Dendrodium 天皇の権威が国民のために発揮される事を願って

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇の権威が国民のために発揮される事を願って 

先日皇居の落書きにある人に対して書いたコメントを紹介させていただきましたが(こちら)、それに対し同じ方から、再びコメントを頂きました。
それで、そのコメントに書いた返コメを、又ご紹介したいと思います。(このコメントは皇居の落書きには未だ掲載されていませんが・・・・・)現在の私の心境を述べたものですので・・・・・
http://blog.goo.ne.jp/nishidauritarou/e/a1cc3a8f1653a14aeb3773db092486a9?st=1#comment-form
   (以下はコメントの複写)
>皇室が抱える暗部を世嗣ぎがいない東宮に押し付け安穏としてるような人には敬意を抱けないし,人の道を外してまで体裁を取り繕わなければならない権威にも敬意を抱けないと考えます。

これが両陛下のお姿だと貴方は仰りたいのかも知れませんが、
私が反論している所もその点なのです。
両陛下はそんなお方ではありません。
あなた方は天皇を懐柔したい勢力や、天皇を潰してしまいたい勢力の、マスコミを使った深謀遠慮の策略に嵌められて、騙されておられるのですと。

両陛下が皇太子殿下のように、マスコミに直接苦情を仰るのを控えておられるのは、
そんな事をしたらマスコミは、得たりかしこしと、あからさまな攻撃に移るだろうと、両陛下は経験上、予測しておられるからだと私は思っています。
(だから、皇太子様があのマスコミ批判された直後に「皇太子は言うべきでなかった。」と、つい、洩らされたのだと思っています。)

貴方にはそういう風には思えないと仰りたいのでしょうけれど、
先入観は恐ろしいものかもしれません。

私の考え方も、両陛下に対する先入観に基づいているのでしょうから、それが間違いなく真実であるという証拠は示しようがありません。
しかし、貴方が信じておられる事も、それが真実であるという証拠を示す事は出来られないのではありませんか?

という訳で両陛下の私生活に付いての判定に関しては、貴方と私の判断については、
お相子だと思いますが?

両陛下の私生活でない部分に付いては、異論を待たない形で数々の報道がなされています。

例えば皇太子ご夫妻時代の姫ゆりの党事件の時の、雄雄しいお振る舞い。
東日本大震災の一周忌の時、原発の危険性を訴えておられたのを同時放送のときに私は見ました。
天皇陛下は原発の再稼動に反対のお立場だと私は確信しています。(NHKはニュース報道の時、原発に付いての天皇陛下のご発言部分を削除して報道していましたが・・・・・)

又安倍政権が憲法を蹂躙してまで、日本を戦争の出来る国に勝手に変更し、
若者をアメリカの戦争に参加させようと企んでいる事を危惧なさって、
天皇陛下はお誕生日のご発言や、新年のご発言で、先の大戦で犯した過ちを忘れてはいけない、と何度も警告を発しておられます。
天皇陛下が日本国憲法で誓った通りに、日本は平和立国を変えてはならないと、繰り返し言って下さっているのは、
天皇陛下が真に国民の立場に立って考えて下さっているからだと私は思います。

4月にお風邪を押してまで、
パラオに慰霊の旅に出られたのも、安倍政権に戦争の悲惨さを忘れぬようにと仰りたい御思いもあっての事だったのではないかと、私は拝察しています。

福島では原発事故は一向に収束せず、地下から水蒸気が噴出しているそうです。(放射能値も可也高くなっているそうです。)
アメリカは中東で道義にも叶わなければ、勝ち目もない戦争を、延々と続けています。

アメリカの経済破綻からドルが破綻する日も近いとの噂も流れています。

これからの日本どうなって行くか?
今後の日本には、あの敗戦の時のような混乱が襲って来ないとも限らない情勢下にあります。

こんな時に、真偽のほども定かでない天皇陛下の私生活に付いて、ある事ない事勝手に唱えて
皇室の権威を落としたのでは、何のために天皇を国の象徴として残したか、維持し続けているか、
その意味がなくなってしまうではありませんか。

こんな時こそ天皇陛下は国の中心として、
内乱を最小限に防ぐお働きをなさって下さり、
日本人の被る国難を最小限に抑えて、
日本を立ち直らせるべく、そのお力を発揮して下さる時だと思います。

政治的なお考えに於いて、
今上天皇は間違いなく国民目線でいてくださっています。
だから私達国民が、
天皇の権威を壊すような馬鹿な事はやめましょうと、私は言いたいのです。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2331-7811c62b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。