Dendrodium 山本太郎が公開した「第3次アーミテージ・ナイリポート~日本への提言9項目(2012年8月)」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本太郎が公開した「第3次アーミテージ・ナイリポート~日本への提言9項目(2012年8月)」 

山本太郎議員、永田町最大のタブーを追及 シラを切る政府
2015年8月19日
 多くの人が知っているが誰も怖くて言えなかったことを、あの男が口にしてしまった。それも国会という公の場で。

 この国の政策はアメリカの対日要求に沿って決められているのではないか ― 山本太郎議員がきょうの安保特委でこう追及したのである。

 「永田町ではみんな知ってるけれど、わざわざ言わないことを質問していきたいと思います」。タブーに挑む山本議員らしい切り出しだった。

 山本議員は「第3次アーミテージ・ナイリポート~日本への提言9項目(2012年8月)」を特大のフリップで掲示した。

 「原発再稼働」に始まり「TPP参加」「戦時の米軍と自衛隊の全面協力(今回の集団的自衛権)」「ホルムズ海峡の機雷掃海」「国家機密の保全(秘密保護法)」「PKOの法的警護の範囲拡大(今回の駆けつけ警護)」・・・

 日本の政策がすべて米国のリクエスト通りになっていることを山本議員は指摘したのである。
・アーミテージレポート

日本の政策がアーミテージ報告の まんま であることに呆れる。

 安倍晋三首相が 何とかの一つ覚え のように「ホルムズ海峡」を連呼していた時期があった。アーミテージリポートに忠実だったのである。

 図星を突かれた政府側の答弁は見苦しい、いや聞き苦しかった。

 岸田文雄外相は「(アーミテージリポートは)あくまでも民間の報告書ですので政府の側から逐一コメントすることは控える」としながらも「ご指摘の報告書(アーミテージリポート)を念頭に作成したものではない」とシラを切った。

 中谷元防衛相はさすがにウソをつくのがヘタだ―「結果として重なっている部分もあるが、あくまでも我が国の主体的な取り組みとして検討、研究をして作った」。中谷大臣は少なくとも同一であることを認めたのである。

 日本が米国の言いなりになっていることが、天下にさらされたのだ。

「いつまで没落間近の大国のコバンザメを続ける気ですか?」山本議員の質問は容赦がなかった。

 山本議員はトドメを刺すことも忘れていなかった。質問の最後を次のように締めくくった―

 「これだけ宗主国様に尽くし続けているのにもかかわらず、その一方でアメリカは同盟国であるはずの日本政府の各部署、大企業などを盗聴し・・・いつまで(米国にとって)都合のいい存在で居続けるんですかってお聞きしたいんですよ。いつ植民地をやめるんですか?」

 「中国の脅威というなら自衛隊を世界の裏側まで行けるような状態を作り出すことは、この国の護りが薄くなるっていう事ですよ」。

 山本議員の追及に溜飲を下げる国民は少なくない。「目からウロコ」の人もいるだろう。

 しかし「対等なパートナーシップ」を掲げた鳩山政権は、米国と官僚と記者クラブメディアに潰された。庶民に寄り添う政治家は、権力にとって不都合なのである。


①原発の再稼動
②海賊対処・ペルシャ湾の船舶交通の保護・シーレーンへの保護・イラン核開発への対処
③TPP交渉参加~日本のTPP参加は米国の戦略目標
④日韓「歴史問題直視・日米韓軍事的関与
⑤インド・オーストラリア・フィリピン・台湾等の連携
⑥日本の領域を超えた情報・監視・偵察活動
 平時・緊張・危機・戦時の米軍と自衛隊の全面協力 
⑦日本単独で掃海艇をホルムズ海峡に派遣
 米軍との共同による南シナ海における監視活動
⑧日米韓の・あるいは日本が保有する国家機密の保全
⑨国連平和維持活動(PKO)の法的権限の範囲拡大
⑩集団的自衛権の禁止は同盟にとって障害だ
⑪共同訓練、兵器の共同開発、ジョイント・サイバー・セキュリティーセンター
⑫日本の防衛産業に技術の輸出を行うよう働きかける。

アメリカはよくもまあ、こんな厚かましい要求が出来たものですね。
⑫の日本の防衛産業に技術の輸出を行うように働きかけよだなんて、
アメリカの技術が全然だめだから、日本の技術者に助けさせようということではありませんか。
敗戦後70年も経つと言うのに、そんな駄目な国アメリカに、馬鹿みたいに全面降伏した侭で、
アメリカの意のままになり続けようとしている日本の政治家の、駄目ぶりも又呆れたものですね。

2013年4月に安倍政権は主権回復の日を祝う祝典を行いましたが、
2012年暮れに、自民党が政権を取り戻した事を祝う祝典ならまだしも、
「第3次アーミテージ・ナイリポート~日本への提言9項目(2012年8月)」に恐れをなして、
政権についた早々に、選挙公約を反故にしてTPP参加を表明していた安倍政権が、
言うに事欠いて「主権回復」を祝う祝典を、
天皇陛下にまでご足労頂いて開催するだなんて・・・・・

この「第3次アーミテージ・ナイリポート~日本への提言9項目」の要求のまま、
安倍政権はTPP参加を手始めに、原発再稼動の強行、秘密保護法の制定、憲法違反を誤魔化して集団的自衛権行使容認の閣議決定をし、
現在それに続く安保法制を制定しようと国会で審議中です。
この安保法制という戦争法案が通ったら、自衛隊員をアメリカの戦争に差し出そうと、
法案成立のずっと前から、
自衛隊員がアメリカ軍のために、直ぐに使い物に出来る様、軍事訓練までさせています。

安倍政権は国と国民を守るどころか、
国民を犠牲にしてまで、アメリカの命令を忠実に実行して行っているだけではありませんか。

そんな、愛国心どころか首相や大臣の椅子を手に入れる為だったら、
国民の財産だけでなく国民の健康から命まで、
アメリカの言うままに差し出そうという、
売国を主導する隷米政治家たちが、
愛国心教育をすると言って、教育にまで嘴を差し挟むなど、
厚かましさも度を越していると言えるでしょう。

与野党を問わず、日本の国会議員の大部分は、
この「第3次アーミテージ・ナイリポート~日本への提言9項目」の存在を知っているから、
今回の戦争法案だけでなく、安倍政権の暴政に本気で立ち向かっていないというのが実情のようです。

その中で元俳優の山本太郎議員が、勇敢な事をしてくださいました。
山本太郎議員がこのレポートの存在を国会で問題にする事によって始めて、
悪事の根源を白日の下にさらす事ができたのですから・・・・・

以前にも書いた事があるかもしれませんが、
山本太郎さんを初めて見たのは、20年くらい以前のNHK朝ドラ「ふたりっ子」(平成8年(1996)10月から平成9年(1997)4月放送)で、
ヒロインの一人(双子の内の一人)の大学の友人役で出ておられたときでした。
その初めて山本太郎さんを見たときの事を私は鮮烈に覚えています。

ごく普通の青年のはずなのに、
「え! この人どういう人?」と、ちょっと驚いてしまいました。
その理由を、どう言ったら良いのか、適当な表現が分からないのですが、
山本太郎という俳優に私は、
見るからに意志の固そうな性質を感じたような気がします。
彼は精神の尊厳を守る為に、身の回りにバリアを張って、自分の品位を守ろうとうとしているような感じだったかと思います。

やっぱり、山本太郎さん、やってくれますね。
マハトマ・ガンジーの言葉そのままに、
「自分が世界に変えられないために・・・・・」
と、頑張っておられるのかも知れませんね。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2436-2cf7885f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。