Dendrodium オバマ政権  日本政府の対ロ政策に注文

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オバマ政権  日本政府の対ロ政策に注文 

米国のオバマ政権は日本政府の対ロ政策に公然と不満を表明しはじめている。共同通信が今日、そうしたコメントを掲載した。
2015年05月25日 22:16

「安倍首相がロシアのプーチン大統領の訪日に向けて準備を続けていく意向を表明したことをめぐり、米国は日本に圧力をかけている。それはロシアを孤立させようとするG7の政策に一致しないからである」という。

「当初米国は安倍首相の意見を尊重する希望を表明していた。しかし21日になると、立場が急変した。米国の東アジア・太平洋担当国務補佐官ダニエル・ラッセル氏が、日本は現段階ではロシアと平常どおりの接触を続けるべきではない、と語った」と共同。

21日に東京で行われた露日フォーラム「接点:ビジネス、投資、スポーツ」における挨拶文で、安倍首相は「戦略的かつ長期的視点に立脚し、私は、両国の関係を新しいレベルに引き上げる希望で一杯だ」と述べた。


安倍総理はアメリカ議会で、アメリカに絶対服従を誓うような演説をしてきながら、
アメリカがロシアを悪者にする事によって、
アメリカのウクライナにおける悪事を総てロシアの所為にして、
自らの言い訳とし、
世界(G7)が協力してロシアを爪弾きする事によって、
ロシアの力を削ごうとしているのを知らなかったのだろうか?

安倍総理はアメリカのロシアとの新冷戦の方針を無視して、
ロシア大統領を日本に招いて、日露間の親交を深めようとしている。

アメリカ大統領にしたら安倍総理の支離滅裂ぶりに、開いた口が塞がらない思いかも知れない。

安倍総理はこれから、何所まで辻褄の合わない事をしたり、言ったりするかも知れないのに、
アメリカ政府はこれからも、今まで通りに安倍晋三氏と組んでいく積りなのだろうか?

それは日本の不幸であると同時に、
アメリカにとっても、余り望ましい結果をもたらさない事かも知れないのに・・・・・

安倍首相:日本はロシアとの経済関係発展を望んでいる
2015年05月21日

日本はロシアとの経済、文化、スポーツにおける関係を発展させたい。安倍晋三首相が、東京で開催の第3回露日フォーラム「接点:ビジネス、投資、スポーツ」参加者向け政府教書で述べた。

「我々は領土問題解決と平和条約締結のため不断に対話を続けていく。それと同時に、経済やエネルギー、安全保障、文化、スポーツを含む幅広い分野において、関係を強化していく。私は、今日のフォーラムは、日露の専門家が幅広い問題について誠実に議論を行い、関係発展の今後の方向性を模索するものとして、深い意義を持っていると考えている」とある。

第3回露日フォーラム「接点:ビジネス、投資、スポーツ」では両国の代表らが両国関係の政治的・経済的・歴史的諸相を討議し、その今後の発展の方向性を模索する。両国の政治部門、経済部門の代表らが参加する。

Comments

ふと

今晩は。日本が「米国に家畜化され」ていなかったら、日露の関係は、もっと良かったでしょうね。
家畜化・・・戦後ずっと「莫大な資産を米国に献上」しても、中産階級が多かった→小泉竹中により、ほとんど非正規社員&奴隷化→安倍により、非正規社員完成寸前&家畜へ

馬様

コメント有難うございます。
総てが陰謀だったという訳ではないのでしょうが、
日本人は戦後思いもかけなかった豊かな暮らしに、
国が本当の独立をせねば、将来大変な事になるということを、うっかり見過ごしてしまって来たようです。
済んでしまってから幾ら繰言を言っても仕方ないのですが、残念な限りです。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2354-74419ac3

対ロシア経済制裁で、アメリカの圧力を認めた日本 - 下院議長

公開日時: 2015年5月22日、09:24Russia Today ロイター/ Kevin Lamarque 東京訪問を終えたセルゲイ・ナルイシキン・ロシア連邦議会下院国家会議議長は、記者達に、日本の政治家達は、日本が反ロシア・キャンペーンに加わったのはアメリカの圧力によるものだと認めており、将来におけるロシアとの対
  • [2015/05/27 02:08]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。