Dendrodium 安全保障関連法案成立後の日本は・・・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安全保障関連法案成立後の日本は・・・・・ 

日本は中国との関係をさらに緊迫化させる危険を冒している日本は、南シナ海で紛争が起こった場合、米国をサポートするために自衛隊を派遣する可能性を排除していない。安倍首相は国会でこのような声明を表した。安倍首相は、アジア太平洋地域における米国の近しい同盟国であるオーストラリアも、米国をサポートする可能性を排除しなかった。

安倍首相の声明は少なくとも挑発的だ。中国は安倍首相の声明を、中国への新たな、そして直接的な挑戦とみなした。中国が潜在的な紛争当事者の1国となり、そして同地域における中国の主な敵対国であるフィリピンおよびベトナムを公に支持する米国が、バリケードとなるのは明白だ。安倍首相によると、南シナ海の状況は、自衛隊の権限拡大に関する新たな法律を適用するための一例となる可能性がある。中国は、第二次世界大戦後に初めて日本の自衛隊が外国での戦闘行為に参加する権利を得ることに大きな懸念を表している。この権利は、軍国主義日本が壊滅した後、戦時中のアジア諸国への侵略に対する罰として、国際社会によって意図的に制限されていた。モスクワ国際関係大学軍事政治問題センターのアレクセイ・ポドベレスキン所長は、日本が自国の自衛隊を防衛的なものから攻撃的なものへ様変わりさせていることに、米国が直接関与しているとの見方を示し、次のように語っている。

「米国にそのような日本の自衛隊は必要ない。日本を同盟国として、東アジアにおける主要な突撃部隊として利用することは、米国の具体的な課題だ。米国は世界の様々な場所で、米国の軍事的課題の解決に参加する用意のある国を探し、見つけている。その時、米国は自国の地上部隊を使用する必要がなくなる。東アジアでは、この任務が日本に課せられた。」

地政学問題アカデミーのコンスタンチン・シフコフ軍事専門家は、紛争が発生した場合に、米艦隊を支援するために、日本の艦艇が南シナ海に行くことは、衝突の可能性を高めるだけだとの見方を示し、次のように語っている。

「一方に中国、他方に米国と日本がいる。高いレベルの緊張は、地域的な武力衝突を引き起こすだろう。互いに航空機を撃墜する恐れもある。艦隊を互いに攻撃しあう可能性も排除できない。」

28日、ベトナムから、南シナ海で衝突の恐れが高まっているとする新たなシグナルが発信された。ベトナム外務省は、中国が係争中のスプラトリー諸島(南沙諸島)で2基の灯台の建設を始めたことを激しく非難した。これに関連して、安倍首相が艦艇による支援を約束した国に、米国とオーストラリアと並んで、ベトナムも含まれる可能性もある。


日本を同盟国として、東アジアにおける主要な突撃部隊として利用することは、米国の具体的な課題だ。米国は世界の様々な場所で、米国の軍事的課題の解決に参加する用意のある国を探し、見つけている。その時、米国は自国の地上部隊を使用する必要がなくなる。東アジアでは、この任務が日本に課せられた..
これはロシア人の言った事だそうだけれど、真実なのではないかと思われる。
要するにアメリカは日本人を危険な戦場の走狗としたいのだろう。
自(米)国民は兵士募集しても中々集まらないし、やっと来た者も雇ったら給料を払わねばならないが、
日本の自衛隊員だったら、人集めの手間がかからないし、給料は日本が払うし・・・・・

飯山一郎さんの2015/06/01(月)のブログ記事「内憂外患の政治法則に頼るしかない日本」に、
米中戦争の先陣に立つ「米太平洋軍司令官」に、日系人を任命して、米中戦争は日本人も主役だという演出もした。とある。

「米太平洋軍司令官」に日系人を任命しているとの情報にはガッカリした。
アメリカは日本人を使って、対中戦争を起こそうと本気で思っているのかもしれない。
日本はもう蛇に睨まれた蛙のようなものなのかもしれない。

マスコミに載らない海外記事「オデッサで、ナポレオンを目指すサアカシュヴィリ」によると、
ジョージア(グルジア)の元大統領サアカシュヴィリがウクライナのオデッサの州知事を目指しているという。
サアカシュヴィリは、現在、母国の司法からの逃亡者だ。トビリシ当局は、彼が、反政府抗議行動参加者達への残虐な攻撃を命じたこと、イメディTV局に違法に踏み込み、事業家バドリ・パタルカツィシビリの資産を差し押さえたかどで告訴している。
サアカシュヴィリの母国ジョージア(グルジア)で犯した数々の罪のうちの一つに、
反政府抗議行動参加者達への残虐な攻撃を命じた事があると言う。

オデッサでは昨年のウクライナ・クーデター直後、ウクライナ民族主義者により、ナチスによる恐るべき犯罪である「水晶の夜」に重ねあわされ比肩される様な惨劇があったが(「キエフと右派セクターによるオデッサ水晶の夜 (写真・閲覧注意!)
そんなオデッサに今度は、こんな犯罪人・反政府抗議行動参加者達への残虐な攻撃を平気で命じるサアカシユヴィリを、
州知事として送り込むとは何と恐ろしい企みだろう!

サアカシュヴィリはグルジアから逃亡後はアメリカに潜んでいたそうだから、
今回オデッサ州知事に選任されたのも、アメリカの意思によるのではないだろうか?

この残虐な覇権主義者たちから、日本人も遂に絡め取られようとしている。
もう逃れる道はないのだろうか?

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2361-a665c4b5

戦争法案には反対です

ここで今一度きちんと意見を発します。 平和関連法制と自民党が言う「戦争法案」には反対です。 自民党・公明党並び安倍総理には、もう一度世間をよく見て頂きたいです。 戦争やその準備で平和が生まれたことは歴史上一度もないのです。 平和とは清まる覚悟です。 穢れている所には絶対に訪れないのです。 憲法は国の信念、信念は簡単に揺らいではいけない   2014/07/...

週刊文春、新潮も安倍離れ

 アフガニスタンやイラク、シリアの戦地を取材、医療・難民支援も行っているフリージャーナリスト・西谷文和さんが、毎日新聞のコラムに書いている。  安倍晋三首相や中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。