Dendrodium 憲法改正を参議院議員選挙の公約にすると言っている安倍晋三

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憲法改正を参議院議員選挙の公約にすると言っている安倍晋三 

安倍総理は参議院議員選挙の選挙公約に憲法改正を入れると言っているそうである。
今更のように憲法改正をするという事は、
先日強引に成立させた戦争法案(安保法制)は、
安倍総理自身が憲法違反だったと認めた事になるのではないだろうか?

憲法違反をした後で、内閣が犯した憲法違反の部分を、憲法改正によって不問に付そうと思うから、
参議院議員選挙の時には自民党に投票して、
内閣に都合の良いような憲法改正が出来るよう、国民はこれに協力せよと呼びかけるとは、
泥棒に追い銭ではなく、
泥棒を目こぼしで許した上、後に彼の泥棒を無罪にするために法改正迄してやるようなものである。
今回の安倍総理の選挙公約は、徹底的に法治主義を陵辱したものであり、
憲法・国民をこれほど馬鹿にした所業はないと言えるだろう。

参議院議員選挙で自民党議員に投票するという事は、
国の面目(平和主義・法治主義)を、ここまで陵辱した安倍晋三及び自民党員を、
国民が無罪放免するという意思表示になってしまう。

私たち国民は参議院議員選挙では、
自民党員を一人も通さない覚悟で投票せねば嘘である。
絶対に自民党に憲法改正をさせてはならない。

Comments

ポイントは野党の結束

和久様のおっしゃる通りと思います。我々一民草が唯一有効にできる意思表示は選挙で投票をすることです。自民を勝たせないためには野党が結束していなければなりません。半自民でなく反自民が票を取り合いするようでは結局現在の選挙制度では総得票数が少数であっても相対的に一位であれば自民がまた勝ってしまいます。

前民主党政権の後半は実に悲惨で情けない状況でした。今や民主党はかつての勢いのかけらもありませんが、国民の期待を裏切り政権途中から半自民になって米国と官僚のいいなりになってしまったのですから当然のことだと思います。

以前私は政治家として信頼している民主党の生方氏とメールでやり取りしたことがありますが、問題もあったものの政権前期の鳩山・小沢体制を民主党が一丸となって最後まで守っていれば日本の政治はかなり変わっただろうという拙の意見にその通りだと答えておられました。

安倍氏や後期の民主党政権が従ったアーミテージやナイといった米国のジャパンハンドラー達は有力者ではあっても米国の総意を体現した人達ではなく、考えを異にする米国政治家も沢山います。野党はそれらの人達と良い関係を結んで決して米国と対立することなく異なる道を選択することが可能であると私は思います。要は実行力だと思います。

rakitarou様

コメント有難うございます。
全く仰るとおりですね。

小沢さんの件ですが、
小沢さんが収賄した証拠もないのに、
マスコミが連日、丸で有罪が決まったかのような報道をしていたとき、
民主党員は、選挙前に公党の党首を捜査するなんて・・・・・と、これに抗議するどころか、小沢さんを民主党代表の位置から引きずり下ろしたのですからね。

菅政権では連日のように、小沢さんには説明責任があると、民主党議員が被害者の小沢さんを攻め立てていましたね。

冤罪をかけられた者が、どうして冤罪をかけられたか、その理由を説明する責任があるなど、
どう考えても道理に合わない事を言っているのに、
それを批判するマスコミを見たことがありませんでした。

そして、小沢さんが無罪になったとき、
どうして国会議員に冤罪を仕掛けて、
あんなに大騒ぎして攻め立てたのかと各責任者に、
説明責任があると言って、説明を求める者がなかったのも、奇怪至極の事でしたね。


国民の政治離れを誘うために、民主党に勝たせるにつき
民主党員の何割かは、引っかき廻し部隊として送り込まれた者だったのではないでしょうか?

民主党は初めから破綻した政党だったのかもしれませんね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2465-83cbb5a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。