Dendrodium 辺野古訴訟日本政府の「努力に感謝」by米国防総省 クック報道官

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辺野古訴訟日本政府の「努力に感謝」by米国防総省 クック報道官 

日本政府の「努力に感謝」=辺野古訴訟めぐり米国防総省
時事通信 11月18日(水)8時15分配信
 【ワシントン時事】米国防総省のクック報道官は17日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に向け、日本政府が代執行を求めて県を提訴したことについて「(代執行が認められれば)日本政府のおかげで(移設)計画を前に進めることができる。日本政府の努力に感謝している」と述べた。
 
 報道官は、辺野古移設に関し「最終的には沖縄の人々にとっても最大の利益になる。実現できるよう日本政府と引き続き緊密に協力していく」と強調した。 


アメリカはもう民主主義に反する事でも、平気で表明する様になっているのですね。
日本政府がアメリカ軍の基地の為に、地方自治を踏み躙ろうとしているのを見ても、全然抗議しない所か、
「日本政府の努力に感謝」とは!!!

民主主義(地方自治)も軽視すれば、
内政不干渉の原則も無視する、

アメリカももう形振り構っていられなくなったという事の表明なのでしょうか?

そう言えばシリアでも内政干渉していますね。
アメリカが形振り構わなくなったのは、今に始まった事ではなかったのでしたね。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2508-743016e5

辺野古、内政干渉

【ワシントン時事】米国防総省のクック報道官は17日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に向け、日本政府が代執行を求めて県を提訴した
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。