Dendrodium 戦争法案も官僚の専横によるものだった

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争法案も官僚の専横によるものだった 

天木直人のブログ「共産党は命がけの内部告発を生かさなければいけない
に下記文言がある。
共産党の仁比聡平議員が2日の安保法参院特別委員会で明らかにしたという。
 河野克俊統幕長が昨年末(12月17,18日)の訪米時に、安保法案は今年の夏までに成立する見通しだと米軍首脳(デンプシー統合参謀本部議長ら)に伝えていたというのだ。
 これについて中谷防衛相は「承知していない」と答えている。
 昨年末といえば、安倍首相が訪米し、米国議会で安保法成立を約束した今年4月よりもはるか前だ。
 これ以上の暴走はない。
 先の国会で、自衛隊が米軍と一体となって軍事計画を進めていたことが明らかになって大騒ぎになったばかりだというのに、今度の自衛隊制服トップのこの発言も衝撃的だ。


官僚は政治家にも国民にも隠れてコッソリと、
憲法前文に書かれた日本の国是とも言える「平和主義」を、
踏みにじる政策を勝手に決め、
米軍と一体となった軍事計画を進め、
自衛隊員に日米合同演習まで始めさせているのである。

こんな横暴な事をしている防衛省官僚をそのまま許している中谷防衛相を、
罷免しないで、そのまま許して置くとしたら、
与野党の国会議員も、国民に対する背任行為を責められねばならないだろう。

天木直人さんの仰るように、
この事件はこれを告発した共産党の手柄にとどめるだけではなく、
他の野党と協力し一致団結して、
中谷防衛相罷免し、
安倍政権追い込みに動かなければいけないと私も思う。

TPPを政治家に先行して協議を始めていた事と言い
原発再稼動の推進と言い
戦争法案の政治家に先行しての請け負いと言い
日本の官僚はアメリカから命令されたら、
日本を潰すような事でも何でも、
政治家に先行して請け負って来て、
それを政治家に強要している様であるが、
日本が潰れて、
「何の己が桜かな」ではなく、
「己は何所の官吏かな(自分達が仕事をする官庁を失ってしまう)」となるとは、思わないのだろうか?

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2447-e000078b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。