Dendrodium 粗食の進め

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粗食の進め 

家族みんなが病気にならない食べ方事典(現代書林 杏林予防医学研究所所長 山田豊文著)を読みました。
この本は細胞から元気になる食事を主張しておられます。
どんな食事を取るべきかは、この本を読んでいただくのが一番なのですが、
飽食の現代人の食事習慣は、細胞にとって害になるものが多いようです。

細胞が元気になる食事の基本的ポイントとして5つ上げておられます。
①良質な炭水化物(註1)を知る。(炭水化物を正しく取る)
②マゴワヤサシイ(註2)をまんべんなく。(生命の鎖をつなぐ必須栄養素をバランスよく取る)
③良い油(註3)をとり、悪い油を避ける。(油の正しい取り方を身に付ける)
④調理法に注意する。(有害物質の発生や有用成分の損失を防ぐ)
⑤牛乳や乳製品は取らない。(食性に反するものは口にしない)

註1 良質な炭水化物というのは、精製されていない穀物の事。
    お米も白米は避け、玄米を、
    真っ白な小麦粉で作ったパンや麺類、お菓子などは良くないそうです。
 
註2 マゴワヤサシイ
    マ 豆類
    ゴ ゴマ
    ワ 海藻類
    ヤ 野菜
    サ 魚介類
    シ 茸類
    イ イモ類

註3 良い油と悪い油
  トランス脂肪は毒物ですから論外なのですが、
  その油そのものに毒はなくても、その摂取の割合が極端に偏る事によって、
  体に害をなす事があるのだそうです。
  細胞を機能させる為には、絶対に油は必要で、
  オメガ3と呼ばれる油と、
  オメガ6と呼ばれる油は、体内で創る事が出来ないので、
  食事からとらねばなりません。

  オメガ6の油は、コーン油 サラダ油 ごま油 紅花油 大豆油等で、
  必要以上に大量に摂取している人が大部分なのに反して、
  オメガ3は亜麻仁油(フラックスオイル) エゴマ油 シソ油 青背の魚等で、
  一般にとる量が足りない人が多いそうです。

  オメガ3とオメガ6の量が不均衡になると、
  人体に何かあったとき、細胞膜の修復が上手く行かなくなるのだそうです。
  だから、オメガ6の油は摂りすぎる位摂っているので、
  オメガ3の油を摂るよう気をつける必要があるようです。

牛乳に付いては「スポック博士の育児書」でスポック博士は、
牛乳は体に必要な成分が殆ど含まれており、カルシウムを豊富に含む唯一の食品として、
嘗ては牛乳を推奨しておられたのですが、
老齢になって脳梗塞で倒れられた時、
牛乳が人間にとっては、よくないと言うより、有害であると気付かれ、
「スポック博士の育児書」の7版(2004年版)で、
牛乳は摂るべきでないと、潔く修正をされたそうです。

所が日本では第7版以降の翻訳をせず、
第6班を最新版として、10年以上改訂版を出していないそうです。
やはり乳業メーカーの為に、牛乳神話を覆したくないもののようです。
牛乳がどうして有害であるかに付いて、この本には詳しく説明して有るのですが、
複雑に入り組んだ理由があるので、この本を読んでいただきたいと思います。

ほんの一部分を紹介しましたが、
本当に内容の充実した本でした。(すぐ忘れてしまう私には勿体無い本でした。)

この本や、食品添加物の本等を読んで、
今の私達にとって危険なのは、放射能だけではないのだと痛感させられました。

今の日本人に放射能は避けようがないのだとしたら、
他の避けられる食品や、食品添加物を避けることで、
健康被害を最小限に止めるのも良いのではないかと思います。

こんな本を私が急に読む様になったのは、
長年不養生の限りを尽くし、メタボになっていた娘が。最近心機一転して、ダイエットを目指した事に始まります。
ダイエットをするに当たって4~5冊の本を読んだそうで、10キロ余りダイエット出来た様です。

又、この記事でご紹介しまた「この本」に従って断食したり、食生活を改善したら、
小さい頃から続いていたアトピーが、すっかり治ってしまっているのです。
食生活を正しくしたら、薬等飲まなくても治るという事も実証出来た様です。

薬は対症療法だから、一旦押さえ込む事が出来ても再び出て来るけれど、
食生活の改善をしたら、薬のように副作用もないし、色んな病気が奇麗に直る場合が多いようです。
何か、慢性病を持っておられる方は、この本のご一読をお勧めします。

追記
科学的な探求にフラクタル性がある限り、真が偽となり、偽が真となる場合もあるのかもしれませんが・・・・・(こちら

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2442-e7e0bf70

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。