Dendrodium 憲法9条はバリケードbyアーミテージ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憲法9条はバリケードbyアーミテージ 

今朝の毎日放送サンデーモーニングでは、安保法制の問題点をかなり突っ込んで説明していた。
先日の山本太郎議員の質問で取り上げた第3次アーミテージ・ナイ・レポートの表(こちら)も写していた。
又、原発継続とTPP参加を求めていたとの紹介文も書いていた。

原発再稼動・TPP参加も、安保法制も、
このアーミテージ・ナイ・レポートに従っているのではないか、と言う山本議員の質問内容と共に、
アーミテージ氏へのインタビューも紹介していた。

アーミテージ氏はこの安保法制はアメリカに強制されたものではなく、
日本が自国を強くするために決めようとしているものだと言いながら、
憲法9条は長年バリケードの様だったから、
憲法9条は無視して当然というようなニュアンスのことを言っておられた。

バリケードとは何かから、何かを守るときに築くものである。
アーミテージ氏は憲法9条と言うバリケードは、何から何を守ろうとしていたと思っておられるのだろう?
安倍総理はこのバリケードを誰のために壊そうとしているのだろう?

アメリカ軍はアベノ戦争法案が決まるのを待ちかねて、
自衛隊員に米軍との共同演習をさせている。
これを見れば、安倍総理が憲法9条と言うバリケードを、
アメリカのために打ち壊そうとしていると言う事は一目瞭然であろう。

日本人はアーミテージ氏でも長年どうする事も出来ないでいた様な、
頑丈なバリケードを持っているのである。
このバリケードは内側からしか壊せないものなのである。

このバリケードは今、内なる敵・内通者・安倍総理とその仲間達によって壊されかかっているが、
まだ憲法9条は健在なのである。
日本人は日本人の為のこのバリケードを、
大急ぎで補修しなおして、
米軍が全員帰国する日まで、
日本を守るバリケードとして、
大事に守って行かねばならないのではないだろうか?

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2450-9e49e3d7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。