Dendrodium 嘘吐き総理の「安保法制」審議入り

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘吐き総理の「安保法制」審議入り 

元自衛官「敵が撃てば戦争」 負担増し「士気下がる」
2015年5月27日 朝刊
 自衛隊の海外での武力行使などを可能にする安全保障関連法案が二十六日、国会で審議入りし、安倍晋三首相は「戦闘現場では支援活動はしない」などと従来の主張を繰り返した。しかし、同日昼に近くで開かれた学習会では、元陸上自衛隊員が「非戦闘地域か戦闘地域かは関係なく、敵が一発でも撃ってくれば戦争になる」と警鐘を鳴らした。 (中山高志)

 「自衛隊の現場を知る者からすると、憲法改正の手続きを取ってからでないと『順番が違うのでは』ということになる」

 法案審議が始まる数時間前、国会議事堂裏の衆議院第二議員会館の会議室で、NGOが主催した学習会。元陸自レンジャー隊員の井筒高雄さん(45)が国会議員や報道関係者らを前に、隊員経験を踏まえながら安保法制の問題点を語った。

 高校卒業後の一九八八年に入隊。「体力があるから」と勧められ、レンジャー部隊へ。ヘビを捕まえて食べたり、炎天下で小銃を携帯して二十キロを走ったりと、「陸自でもっとも過酷」という訓練に耐えた。

 定年まで働こうかと思いはじめたころ、九二年に国連平和維持活動(PKO)協力法が成立。「海外派遣の契約はしていない」と反発を覚え、翌年、依願退職した。

 学習会で井筒さんは「(敵国は)世界最強の米軍とは正面から戦わず、軽武装している日本の自衛隊など、実戦経験のないところをたたく」と話した。戦争の現場では、いつ、どこから銃弾が飛んできてもおかしくない。安保法制によって派遣される自衛隊が将来、戦闘に巻き込まれる危険性を指摘した。

 リスクとともに、隊員の負担も増えるという。「これからはいつでも海外に出て行く。陸自のどこかの部隊は、必ず待機命令で拘束されることになる」と井筒さん。「自衛隊はますます閉鎖された社会になり、自殺も増えるのでは。士気が下がることはあっても、上がることは無い」と言い切った。

 国会審議の初日、与野党の議論はこれまで同様、平行線だった。井筒さんは「こんなはずではなかった、となってからでは遅い。そうならないよう、真摯(しんし)な議論をしてほしい」と求めた。

◇首相の国会答弁

 安倍首相は26日の衆院本会議で、米軍への後方支援などについて次のように答弁した。

 補給や輸送などの支援活動は「現に戦闘行為が行われている現場では実施しない」とした上で、「仮に状況変化により、現に戦闘行為が行われている現場等となる場合は、直ちに活動の休止、中断等を行うことを明確に規定している。武力行使に発展する可能性はない」と強調した。
 自衛官のリスクについては「法制の整備によって付与される新たな任務も、従来通り命懸け。そのため、隊員のリスクを極小化する措置をしっかりと規定している」と述べた。


安倍総理に少しでも想像力があるなら、
「(敵国は)世界最強の米軍とは正面から戦わず、軽武装している日本の自衛隊など、実戦経験のないところをたたく」という事位想像できそうなものである。
それなのに、安倍総理は、
「仮に状況変化により、現に戦闘行為が行われている現場等となる場合は、直ちに活動の休止、中断等を行うことを明確に規定している。武力行使に発展する可能性はない」と強調した、と言う。

戦場に於いて敵兵に攻撃されている最中に、どうやって「直ちに活動の休止、中断」など出来ると安倍総理は考えているのだろう?
相手国の許可なしに、武器を持って他国に進入した時点で、
相手国(又は住民)に日本が戦争をしに来たとみなされるのは当然の事態である。
そんな相手国にとって許されない様な勝手な事をしていながら、
攻撃を掛けられたら即座に「休止(タイム)」にする規定になっている(から心配ない)と言うなど、
安倍総理は正気だろうか?
安倍総理は敵地に乗り込んで敵兵に攻撃された時、競技スポーツの時のように、敵軍が直ちに攻撃を止めてくれると、本当に思っているのだろうか?
もし本当にそう思っているのだとしたら、総理の頭は想像以上に「痴」であるという事になるだろう。

そうでなかったら、安倍総理は大嘘吐きであるという事になるだろう。

国会に於いて重要な法律を審議する時、
責任者である総理大臣が、このような白痴的な頭脳であることが明白になった場合、
あるいは大嘘を吐いている事が明白になった場合、
国会はこれを放置しておいて良いのだろうか?
国会は直ちに安倍総理は総理として不適格であるという事で、
不信任案を提出するべき事なのではないだろうか?

昨日(5月26日)集団的自衛権の安保法制が審議入りしたそうであるが・・・・・
集団的自衛権、焦点は行使範囲 安保法制きょう審議入り




Comments

偽善者の劇場と化した国会

軍隊と言うものは、最高指揮官の命令一下、
地球上のどこでも、いつでも攻撃できる態勢
でなくてはならん。自分で自分の手足を縛ってはいけない。自虐、マゾ趣味である。
 攻撃するに条件を付けてたりすると、その隙を狙って他国にやられるのだ。

神様様

コメント有難うございます。
>攻撃するに条件を付けてたりすると、その隙を狙って他国にやられるのだ。

その通りだと私も思います。
初めて意見が合いましたね。
だから平和憲法の下で、自衛隊を海外派兵出来る様にするなどとの、
誤魔化しは許されないのですよね。

日本の憲法は軍隊を禁止しています。
それを安倍総理は、
自衛隊は軍隊ではないけれど、海外派兵出来る様にするなどと、
姑息な嘘を言うから話しがややこしくなっているのです。

安倍晋三氏がどうしても軍隊を作りたいのなら、
憲法を改定して軍隊を創設出来る様にしてから、アメリカ軍への協力軍創設を言い出すべきだったのです。
最初に嘘をつくから、何度でも嘘を言わねばならないのです。
安倍内閣は嘘吐きのジレンマの真っ只中ですね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2355-058d7180

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。