出席の写真を拝見しました。

  • [2015/11/23 00:51]
  • URL |
  • 大我楼2014
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

私が事実誤認

春の、と秋のとをよく読んでいませんで事実誤認は私でした。

だから、東宮大夫は事実を言っただけで、悪意のドクターストップではないという最初のコメントに戻ります。

東宮応援ブログの意見は秋の園遊会の方です。

意味もなく3連投ですみません。
  • [2015/11/23 01:14]
  • URL |
  • 大我楼2014
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

大我楼清風様

コメント有難うございます。
ドクターストップが、善意のものであるか、悪意のものであるかは部外者には想像するしかない事ですね。

只、皇太子様の今回の国連での講演というご業績を、宮内庁のホームページは全然書いていませんね。

東宮太夫も宮内庁の人間として、
皇太子様(妃殿下を含む)への政府の迫害に、参加せざるを得なかったという面も無きにしも非ずかも知れません。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2510-d6f6722a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。