Dendrodium 植物利用型微生物発電

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植物利用型微生物発電 

In Deep「オランダの女性達が発見した奇跡のエネルギー生成」を読んで私は、
人類は今回も絶滅を避け、再び輝ける未来を築くのではないかとの希望のようなものを感じたのでした。

オランダでは、植物から電力を生み出している!?まったく新しい自然エネルギーに注目
TABI LABO

将来的には水田を発電所と呼ぶようになるのかもしれません。

オランダの企業「Plant-e」が開発したのは、植物を植えた湿地から電力を“収穫”する技術。

まさに、天然のソーラーパワーシステムとも言えるものです。植物から街灯やWi-Fiスポットの電気をまかなったり、スマホなどの電子機器を充電できるようにもなります。

このプロジェクトは「Starry Sky」とも呼ばれ、2014年の11月にアムステルダムで始まりました。すでに300以上のLED街灯に光を灯すことに成功しています。

光合成によって生成される有機物の中には、植物の成長を促す成分が含まれています。しかし、そのほとんどは使用されずに根っこから土へと排泄されてしまうのだとか。そのため、根っこの周りには、その有機物を食べようと自然と微生物が集まりますが、そこにヒントが隠されているようです。

微生物が有機物を消費する際には、電子が放出されているのだそう。そのため、そこに電極を設置することで電子を収集、電力を生み出す仕組みです。

植物への影響もなし!
発電量は年間2,800kWh

気になるのは植物への影響ですが、調査の結果この電子を収集するからといって植物の成長に影響が出るということはないそう。今まで無視されていたエネルギー活用できるため、まったく新しい資源と言えそうです。

電力量が微量なのでは? との意見もありそうですが、100㎡の敷地で、年間2,800kWhの発電量を確保することが可能。
ちなみに、これはオランダの家庭1件あたりの電力消費を80%ほどまかなえる計算になります。経済産業省によれば、2014年の日本の平均電力使用量は1世帯あたり年間4,432kWh。100㎡の敷地が確保できれば、家庭の電力使用量のおよそ60%ほどをカバーできるという計算に。
さすがに全電力というわけではありませんが、かなり有効なことが伺えます。

近年は壁がけ用ソーラー蓄電機や棒状の風力発電機など、一般家庭でも使用できる発電システムが増えてきています。ひとつのシステムだけでは難しくても、複数のシステムを組み合わせることで、家庭用電力をすべてまかなう…そんな未来もありそうですね。

https://youtu.be/TWngdxe_RsU


そんな事が本当に出来るのだろうかと、にわかには信じられないような発電方法ですが、
オランダで実際にこの方法で、発電しているのだそうです。

第2次大戦前の日本が戦争に走った動機のひとつに、
狭い日本だけでは国民全員を養えないという思いがあったと聞いています。
しかし、無茶な侵略戦争に完敗した後、
日本人は飢えるどころか大々的な産業革命で、
日本人全員が未曾有の豊かさを経験する事になったのでした。

資本主義経済体制が行き着くところまで行き着き、
世界中を掘り続け、資源もエネルギー源も先が見えて来ている現在、
世界は再び先の見えない明日に呻吟しています。

アメリカ支配層は形振り構わずエネルギー源の独り占めに躍起となっていおり、
自分達が生き延びる為には、人類を減らさねばならないという計画の下行っているのではないかと思えるような、
無慈悲な虐殺を伴う動乱を起こし続けています。

今後この植物から電力を生み出すプロジェクトが、世界中に広まったら、
人類は無限のエネルギー源を手に入れて、
自然を大事にしながら、豊かに暮らせるような日が来るのではないかと思われるのです。

私のような年寄りにはもう無理かも知れませんが、
若い人たちはどんな目にあっても、
希望を捨てないでこの動乱の世を何とか生き抜いて行ったら、
素晴らしい世界に、再び出会える日が来るのではないでしょうか。

太平洋戦争敗戦後、大陸から引き上げる時、言葉に尽くせない様な苦労をされて、
何とか日本の土を踏む事が出来たと話される、共に94歳になられたご夫婦の話しを、新聞で読んだ事があります。
帰国後暫らくは苦労されたでしょうが、その後の日本は夢のような豊かな国になって、
その方々も日本の豊かさを満喫なさったのではないでしょうか?
(日本は今又不安定な時代になろうとしていますが・・・・・)
この世の中は生きてさえいれば何とかなるものなのかも知れません。

プラント-e 社:植物を育てながら、電力を収穫する
http://hwc2015.nvo.or.id/013-plant-e-menanam-tumbuhan-memanen-listrik/
植物が酸素を作り出すことができるのは広く知られている。

では、植物は電気を作り出すことができるだろうか?

そんなことは不可能に思えるかもしれないが、オランダに本社を置くプラント- e 社によって、それができることが証明されているのだ。

プラント- e 社は、植物を傷つけることも枯らすこともなく、「生きている植物から電気を収穫する」ことに成功した。

この、電気を作り出すために、自然の微生物を利用した画期的な方法は、「植物利用型微生物燃料電池( Plant-MFC )」と呼ばれる。

植物が光合成を行うと根から様々な有機化合物を生産するが、その有機化合物が微生物により無機物に分解される。

そのときに発生する余剰電子により発電が行われることを応用したものだ。

プラント- e 社は、植物が光合成をする際に、その 70パーセントが使われていないことを発見した。

根を通って排出されるその廃棄物は C6H12O6 (グルコース)の化学構造を持っており、それが微生物によって分解され、二酸化炭素(CO 2)、プロトン(H+)と電子(e - )になる。

この自然のプロセスを利用して、プラント- e 社はこれを電気エネルギーに変換できたのだ。
この電力は実際の電子機器に使うことができる。

現在、この Plant-MFC では、1平方メートル 0.4ワットの電気を発電させることができる。この発電量は、同じサイズのバイオガス発酵プロセスから発生した電気を超えている。

今後、本プロダクトは、1平方メートルあたり 3.2ワットの電気を作ることができるようになる。

ノートパソコンを駆動させるには、わずか 15平方メートルの植物の栽培面積があればいいということになる。

100平方メートルの土地の面積を持っている場合なら、発電量は年間 2,800キロワットに達する。この量は、オランダの家庭や他のヨーロッパ諸国の基本的な電力需要を満たすことができる量だ。

現在、プラント - e 社は、泥地や濡れた地面での活用に焦点を当てている。この条件が満たされれば、都市部では、建物の屋上などで発電ができる上に、都市部での生物の多様性を増加させることにも役に立つだろう。

この発電法は、さまざまな活用が考えられる。

暖かい地域では、稲作に応用できる。また、湿原、川のデルタ地域、マングローブ林や泥炭地などの湿地帯に位置する場所でも、効率よく発電ができる。

経済的な側面については、これらのプロダクトは、将来的には石油エネルギー、太陽電池パネルや風車からの電力より安くて貴重なものとなるだろう。

これは、再生可能で持続可能なエネルギー生成というだけではなく、「すべての人が利用可能」なものだ。

また、この方法はどのような遠隔地でも利用できるので、世界に 12億人以上いると思われる電気のない生活をしている人々の助けにもなる可能性がある。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2393-192b0d86

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。