Dendrodium 北陸電力志賀原発に断層

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北陸電力志賀原発に断層 

志賀 活断層疑いで一致 規制委会合「否定できない」
2015年5月14日
 北陸電力志賀原発(石川県志賀町)の断層問題で、国の原子力規制委員会は十三日、東京都内で有識者による第六回評価会合を開き、「断層活動による影響を否定できない」として、活断層の可能性があるとの見解で一致した。次回会合で見解を基に評価書案を提示、取りまとめに入る。規制委によると、評価会合が意見集約段階で原発真下の断層を活断層の可能性があるとしたのは敦賀原発に続き二例目という。(上田融)

運転不透明に北電は反論


 原発の新規制基準では、活断層の上に重要施設を造ることはできない。評価会合の見解は今後、北電が再稼働を求めて規制委に申請している志賀原発2号機の安全審査での重要な参考情報となり、仮に活断層と認定されれば2号機の再稼働は困難。断層が原子炉建屋の真下にある1号機は廃炉の可能性が高まった。


 この日の会合では四人の有識者が見解を発表。産業技術総合研究所の重松紀生主任研究員は原発1、2号機タービン建屋直下を走る「S-2・S-6」断層を「(将来活動する可能性がある)九・五万年前以前に活動した可能性がある」とした。信州大の広内大助教授は1号機下の「S-1」断層も含め「活断層であることを否定できないものと考えられる」と述べた。他の二人もそれぞれ活断層の可能性に言及した。


 一方、北電はこれまでの評価会合などで「断層が十三万~十二万年前以降に活動した形跡はない」として活断層であることを一貫して否定していた。


 金井豊副社長は取材に「当社の主張を認めてもらえず大変残念だ。活断層との判断は建設当時のスケッチを基に行われ、そのほかの議論はずいぶん推論が多かった。今後会社としての見解をまとめ示したい」などと反論した。


原発建屋の下に活断層があると発表されても、
あ~だ こ~だと反論をするような電力会社だからこそ、
原発の再稼動は許容出来ないのです。
(大飯原発の活断層問題の時には関西電力が反論していましたが・・・・・)

少しでも地震の危険性が有るなら、再
稼動等絶対に出来ないと言う姿勢の電力会社であるならまだしも・・・・・
尤も、地震国日本で原発を建てても大丈夫な土地等皆無なのですから、
そういう会社だったら、初めから原発を立てる事などしていなかったでしょうが・・・・・

東電福島第一原発の過酷事故が起きても尚、
電力会社が原発の再稼動を希望するのは、
あの過酷事故の当事者である東電の役員が、誰一人お縄になっていないだけでなく、
事故後3年もたたないうちに、東電が黒字になったというのも、
電力会社を原発に駆り立てる要因なのではないでしょうか?

その為に陰のフィクサーは、東電を黒字にさせたのでしょうが・・・・・・

日本及び日本人を更に危険に曝すだけの原発再稼動を、
ここまで周到に条件を整えて、強行させているフィクサーがあるに違いないと思えて仕方ありません。
そのフィクサーの発する絶対に違反できない命令に、
経産相の官僚も命令通りに動いているだけなのではないかと思えます。

日本から搾り取るだけ搾り取り、利用できるだけ利用した後、
日本壊滅を目論んでいる、とある権力機構が、
日本人の代理人を使って日本壊滅プログラムを実行させ、
総ての責任が日本政府にある様にしつらえている、
そんな陰謀論を信じたくなるような今日この頃です。

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧様

コメント有難うございます。
大阪市にも様々な陰のフィクサーがいるようですが、
全国いたるところに、そういうのがいるのでしょうね。
そしてそれらの裏からそれらを操っている陰のフィクサーがいたりして・・・・・

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2343-9df1fd87

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。