Dendrodium 東電福島第一原発のメルトスルー核燃料の行方

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東電福島第一原発のメルトスルー核燃料の行方 

4月15日の天気予報の放送で、
今年の4月は事のほか雨が多く、15日間のうち10日間が雨の日で、
晴れた日は5日しかなかったと言っていました。
その後も16日は1日中雨の日とで、17日は朝だけだけれど雨が降っていました。
今日18日の様に、朝から雲ひとつなく晴れているのは久しぶりの事です。
しかし今日の空は、春特有とも言えるどんよりとしたもので、
日本晴れと言うには物足りない感じです。

飯山一郎さんのブログ「状況は日々悪化する一途」等の記事によりますと、
3月半ばから東電福島第一原発で、異常事態が発生していると、
下記動画を示して言っておられます。
https://www.youtube.com/watch?v=r9n_KhgSELQ
  (以下上記記事の一部引用)

フクイチの地下から蒸気が噴出するのは、地下水を激しく沸騰させる発熱体があるからである。

上の動画を見ると、地下の発熱体が蒸気を噴出させるエネルギーは途轍もなく大きく、非常な高温であることが分かる。

このような巨大なエネルギーによる高温が、何故に持続するのか?

デブリが再臨界しているからである



「デブリが再臨界しているからである。」と言っておられますが、
滋賀県の空が晴れていても何となくどんよりしているのも、
福島第一原発の水蒸気爆発による雲の所為なのでしょうか?

福島原発2号機のメルトダウンした核燃料は岩盤を貫き遂に地下水に接触! Dr.佐野千遥
太陽を連日遮るモヤのような異常な水蒸気雲は福島原発のトリチウム爆発が原因! Dr.佐野千遥

によりますと、
東京で日光が殆ど常にモヤのような霧雲に遮られていて、連日”曇り”または雨が続いている原因は、
福島原発のこの重いトリチウム水水蒸気爆発にあるのだとか・・・・・
東電福島第一原発で、メルトスルーした核燃料が、地下深くもぐって遂に地下水に触れて、核爆発した結果なのだとか・・・・・

もしこれが本当の事であるなら
何時か福島原発は再び大爆発するかも知れないという事のようです。
近い将来、日本全国に蔓延する放射能によって、大勢の日本人が死んで行き、
生き残った日本人も、大陸等に移住を余儀なくされるだろうと、飯山さんは予想しておられます。

こんな日本の軍事基地を造る為に、
沖縄辺野古の美しい海の貴重な珊瑚礁を、潰して埋め立て工事をする等、
以ての外の事だと思います。
その基地は数年も使わないうちに打ち捨てられる事でしょう。
そんな馬鹿な事をして罪を作るより、
貴重な海の資源の元である珊瑚礁を、
沖縄の人々だけでなく、将来の日本人の為に残してあげるべきでしょう。

翁長沖縄県知事は辺野古埋め立てを阻止するべく、
不退転の決意で安倍総理と会見されたようです。
甘木直人さんのブログ「安倍首相・オバマ大統領を追いつめることになる翁長知事の一言」によると、
翁長知事が安倍首相に対して、辺野古移転は無理だという沖縄の声をオバマ大統領に伝えてほしいと直訴したと、
記者会見で翁長知事自身が明らかにされたそうです。

そしてそれに対して安倍首相は答えなかったらしいです。
 このさりげないやり取りこそ、今度の安倍・翁長会談の肝である。
と天木さんは言われます。
  (一部引用) 
 もし安倍首相がこの翁長知事の要望を一言も伝えなければ、安倍首相の沖縄切り捨てが決定的になる。

 沖縄の怒りは一気に安倍首相に向かう。

 もし安倍首相がこの発言を悪用して伝えたら、すなわち、翁長知事の不退転の決意は強く、自分ではどうしようもないから、日米首脳会談でオバマ大統領の強い要請があったということにして、米国の圧力で辺野古移設を実現してほしい、などと喋ったら、それこそ日本中に暴動が起きる裏切りとなる。

 そして最も重要な事はオバマ大統領の対応だ。

 もしオバマ大統領が翁長知事の伝言を聞かされて、なお辺野古移設を安倍首相に要請するようなら、世界中の批判がオバマ大統領の米国に向かうことになる。

 これを要するに、訪米直前の安倍・翁長会談における翁長知事のさりげない一言が、安倍首相とオバマ大統領を追い込むことになるということだ。


翁長知事が安倍総理に託した、オバマ大統領への伝言が、
辺野古埋め立てを阻止する為に、有効に働くかもしれません。
今巷では、官邸の要望を受けて、
翁長知事を誹謗中傷する週刊誌記事が、企画されているらしいですが・・・・・

「終わりよければ総て良し」という諺もあります。
もし将来日本の滅亡が避けられないとしても、
何とか日本人の善良さが、後世の人々に語り継がれるようだと好いですね。
又、生き残った子孫達が生き難くならない様、
政府には日本が恨まれたり、軽蔑されたりする事のない様に、心してほしいものですね。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2318-c4f9c171

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。