Dendrodium 地軸のポールシフト

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地軸のポールシフト 

この話が本当だったら、現在の政治がどうであろうとどうでも良い、と思ってしまいそうです。
それが彼等の計略なのでしょうか?
地球はもう160年も前からポールシフトの準備段階には入っており、
ポールシフトは何時起こっても不思議でない状態になっているそうです。

In Deep「「地球は磁極のポールシフトで磁場を失うことにより、太陽風に晒され水と大気を失った火星と同じ状態を200年間経験するだろう」 — NASA火星探査メイヴン計画主任 」によると、
「地球はポールシフトと共に、200年間、太陽放射に吹き付けられる事態に直面している。」とNASAが言っているのだそうです。

http://www.express.co.uk/news/science/617587/Defenceless-Earth-200-YEARS-solar-radiation-blasts-magnetic-poles-shift
EXPRESS 2015/11/06

地球は磁極のポールシフトと共に、200年の間、太陽放射に吹きつけられる事態に直面していると NASA は言う

地球は、最大で 200年間、防ぐことができない太陽放射に晒される可能性があり、それは皮膚ガンを誘発し、世界中の電子通信機器の遮断の危機を招くかもしれないと NASA は警告している。

このアメリカの宇宙機関は、私たちが、地球の磁極が反転するという特別な出来事に向かっていることを確認した。

気候の研究者たちは、地球は磁場の反転に向かっていると確信している。この磁極のポールシフトは、以前に起きた際に、ネアンデルタール人を地上から一掃した。

NASA の火星探査計画 MAVEN (メイヴン)計画の主任研究員である米国コロラド大学ボルダー校のブルース・ジャコスキー( Bruce Jakosky )氏は、磁場の反転が起きる時には、太陽の放射線から地球を防御している磁場が失われ、地球は危険な放射線に晒され続けることになると述べる。

そして、その期間は 200年間だという。

ジャコスキー氏は、先日、MAVEN 計画によって、火星が大気と海の水の 99%を失った原因を明らかにした歴史的な発表をおこなった。火星は過去数十億年、太陽風に晒され続けていたことが、大気と水を失った原因だと氏は述べる。

ジャコスキー氏は以下のように言う。

「磁極のポールシフトが発生した場合、地球は 200年間、磁場を持たない状態になります。その間、太陽の放射線は、磁場の防御が消えた地球に降り注ぐのです。数十億年前の火星と同じように」

しかし、氏は、地球の大気が完全に消滅するには 200年では足りなく、生物が絶滅するようなことはないだろうと付け加えた。

NASA の火星ミッションの主任科学者、マイケル・マイヤー( Michael Myer )氏は、火星が太陽の放射を受け続けた数十億年前は、太陽は今よりはるかに強力なエネルギーだったことを付け加えた。

その強い太陽からの放射の数十億年のそのプロセスの中で、火星は大気の 99%を失った。

マイヤー氏も、地球が磁場の防御のない状態での 200年間の状態の中では、地球で驚くようなオーロラが見られるであろうことと共に、私たち人類の生活に影響を与えるだろうことを認める。

地球の磁気は、有害な紫外線に対する防御の最前線にあり、私たちを守り続けてくれており、この防御がない場合、皮膚ガンのリスクが高まる可能性がある。

また、磁場がない状態、あるいは極端に磁場が少ない状態は、世界的な通信設備と電気インフラの被害を生じさせる可能性がある。さらに、何人かの研究者たちによれば、磁場の少ない状態(太陽放射が多い)は、暴動などにつながりやすいという。

破滅論者たちは、以下のようなことも予測している。

磁極の北から南への移動は、大陸が移動し、数多くの地震を誘発し、また、急激な気候変動と世界的な破壊が進むだろうと。

地質学者たちによれば、磁極のポールシフトは、地球の歴史の中で何度も起きている出来事だと述べ、最後に起きたのは石器時代の間で、今から 78万年前のことだった。

英国地質調査所の地磁気担当の主任であるアラン・トンプソン( Alan Thompson )氏は以下のように語る、

「私たち地質学者は、化石や他の記録から、(過去のポールシフトの際に)世界的な大陸の移動は起きていませんし、地球規模の災害も起きてはいないと言うことができます」

地球の磁極が逆転するときに発生する最も劇的な変化は、全電界強度(磁場)の非常に大きな減少であると、地球物理学研究所で地磁気の逆転の研究を行っているジャン=ピエール・バレー( Jean-Pierre Valet )氏は言う。

そして、地球の磁場が、過去 160年間で大幅に弱まっていることは、科学的に確認され続けている。この「磁場がどんどんと弱くなっている状況」は、地球の磁場の反転がいつ起きて不思議ではないことを意味するのかもしれない。

