Dendrodium 天皇陛下の認証の有無

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇陛下の認証の有無 

京都新聞によると、
9月28日午後(日本時間29日未明)安倍総理は国連平和維持活動(PKO)に関するハイレベル会合で演説し、PKOに積極的に参加する意向を表明した。集団的自衛権行使を可能とする安全保障関連法の成立を国際社会に始めて報告し、(自衛隊の)従事可能な業務が広がり、更なる貢献が可能となった)と述べたそうである。

安倍総理は安保関連法が成立したと言っているが、
天皇陛下は御名御璽をお押しになったのだろうか?
それとも御名御璽はなくても,法律の成立に支障はないのだろうか?

憲法で天皇の仕事として定められているから、
ご高齢の天皇陛下が今も、国会が作った法律を、一々認証し御名御璽を押してくださっているが、
この御名御璽がなくても法律の成立に差しさわりがないとしたら、
憲法は何のために、天皇陛下に御名御璽を押す様定めているのだろう?

10月7日、安倍内閣は内閣改造するそうであるが、
もし天皇陛下が新大臣の認証を拒否されたら、
内閣は効力を持つのだろうか?
それとも、認証されるされないに関わりなく、
内閣は効力を持つのだろうか?
安倍総理を始めとして、閣僚達は正式の大臣と言えるのだろうか?

今それがとても気になっているところであるが・・・・・・

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧様

コメント有難うございます。
コメントのタイトルが「天皇の使命」となっていましたが、

天皇には認証を拒否することも出来ねば、
サインを拒否することも出来ないとしたら、
天皇には使命などないのでしょうか?

詰まり、政府は天皇を奉って置く事で、
天皇の意思を代行している振りが出来る。
天皇とは国民を騙す為のツールという訳なのですね。

だから天皇陛下がサインを拒否されたら誰かが代わりに書き、
認証式に出席されなかったとしても、
閣僚が皇居に行ったというだけで認証された事になると、
貴方は仰りたいのですね。

ま、そういう事になっているのかも知れませんが・・・・・

天皇にできることとできないこと。そして天皇に望めることと望んではいけないこと

世界には多くの王室がありますが、民主主義を掲げる国でのそれは政治に対しての発言を許されていないと思います。
日本も大戦を境に天皇の立場を国家元首から象徴へと変えたと思います。
もし天皇が政治に意見をし、それが許容されるなら、それは大戦前に戻ることを意味します。
人は立場のなかでしか発言できない、と、申しますが、天皇でもこのことは例外ではありません。いや、むしろ天皇という特別な立場であるからこそ、私たち一般よりも一層強く拘束される格言だと思うのです。
ブログ主様の天皇観を見れば、天皇に人として優しい心根を見出していますが、それは私も同じです。恐らく天皇は今の政治をご覧になって忸怩たる思いをなされているだろうと推量しています。ですが、天皇に発言は許されていません。御名御璽を拒むということは圧倒的な私見の発露です。それを天皇に望むかのような意見は天皇を苦しめるばかりでしょう。私見ですが、天皇はぎりぎり許容される精一杯のレジスタンスをなされているとお見受けしています。

なお、私は天皇を私たちと同じように血が流れている人間として接したいと思っており、しかし天皇制というシステムには反対しています。
  • [2015/10/03 21:35]
  • URL |
  • 匿名ということで
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

匿名様

コメント有難うございます。
>天皇はぎりぎり許容される精一杯のレジスタンスをなされているとお見受けしています。

という事なのですね。
それ以上、例えば、天皇は憲法に従うという事になっているから、
安倍の戦争法案の様な、憲法違反の法律にサインする事は出来ない、
という意思表示くらいされるかと期待していたのですが、
無理な願だったのですね。

天皇陛下にだけ身の危険(天皇の権威を剥奪されるかも知れない取り組み)を犯されるよう期待するのは、
私の身勝手な願だったのかも知れません。

自分自身は何一つ危険を犯さないで、
天皇陛下にばかりに、期待していた自分を申し訳なく思います。

私の願っているのは天皇制と言うより、
国の中心としての天皇の権威の存続だったのですが、
これからどういう時代になって行くのでしょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧様

コメント有難うございます。
仰っているような話は以前に私も聴いたことがあります。
その真偽の証明の仕様もありませんし、
その節で行くと日本から天皇の存在を奪ってしまう事になりかねません。

私は天皇の存在が日本国が一つにまとまる為に大変有効な機能を持っていると思うから、天皇を支持しているのです。

そして今上天皇及び皇太子様は、充分にその値打ちのあるお方だと思われますし・・・・・

下記は私の記事です。宜しかったらご一読下さい。
「天皇制に思う」
http://dendrodium.blog15.fc2.com/blog-entry-53.html#comment_list

9・11に付いては、
自作自演説の信憑性が可也高い様ですね。

英王室の実利主義

 キャメロン首相の対中親和策にに呼応して,習近平中国国家主席に対して,エリザベス女王やキャサリン妃の精一杯のサービス。それに対し,ダライ・ラマと親交のあるチャールズ皇太子は晩餐会を欠席。
 何とも見上げた外交ぶりではありませんか?
 ジョン王のマグナ・カルタ以来の英王室の伝統で,これあればこそ,国民が支持しているのではありませんか?

弥勒魁様

コメント有難うございます。
イギリスはアメリカが斜陽と見て、
中国に乗り換えようというのではないかと感じた人は、私だけではなかったようですね。

イギリスの逞しさには恐れ入りますね。

中国がアメリカの二の舞をさせられなければ良いのですが・・・・・

道州制なら各道州に王家を

 イギリスの王家は初代セルデク家のウェセックス王エグバート(在位827-837)以来,10家あり,マグナカルタのジョン王(在位1199-1216)は5番目のプランタジネット統に属していました。現王室は10番目で,1714年ハノーヴァー家のジョージⅠ世(在位1714-1727)を開祖とし,1917年7月ジョージⅤ世のときウインザー家と改称したのです。
 つまり万世一系ではない,と言うことです。この伝でいけば,道州制は各道州に王家を作り(北海道はアイヌの王家の末裔,沖縄は琉球王朝の末裔,東北,関東,中部,信越,北陸,中国,四国,九州にも王家は有った(大和朝廷が簒奪する前は))4年ごとくらいに交代で天皇を務めるようにすればよいのではないでしょうか?

弥勒魁様

何のために日本を分裂させねばならないのか。
その様なご提案には、私は到底賛成できません。
悪しからず。
(尚、これは議論ではありませんので、ご返信は御無用です。)

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2469-0dc2f161

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。