Dendrodium 小さく生んで大きく育てるby塩崎厚労相

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さく生んで大きく育てるby塩崎厚労相 

テープ暴露…塩崎厚労相が残業代ゼロ法案「とりあえず通す」
2015年4月28日 日刊ゲンダイ

 塩崎恭久厚労相のサラリーマンをなめた発言が、いよいよ国会で問題になりそうだ。

 労働時間の制限をなくす、いわゆる残業代ゼロ法案を巡り、塩崎大臣が今月24日、経済人を集めた会合で「(この法案は)小さく生んで大きく育てる」「とりあえず(法案は)通す」などと言っていたことが明らかになっている。

 残業代ゼロの対象を最初は限定的にして法案を通し、その後は対象を広げていくという宣言なのだが、この大放言がテープにばっちり、とられていて、28日午前に開かれた民主党の厚生労働部門会議で山井和則衆院議員が暴露した。

 録音テープの音声はこんな感じだ。

〈経団連が早速1075万円(の下限を)を下げるんだと言ったもんだから、質問がむちゃくちゃきましたよ。ですから皆さん、それはぐっと我慢して頂いてですね、まあとりあえず通すことだと言って、ご理解いただけると大変ありがたいと思っています〉

 これだけで辞任ものである。


これだけで辞任ものであるとあるが、塩崎氏の辞任の話はまだ聞いていない。
塩崎大臣が今月24日、経済人を集めた会合で
「(この法案は)小さく生んで大きく育てる」「とりあえず(法案は)通す」と言っていたそうであるが、
これは自民党の政治家としたら当然の考え方だから、辞任など思いもよらない事なのかもしれない。

パンダの赤ちゃんは生まれる時には、親に較べて本当に小さいから、
さぞ安産だろうな~と思った事があるが、
塩崎厚労相を含む自民党の政治かたちは、
もしかして、パンダの信奉者だったのか?
いや、安産の守り神は「犬」の方だった。
道理で「小さく生んで大きく育てる」という標語が、自民党の政治家の標語になる筈である。

自民党の政治家も、
権力者の為に全身全霊を傾けて働く覚悟でも、国民の代表を騙って政治家になっている以上、
国民の賛同を得た事に出来ねば立場を失うことになるから、
彼等は常習的に国民を騙すことを目論んでいるのだろう。
そんな自民党の政治家であるから、つい言ってしまった言葉なのだろうけれど、
「小さく生んで大きく育てる。」とは、何と言い得て妙の迷言だろう。

そう言えば消費税を創る時にも、「3%以上に上げる事は絶対にありません。」と、
当時の自民党政権も言っていたものだったが、
今や消費税は将来20%まで上げる必要があるとまで、御用評論家に言わせている。

日用品から食料品に迄一律に掛けられる消費税は、一般の消費者にも大変な災難だけれど、
下請けで部品を作っている中小企業にはもっと災難だろう。

消費税とは部品を集めて製品にする製造会社が、
下請け企業が納めた税金を輸出戻し税として、一括して受け取る事の出来る、
自動車や電機などの製造会社にとっては、打ち出の小槌のような税制である。
下請け業者が血のにじむ思いで納めた消費税を、
大企業は自分では納めていないのに、戻し税として莫大な額の戻し税を一括して受け取るのである。
そしてこれら自動車会社などの大企業は、実際に消費税を納めた下請け企業に、払い戻したりはしていない。
全額を自社の収入として横領してしまうのである。

トヨタ等は2291億円(03年度分)の払い戻しを受けている。
(消費税収の23%が大企業へ トヨタ1社で2,291億円
関東学院大学教授 湖東 京至さんが試算
http://www.zenshoren.or.jp/zeikin/shouhi/061106/061106.htmlによる)
これは消費税5%だった2005年の数字だから、消費税が10%になったら倍になることが予測される。
消費税が20%になったら、2291億円の4倍になるのだから、
消費税は高ければ高い程望ましいという事になるのは、彼らにとって当然であろう。

財政健全化の為に消費税増税やむなしと言って消費税率を上げながら、
安倍内閣は新年度予算も、引き締めをするどころか、
無駄遣いを無制限に拡げて、借金財政を改める様子はない。
そして、財政健全化の為には消費税を上げるしかないと、
相変わらず御用学者はのべつ消費税の増税を主張している。

消費税は現在の所、「小さく生んで大きく育て」られた、
国民から収奪する為の法律の筆頭かも知れない。
自衛隊の海外派兵は、「小さく生んで大きく育て」られる、
次の筆頭候補となろうとしているが、
こちらはお金だけの問題ではない。
今度自公政権によって宗主国に捧げられようとしているのは、日本の税金と共に、
日本人の命そのものも含まれているのである。

彼等自公政権の政治家達は、自分たちの地位を保つ為だったら、
「国民の財産でも命でも何でも二つ返事で捧げるます。ですから慌てないでください、細工は流々、小さく生んで大きく育てましょうよ。」という訳なのだろう。

塩崎厚労相のこの発言は、
「小さく生んで大きく育てる」をモットーとしている自民党の政治家が、
経済界や宗主国を喜ばす為に、国民を騙すのを主な仕事としているという事が、如実に顕われた発言であった。

「小さく生んで大きく育てる」の経済界への言いわけの逸話は、
日本人を目覚めさせる為の、
秀逸のエピソードであったと言えるのではないだろうか。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2330-65f60686

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。