Dendrodium 南相馬の地点解除訴訟(「20ミリ基準撤回訴訟」)を応援しよう!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南相馬の地点解除訴訟(「20ミリ基準撤回訴訟」)を応援しよう! 

弱い文明「南相馬 20ミリシーベルト基準撤回訴訟~応援の声を!」で、•特定避難勧奨地点の解除(放射能濃度20ミリ帰還要請)に対し、
南相馬市の同地点と周辺の住民132世帯535人が近くが、
20ミリシーベルト基準撤回を求めて東京地裁に提訴される事を知りました。

どうぞこの訴訟に対し応援の署名をしてあげてください。
   (以下引用)

南相馬

南相馬の地点解除訴訟(「20ミリ基準撤回訴訟」)を応援しよう!
署名とメッセージを募集しています
•特定避難勧奨地点の解除は違法だとして、福島県南相馬市の同地点と周辺の住民132世帯535人が、近く東京地裁に提訴します。
http://www.asahi.com/articles/DA3S11681114.html
• 「応援する」意をあらわす署名とメッセージをお書きください。
• 署名と応援メッセージは、南相馬の地点解除訴訟の原告のみなさんにおわたしします。

http://goo.gl/JDohtr

【趣旨】

2014年12月28日、住民の強い反対の中、南相馬市の特定避難勧奨地点が解除になりました。これに先立つ21日、南相馬市で特定避難勧奨地点に指定された住民向けの説明会が開催されました。出席した住民は、「家の中でも空間線量率は0.8マイクロシーベルト。こんな環境に子どもを帰せない」「ストロンチウムやプルトニウムなども飛散しているはず」「いくら除染しても、農地や山林から線量がくる」など強く反対しました。 しかし、高木経済産業副大臣は、「川内や伊達との公平性を保つ」「積算線量20ミリシーベルトを下回っており、健康への影響は考えられない」とし、一方的に指定解除を決定しました。

今回の解除に至るまでにも10月の時点で、指定解除の説明会が開かれたのですが、住民の強い反対にあい、解除は延期になりました。

その後も、住民たちは1,210筆の住民署名を国に提出し、何度も解除に反対する意思表示を行ってきました。しかし、これらの住民の意向はすべて無視されてしまっています。

私たちは今まで、南相馬の現地を訪問し、住民たちの声を国会に運んだり、東京での政府交渉や記者会見、街頭でのアピール行動などの支援を行ってきました。

ずっと無視され続けてきた住民のみなさんが、「提訴」という手段で、この理不尽な問題を司法の場で訴えることにしたその経緯をぜひ多くの人たちに知っていただきたいと思います。

そして、南相馬の問題は南相馬だけの問題ではありません。放射線被ばくの影響にどう向き合うか、避難や帰還をどうするのか、私たち一人ひとりが知り、考え、公の場で議論すべき問題ではないかと考えています。

そのためにも、南相馬の皆さんのたたかいを、全国から応援していきましょう!

◆呼びかけ:南相馬の地点解除訴訟(20ミリ基準撤回訴訟)支援の会準備会
(Hsink 避難・支援ネットかながわ、福島老朽原発の会、FoE Japanなど)

◆署名集約先/問い合わせ先:
FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン) 
携帯:090-6142-1807 
Tel:03-6909-5983 Fax:03-6909-5986

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2314-9e810941

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。