Dendrodium 沖縄の実戦部隊(1万人超)のうち、約9千人がグアムやハワイ・オーストラリアに移転するのが現行の米軍再編計画

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄の実戦部隊(1万人超)のうち、約9千人がグアムやハワイ・オーストラリアに移転するのが現行の米軍再編計画 

海兵隊、豪に派兵 トップ証言、分散配備進む
2015年7月25日 11:26
 【ワシントン=問山栄恵本紙特派員】米海兵隊トップの海兵隊総司令官に指名されたノーフォーク海兵隊総軍司令官のロバート・B・ネラー氏は23日、議会承認に向けた上院軍事委員会の公聴会で証言し、沖縄に派兵してきた大隊を現在、オーストラリアに6カ月派兵していることを明らかにした。
 現行の米軍再編計画では約1万人超とみられる沖縄の実戦部隊のうち、約9千人がグアムやハワイほか、オーストラリアに移転する。オーストラリアには2500人が移転することになっており、ネラー氏の証言で、すでに千人規模の大隊が同国に展開していることが明らかになった。
 ネラー氏は沖縄や日本国内、グアムでの訓練では「限界がある」とし、韓国やタイ、フィリピンでの訓練の必要性も強調した。そのために海上輸送や空輸の能力が必要になると指摘した。在沖海兵隊のグアム移転後の懸念として、水陸両用の輸送能力を挙げた。
 公聴会では米軍普天間飛行場の辺野古移設についての質疑はなかった。


現行の米軍再編計画では約1万人超とみられる沖縄の実戦部隊のうち、約9千人がグアムやハワイほか、オーストラリアに移転する。オーストラリアには2500人が移転することになっているそうだから、
辺野古埋め立ての必要は全然ないのではないだろうか?

米カリフォルニア州バークレー市議会で、沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設に沖縄の市民と連帯して反対する決議が提案されているそうである。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-07-25/2015072514_01_1.html
沖縄県民の粘り強い抵抗が無駄にならない様、
安保法制(戦争法案)と同様に、
辺野古埋め立て計画も、
廃案に持って行きたいものである。

Comments

戦争法案は日本の韓国化が狙いか

今までは韓国が共産圏との最前線でしたが、すでに中国に取り込まれており、米軍は韓国からは撤退する方向で、米国にとってこれからは日本、沖縄が中国ロシア圏との最前線になるのだろうと思います。そしてオーストラリアが安全な後方基地になるのでしょう。

その意味でいままで韓国が米国の種々の戦争に参加してきて、日本は後方基地でしかなかったものが、日本が最前線になったので、米国の種々の戦争に参加させることで、いつでも最前線として戦えるようにさせたいということではないかと思います。米軍の戦略転換にともなう日本の役割の変更ということで、迷惑な話とは思いますが。

rakitarou様

コメント有難うございます。
そういう背景が有るのですか。
本当に迷惑な話ですね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2416-9639f12b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。