Dendrodium 安倍内閣の中でも、目を覆いたくなるような酷い過去を持つ3人の閣僚

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍内閣の中でも、目を覆いたくなるような酷い過去を持つ3人の閣僚 

安倍内閣閣僚の酷さを、「そりゃおかしいぜ第3章」さんが詳しく書いておられる。
以下に全文を複写させていただくが、
よくまあここまで酷い内閣を、財界もマスコミも放置しているものである。
高木復興大臣の場合、父の高木孝一は、以前私もブログで取り上げた事があるが、
無責任極まりない原発推進論者であった。
http://dendrodium.blog15.fc2.com/blog-entry-922.html
高木孝一敦賀市長は1983年1月26日石川県羽咋郡志賀町で開催された「原発推進の講演会」で、
原発推進で敦賀市が如何に豊かになり潤ったかを話した最後に、、
「えー、その代わりに100年経って片輪が生まれてくるやら、50年後に生まれた子供が全部片輪になるやら、それはわかりませんよ。わかりませんけど、今の段階では(原発を)おやりになった方がよいのではなかろうか‥‥。こいうふうに思っております。どうもありがとうございました。」と話を結んだのだそうである。

そんな無責任な人間の不良息子が、安倍内閣の新閣僚「復興大臣」なのである。

「原発を続けたら地元は儲かる代わりに、100年経って片輪が生まれてくるやら、50年後に生まれた子供が全部片輪になるやら、それはわかりませんよ。」という話を聞いても、原発推進をしようという意見に賛同する参加者達も参加者達であるが・・・・・
世も末という言葉があるが、お金が総てという考え方の恐ろしさが凝縮されたような逸話である。

かくして、ここまで酷い内閣が大手を振ってのさばっているのを、
誰にもどうすることも出来ない日本になってしまったのかもしれない。

    (以下引用)

下着泥棒の復興大臣は核武装論者、農水大臣はカネとヤクザまみれ、臨時国会もなく密室論議、何が民主主義だ
2015-10-17 | 戦争
安倍晋三の新内閣に入れてやった新人大臣の素性が怪しくなってきた。その最右翼が、下着泥棒だった高木毅復興大臣である。なんでも好きだった女の子の家に侵入して、タンスから下着などを盗んだとのことである。本人も否定していない。父の威光で示談に終わっているようである。
初当選した時には、敦賀市長の父の七光りで当選している。父の高木孝一は原発推進論者である。この敦賀市長は、地元出身の水上勉が反原発発言をするや、圧倒的政治力で封じ込めてしまっている。最近になって、一滴文庫も日の目を見るようになったが、地元からは総スカンをくらわせていた。
高木孝一敦賀市長は、「原発は金になる。」と、全く正直に吐露している。「50年後や100年後生まれた子供がみんな障害者でも問題はない。」と発言している。安全性や住民のことなど全く考えていない。そもそも、原発への基本的な知識も疑わしい発言といえる。その父の後ろ盾で当選した息子が、原発振興を掲げないわけはない。よりによって、こうした人物をわざわざ、東北の復興大臣に、安倍は指名したのである。原発再稼働へのシグナルとみてよい。下着泥棒するような人物の資質を疑うのは良いが、面白おかしい報道に目が行ってはならない。福井県は稲田朋美のウルトラ右翼に感化されて、極右翼の議員ばかりになってしまった。

同様のことは、農水大臣に指名した森山裕も同じである。TPP参入反対の急先鋒であったばかりか。「TPP参加の即時撤回を求める会」の会長までやっていた人物である。これまでの主張とどのように整合性を突けるつもりなのかは知らないが、最近になって暴力団との黒い関係が早速指摘されている。談合に関与して鹿児島県の指名停止を受けた複数の業者から、11年から3年にわたり690万円の献金を受けていたことも発覚している。全々農水大臣の、西川公也も同様の問題が説明できずに、辞職に追い込まれている。もっとも西川の場合は大臣としての資質そのものに問題があった。
「カネ」と「ヤクザ」にまみれた、森山農水大臣である。このまま続けていいのか。

文科大臣になった元プロレスラーの馳浩であるが、教員時代に竹刀がボロボロになるまで体罰を加えていたと述べている。当時は、体罰の必要も訴えていた。こんなでかい男に竹刀で叩かれた日にはたまったものではないが、今は大臣の椅子が欲しくて反省しているとのことであるが、こんな人物をよりによって文部科学大臣に据えてい良いのであろうか?まったく時代にそぐわない人選といえる。

安保関連法案を強引に一国会で通すために、最大の国会延長を行ったあおりである。臨時国会が開かれない。安保法(戦争法)の運用などについてや、TPP交渉の経過や内容や対策などや、辺野古新基地建設に関係する諸問題や、消費増税などや、国会で審議しなければならないことが山積している。通常はこの時期には臨時国会が開かれるはずである。野党も臨時国会開催の要求をするようである。
しかし、このような不祥事を抱えている安倍晋三の内閣が応じるとは思えない。例えば消費増税に伴う諸問題は、自民党と公明党だけで密室でやることになる。安保法案と同じである。これこそ民主主義の否定である。

Comments

ありがとう同級生

私のブログ引用くださりありがとう。
水上勉さんの晩年を汚した市長ですが、”カタワ”発言までされていたとはねぇ。
こういう男が地域のボスになって行くのです。

そりゃない世獣医さん

コメント有難うございます。
面白い記事を有難うございました。
慌ててTBしたために飛んだお手間をとらせて済みませんでした。

2年前の今頃、いつの間にか、古来稀なりと言われる老齢になろうとしている自分に、呆れ戸惑っていたものでしたが、
あれからもう2年たち、70代が自分の席としてフィットしてきた感じです。

あの時、「ご同輩ですね」とコメントして下さったのでしたね。
そのコメントに、
勇気のようなものを感じさせて頂いたものでした。

ブログの更新何時まで続けられるか分かりませんが、
これからも宜しくお願い申し上げます。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2482-9a701e62

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。