Dendrodium 福島第1原発の事故対応従事後、白血病発症の元作業員労災認定

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島第1原発の事故対応従事後、白血病発症の元作業員労災認定 


原発事故後の被ばく、労災初認定=福島第1元作業員―白血病発症で・厚労省
時事通信 10月20日(火)

 東京電力福島第1原発の事故対応に従事した後、白血病を発症した元作業員の40代男性について、富岡労働基準監督署(福島県いわき市)は20日、「被ばくと疾病の因果関係が否定できない」として労災と認定した。
 福島第1の事故後の作業で、白血病を含むがんが労災認定されたのは初めて。
 厚生労働省によると、男性は2012年10月~13年12月、福島第1原発で原子炉建屋の覆いを設置する工事などに従事。同原発での被ばく線量は15.7ミリシーベルトだった。
 男性は他にも複数の原発で働き、累積被ばく線量は約1年半で19.8ミリシーベルトに上るという。体調不良から医療機関を訪れたところ、白血病と診断されたため労災申請していた。
 国は1971年、放射線被ばくによる白血病の労災認定について基準を策定。被ばく線量が年5ミリシーベルトを超え、作業開始から1年以上が経過して発症した場合、ウイルス感染など他の原因がなければ認定するとした。
 厚労省は今月13日、専門家を集めた検討会を開き、被ばくと白血病の因果関係が否定できないとの見解で一致。「労災認定するのが相当」との報告書をまとめたという。男性は通院治療を続けており、医療費の全額と休業補償が支給される。
 福島第1原発の事故前には、各地の原発で勤務した作業員13人が白血病を含む「がん」で労災認定されている。福島第1の事故対応では8件の申請があり、うち3件の不支給が決定。取り下げられた1件を除く4件が調査中だった。 


とうとうと言うより、やっと認めたと言うべきなのではないだろうか?
福島原発事故の後始末の為に働く原発作業員の「労災」が認められたそうである。
原発事故の起きた年の秋に食道癌を発症し、事故の2年後に亡くなった吉田昌郎さんだって、
原発事故が原因の癌にしては癌の発症が早すぎるという理由で、
原発事故由来の放射能による癌の発症ではなかったという事にされている。

原発事故直後の放射能濃度は大変なものだったのだから、
発症が早かったと言っても、
放射能による癌発症の可能性は、可也高いものであると思われるのに、
事故との因果関係は考えられないとして、
東電は吉田所長の殉職扱いを拒否している。

元所長でさえこの扱いだったのだから、
一般の原発作業員がどんな扱いを受けていたことか、恐ろしい限りである。
政府はこれからも原発を続ける為に、
原発で働く人の健康被害を徹底的に否定して、
事故で健康被害が起きることは非常に稀なケースであると、
国民に思い違いさせようとしてきたとの疑いを禁じえない。
しかし、今回のケースでは労災を拒否できない事情があったので、
しぶしぶ認めたという事のようである。

自然エネルギー等原発以外の発電方法を採用すれば、
国民が原発事故の被害を受ける危険性がなくなるだけでなく、
不健康になるのが運命付けられているような原発作業員ではなく、
普通の就職先を増やす事が出来るのである。

何所から見ても原発で発電し続けることは不合理なのに、
どうして国や電力会社は原発を続けたいのだろう?

Comments

はじめまして。

理由はどうあれ、とりあえず認定されてよかったですよね。

「普通の就職先を増やす事が出来る」というのは、自然エネルギーを使う電力会社が、既存の電力会社以外に出来るからという理由ですか?

とろ様

コメント有難うございます。
ほんと、とりあえずお一人でも認定されて良かったですね。

尚、普通の就職先を増やす事になるのではないかと思いましたのは、
何で作るにしても、電気は必要ですから、
原発を使わなかったら、現在の電力会社のままかどうかに関わらず、
発電の為の人を雇う筈でしょう?
電力会社の現在の人員で足りているとしても、その働き先が放射能に触らねばならない職種からは開放されるはずです。

それと、自然エネルギーを作るためには色々な資材が必要ですから、
発電のための資材を作るための働き手も、
様々な形で、増やされる事になるのではないでしょうか?

という様な理由で、新しい就職先がふえるのではないかと思った次第です。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2485-1adfa6ae

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。