Dendrodium ヨーロッパに押し寄せる中東難民

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロッパに押し寄せる中東難民 

海岸に打ち上げられたシリア難民の子供の遺体のニュース
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2015090438628が、
シリア難民問題を大きくクローズアップさせる切っ掛けになったようであるが、
シリアの人々が酷い目に会い続けて、4年半以上経つ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A2%E9%A8%92%E4%B9%B1
シリア擾乱の原因に付いては様々な意見があるようであるが、
反政府勢力なるものの構成員の大部分がシリア国民ではなく、外国人たちであるというところが普通の内乱と違う所だろう。

桜井ジャーナルの「シリアを侵略しているISの兵站線を攻撃しようとしない米政府だが、露のシリア支援は全力で阻止へ 」 にあるように、
アメリカはISISを助けてシリアを攻撃させていたという疑いが限りなく濃いと言われて来た。

田中宇さんの記事「シリア内戦を仲裁する露イラン」に下記の一節がある。
    (引用)
米軍がISISを支援(創設)してきたことについて、私は何度か記事にしてきたが、これまで米当局はそれを認めていなかった。
だが最近、米軍の諜報機関(DIA)の元長官であるマイケル・フリン(Michael Flynn)が、米軍はアサド政権を倒すため、意図的にISISが強くなっていくように仕向けたと発言し、それを裏付けるDIAの2012年の報告書も同時期に機密解除された。米軍がISISを支援したことは、もはや無根拠な陰謀論でなく、米軍の元高官が批判的に語る「事実」だ。


それを裏付けるDIAの2012年の報告書も同時期に機密解除された。米軍がISISを支援したことは、もはや無根拠な陰謀論でなく、米軍の元高官が批判的に語る「事実」だとある様に、
アメリカがISISにシリアを攻撃させシリア陥落を狙っていた。
それを隠す為に米軍はISIS攻撃のふりをしていたが、
米軍の諜報機関(DIA)の元長官であるマイケル・フリン氏の発言で、
ISISがアメリカによるシリア乗っ取り計画の隠れ蓑であった事は、
ほぼ間違いない事実と言えるのではないだろうか?

然しながら長引くシリア攻撃で、膨大な人数の難民を作る事になり、
欧米諸国は押し寄せる難民に、国内が大混乱を来たそうとしている。

ドイツのメリケル首相は難民にやさしく、食べ物だけでなく月2万円の小遣いまで、ドイツに来た難民に与える事にしているそうであるが、
そんな大盤振る舞いにドイツ国内では反対者も多いそうである。

シリア難民が大勢出来たのも、元を正せばアメリカがシリアに仕掛けたシリアの資源乗っ取り工作の所為であった。
シリアの人々は、欧米諸国にリビアをひっくり返され、カダフィーを殺された後、
リビア人がどんな目に会ったかを、つぶさに見せつけられていたから、
あくまで抵抗するシリア政府に従う人々が大勢有って、
長引く戦争にもアサド暗殺という事にならなかったのだろうけれど、
長引く戦乱で家を失い難民にならざるを得なかった人々は、
安定した生活と職を求めて、ヨーロッパに押しかける事になったとしても、仕方ない成り行きであろう。

ヨーロッパはNATOでアメリカと繋がっているから、
難民を作り出す原因者の仲間という事になる。
だからこそ、もうこれ以上難民を作らないで欲しいと、アメリカに懇願したのではないだろうか?

中東には以前から子供の受難や、惨たらしい事件が沢山あった。
しかし、そのことをマスコミはキャンペーンを張ってまで報道したことは余りない様な気がする。
最近マスコミが急に、子供の受難を繰り返し報道するようになっているが、
彼等は子供の死体に驚いたからではなく、
欧米勢力が難民の苦難を理由に、シリア擾乱から手を引くことを示す為に、
一人の子供の死を利用しているだけなのではないかと、私は疑ってしまう。

イスラエルがガザ攻撃で大勢の子供を虐殺したのを、
マスコミはあんなにキャンペーンを張った報道などしていなかったし・・・・・

マスコミは時と場合によって、優しくなったり無慈悲になったりする。
という事は、根底に有るのは無慈悲という事なのではないだろうか?

戦争屋政権アメリカが世界中のマスコミを牛耳っている以上、
そうなっても仕方ない事なのかも知れないが、
現在の権力集団政官財マスコミのうち、政官マスコミには一貫性がないのが目に付く。
財の場合は強欲で一貫性が有るのだろうけれど、
やっぱり唱える正義には一貫性がない様な気がする。

戦争屋国に牛耳られているのでは、
この地球上の品位が滅茶苦茶になっても仕方ないのだろうが、
これまでの人類が築いてきた文明は、そんなに無価値だったのだろうか?

Comments

異常な国 ニッポン

日本が2013年度に難民として認定し受け入れたのは

 なんと  6人   だけです。

1991年には2人でしたが、当時の申請数は数十人でした。
2013年度に日本へ難民申請したのは3260名です。
日本は、500人に1人も難民と認定しないのです。

法務省の役人は、いろいろと言い訳するでしょう。
結論を先延ばしして、皆が諦めるのを待っていたり。

しかし、5万人受け入れると言ったドイツ、
2万人受け入れると言ったフランスなどとの差は歴然です。

地中海の島を買い取って難民の国を作ろうと言った
海外のお金持ちがいました。
日本にも金持ちはいるはずですが、皆知らん振りです。

難民問題は「票にならない」ので、政治家も動きません。

ネトウヨたちは、「中国や北朝鮮から難民が押し寄せたら」と
この問題には逃げ腰です。いつものことですが。

このままでは日本人全部が「非情な人々」と呼ばれます。

隠居老人様

コメント有難うございます。
目の前で困っている難民を、受け入れない日本人は確かに非情かもしれません。
しかし、難民を大勢生み出す戦争立国のアメリカの政策を野放しにして於いて、難民受け入れというのでは、何か矛盾を感じてしまうのですが・・・・・

でも難民受け入れは、加害国が遣るべき義務だと言って突き放すのではやっぱり非情ですね。

現実は厳しいですが

短い昼寝の間に夢を見ました。飯山一郎さんのブログでロシアへの移住を言っているのが頭にあったからだと思うのですが、プーチン氏が難民をどんどん受け入れていたのです(夢の中ですが(笑))。目が覚めて考えました。夢物語じゃあなければいいのにと。
新しい世界が創られるとしたら、それくらいの @想定外@ が起きなければいけないのではないかとも思えてしまいました。

パンダ様

コメント有難うございます。
ロシアにはウクライナの難民が大勢行っているらしいですね。

日本人も飯山さんの仰るような事が起きたら、大勢難民にならざるを得なくなるのでしょう。

今や世界中難民だらけって感じですね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2452-390643b1

アメリカが爆弾を投下し、EUが難民と非難を受ける。これは正気ではない。

Eric ZUESSE2015年9月7日 | 00:00Strategic Culture Foundation 2011年から、アメリカ合州国は、親ロシア派の独裁者ムアマル・カダフィを打倒する為にリビアへの爆弾投下を開始した。現在、このアメリカのリビア爆撃作戦と、更には、シリア爆撃作戦によって、引き起こされている難民
  • [2015/09/09 12:32]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。