Dendrodium 高速増殖炉もんじゅ 又しても不祥事発見

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速増殖炉もんじゅ 又しても不祥事発見 

高速増殖炉もんじゅ 安全上の重要度分類に誤り
9月3日 16時02分
福井県にある高速増殖炉もんじゅで、設備や機器の安全上の重要度を決める分類の誤りが少なくともおよそ3000件あることが国の検査で分かりました。中には重要度が高い設備や機器を低く分類する誤りも含まれているということで、原子力規制庁などが詳しく調べています。

日本原子力研究開発機構の高速増殖炉もんじゅでは、大量の機器の点検漏れが見つかり、おととし、原子力規制委員会が事実上、試験運転を禁ずる命令を出しています。
こうしたなか、年4回行われている国の保安検査で、設備や機器の安全上の重要度を決める分類の誤りが少なくともおよそ3000件あることが分かりました。
分類は3段階に分かれていますが、原子力規制庁によりますと、重要度が高い設備や機器を低く分類する誤りも含まれているということで、必要な検査が行われなかった可能性もあるとして詳しく調べています。
分類の誤りは分かっているだけで、ナトリウム漏れ事故を受けた改造工事に伴って、新たな許認可が出された平成19年から続いているということで、この間、国も見過ごしていたことになります。
もんじゅの青砥紀身所長は、「指摘を踏まえ、検査に真摯(しんし)に対応したい」と述べました。また、原子力規制庁の宮脇豊安全管理調査官は、「これから内容を聞き取ってどのような問題があるか確認したい」と述べました。
原子力機構は来年3月までの試験運転再開を目指していますが、禁止命令の解除の時期は見通せない状況です。


みんな楽しくHappyがいいによると、もんじゅは停止していても年間200億円も掛かるのだそうです。
これまでにもんじゅに投入された国費は1兆円近いのだとか(2013年当時)
どうして政府はこんな無駄遣いを続けさせているのでしょうね。

Comments

もんじゅの存在意味

『もんじゅ』の不手際についてですが、私は、たまたま、ナトリウム漏れ事故の数ヶ月前、知人が東大大学院原子物理学科を卒業して文殊関連に就職すると聞き、彼に言いました。

「やめといたほうがいいよ。シロートの私でさえ文殊は動かせないのが解るのだから専門のあなたなら尚更にわかるでしょ?」
「え?でも近々、本臨海運転の予定ですよ?」
「そうですね、だから 『@できない@予定の本運転』を避けるためにヤラセの事故を起こすと思うよ。それを見てから判断したほうが良いと思うのですよ」

事故の後、彼は彼の持つ専門の知識から事故が偶然起きたものではないと確信して、往く道を変えました。

『もんじゅ』は原発推進の神輿であり、お飾りであり、お体裁であり、つまり、実際は動かないことなどどうでも良い施設なのでしょう。ただその存在を無にすることは使用済み燃料の有意義処理というマヤカシを無くしてしまうことに繋がるし、プルトニウムの生産という軍産の野心も萎えさせる。
それに、膨大な維持費もちゃんと原子力ムラへ還流してるはずだから、彼らには無駄ではなく有用な施設なのでしょう。

しかし、そうだとするなら、現場には惰性の空気だけが流れ、そしてそれは、点検も記録もズサンにするのは @必然@ というものです。未来にわたって文殊が稼動しない施設であろうことも予測させています。

パンダ様

コメントありがとうございます。
そういう事なのですね。

そして損失は国民の税金で補填しようというのが、
資本主義のすべてに通じている事のように見えますね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2448-81811423

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。