ドイツの GFZ ニーメック地磁気観測所の科学主任、モニカ・コルテ( Monika Korte )氏は、地球の磁場の逆転についてこう述べる。

「地球の磁場の反転は突然起きるものではなく、ゆっくりとしたプロセスです。その間の地球の磁場は弱くなりますが、それと同時に、おそらく、磁場フィールドが、より複雑なものとなり、しばらくの間、2つ(今の地球の磁極は、北極と南極の2つ)以上の磁場が示される可能性があります。」

磁場が極端に弱くなった場合、私たちは、太陽フレアにも直接さらされ続ける危険性がある。

ロチェスター大学の地球物理学専門のジョン・ターデュノ( John Tarduno )教授は、以下のように述べる。

「太陽からのコロナ質量放出( CME / 太陽フレアの際に放出される)は、たびたび発生しており、時に、地球に直接向かうこともあります」

「しかし、 CME で発生した粒子の一部は、地球の磁場によって遮断され、通常は、地球上にいる私たちには影響はあまりありません。しかし、磁場が弱い場合、その地球の防御システムがあまり役に立たないのです」

科学者の中には、種の絶滅と、磁極のポールシフトに関連があるとは考えていない人たちも多い。

地磁気観測所のコルテ氏は、

「地球の磁場が非常に弱くなったとしても、地球表面はその大気によって、放射線から遮断されています。そして、現在、私たち人類が磁場が弱くなっていることを感じることはないのと同様に、地球の磁場が反転したとしても、私たちはその大きな変化に気づかないと思われます」

はっきりしていることは、次の磁極の反転は「いつかは起きる」ことと、過去 160年間で地球の磁場は驚くべき速度で劇的に弱くなり続けているということだ。



この前のポールシフトは石器時代の頃だったとの事ですから、
地球は再び石器時代の戻るという事なのでしょうか?
地球が太陽風に曝されるようになったら、福島原発由来の放射能位なんでもないものに思えてきます。
日本は素晴らしい日本晴れの日々と、適当な間隔で降る恵の雨の、
「この世の他の思い出」に、天によっていただいているかのような豊穣の秋の中に、
生きさせてもらっているのかも知れないと思えてきます。

天は何もかもお見通しで、定期的にちきゅうをポールシフトする仕組みを創っておられ、
天体も生物も絶滅はしないが、刷新できる事になっているのかもしれません。
ノアの方舟に乗せられたもののみが生き残るとはそういう事だったのかも知れないなどと、
一部の方からは迷信の誹りを受けそうなことが頭をよぎっています。

しかし、命のある限りはこの世で出来る精一杯の生き方をして、命を全うして行きたいと、思う心に変わりはないのですが・・・・・

Comments

現実と嘘に近い事

お早うございます
ボールシフトも私たちが生きてる間は来ないようですね、処でボールはダメリカからロシアに渡ったようですね。朝からちゃかして御免なさい!
なにか胡散臭いですね、温暖化詐欺みたいに私たちの関心を逸らしたい、ついでに金でも捲きあげたい。
(地球が太陽風に曝されるようになったら、福島原発由来の放射能位なんでもないものに思えてきます。)わく様~あなたは関心をそらされたかも?
福島シフト(1ベクレルから100ベクレルにするわ瓦礫拡散で日本中に放射能をばらまくわで)は現実の脅威です、私はこれで日本は半分は終わったなと感じています。知ってか知らずかは分りませんが,井戸川さんとかずくなしさんを覗くと
此れ由来で亡くなった方はたくさんいます,彼らに取ってはボールシフトもポールシフトも有ったもんじゃない!
もう半分は安部が遣っている軍需産業ぼろ儲けの戦争ごっこですけど、原発乱立(その原発時限爆弾もテロ国家イスラエルのシグマが管理している)のこの東アジアで~~~声も出ません。
ロシアのカブリル2~3発で日本は終わるし、後者が可能性は高いですけど、イスラエルに時限爆弾のボタンを押されても終わるし日本は大変だ!
日本が存続するには善隣友好策しか無~~~い!
 が追い詰められている金融詐欺国家ダメリカは許すかなあ~
彼らの戦争詐欺は今度は高みの見物では済まないと賢い賢いかれらには分かっています。
 

嘘と欲様

コメント有難うございます。
ポールシフトも、ボールシフトも、この危機的状況の日本には係わりないことかもしれませんね。

事実はどうかは知りませんが、
私がこんな説に逃げ出したくなったのは、事実かも知れません。

>日本が存続するには善隣友好策しか無~~~い!
 が追い詰められている金融詐欺国家ダメリカは許すかなあ~

日本は放射能からと同時に、この脅威にもさらされているのですよね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2500-b7e438cd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。