Dendrodium 国際社会には従わないが、グローバル企業には従う。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際社会には従わないが、グローバル企業には従う。 

街の弁護士日記「外国投資家には従うが、国際司法裁判所には従わない!! 何それ日本」によると、日本は今後はICJで訴訟を起こされても受けて立たない と決めたそうです。
(10月6日付けにて、日本がICJ(国際司法裁判所)の強制管轄権から「海洋生物資源の調査、保全、管理、ないし開発に関わるいかなる紛争」をも除外しました。日本では全くニュースになっていないけれど、海外では大きなニュースになっているようです )

街の弁護士日記によると、国際司法裁判所は、訴えられた被告国が応訴するかどうかは、原則自由なのだそうであるが、これまでは、強制管轄を受諾すると意思表示していたそうである。
   (以下引用)
強制管轄を受諾するという意思表示をしていることは、「国際法秩序を遵守する」と宣言していることを意味するから、日本にとっては名誉なことである。
安倍ちゃんお得意の「法の支配」という奴である。
強制管轄の受諾は、戦後日本が国際社会の信頼を回復していく上では欠かすことができなかったともいえるだろう。

それを、今回は、負けたから、ひっくり返します。
これからは、国際法違反の「商業捕鯨」を行いますと宣言したのである。
     (中略)
強制管轄の一部除外の通告は、日本が躍起になってTPP「大筋合意」の発表にこぎ着けた直後の10月6日に行われている。
TPPと言えば、外国投資家が投資先政府を海外のインチキ裁判に強制的に訴えることを認めるISDだ。
国際司法裁判所の判断に従わないと宣言するのと、ほぼ同時に、グローバル企業の支配するISD私設裁判には従うと明言したのだ。


という訳で、強制管轄の一部除外の通告は、日本が奮闘して漕ぎ着けたTPPの大筋合意の直後の事だったという。
詰まり、TPP成立に力を入れたという事は、日本はTPPのISD裁判には従うと表明した事のと同じ意味になるから、
「日本はICJ(国際司法裁判所)への従うことはやめにして、
グローバル企業の為のニューワールドオーダー(NWO)管轄のISD裁判に従います。」と、世界に表明した事になるだろう。

安倍政権は国民に内緒で日本を、NWOの配下へと移して行っている。
安倍総理はグローバル企業の為の日本クーデターを請け負ったから、総理に選ばれた人だったのかも知れないとの疑いが益々濃いくなって来た。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2489-4c3ff3e2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。