Dendrodium 統一地方選投票日

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

統一地方選投票日 

原発4選挙区で無投票 再稼働、是非問えず
2015年4月10日 朝刊
 統一地方選は十二日、全国の原発立地自治体の多くでも道県議選が投票される。だが、五つの原発が立地する四選挙区は無投票で当選者が決まったため、投票が行われない。


 全国の十七原発(建設中の電源開発大間原発を含む)が立地する十三道県のうち今回、道県議選の対象は十道県。選挙区では十二選挙区(十三市町村)。


 本紙の集計では北海道電力泊原発(北海道泊村)(2)中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)(3)北陸電力志賀原発(石川県志賀町)(4)関西電力大飯原発(福井県おおい町)と同高浜原発(同高浜町)-がそれぞれ立地する計四選挙区が三日の告示で無投票に。(1)の北海道後志(しりべし)地域選挙区(定数二)は自民と民主の現職、(2)(3)(4)の三選挙区(定数一)は自民現職が当選した。

 統一地方選で泊村は知事選と村議選が、志賀とおおい、高浜の三町は町議選が予定されているが、御前崎市は県議選が唯一の投票機会だった。

 今回の統一地方選で、道府県議選の無投票当選率は21・9%と過去最悪。今回は安倍晋三首相の下、原発再稼働や輸出を推進する安倍政権の路線を地方から問う意味があるのに、道県議選で一票の権利を行使できない原発立地自治体の有権者もいることで、問題の深刻さが浮き彫りになった。


滋賀県でも今日県議会議員選挙があった。
滋賀県議選の大津の選挙区は9人の定員に、13人の立候補者があって、
チーム滋賀推薦の社民党からの立候補者がおられたので、
さっき行って社民党候補に投票してきた。
大津の選挙区では入れたい人が立候補してくれていたので、
私は勇んで選挙に行く事が出来たけれど、入れたい人が誰も立っていない地域も多いのかもしれない。

今年の選挙では、無投票当選率が21,9%もあったのだとか!
しかも、原発再稼動が問題になっている立地県での無投票選挙区が、4箇所もあったそうである。

原発再稼動が唱えられている地域の人々は、それまでの議員のままだったら、
原発の再稼動を強行されるかも知れないのに、
原発再稼動に賛成した議員が、無投票で再選されるのを、黙って見ていて平気なのだろうか?
これらの地域の人々は、本当に原発が再稼動される事に賛成なのだろうか?

それとも、これらの地域では原発反対の候補者が、立候補し難い環境が作られているのだろうか?

東電が福島であれだけの事故を起こし、
原発周辺地域の人々が、言葉に尽くせない位酷い目に合わされているのを知りながら、
電力会社の原発再稼動申請を、殆ど反対せず容認する政府と、
政府に同調する県知事や県議会議員に、
地元の人々(有権者達)が全然不安を感じないなんて、信じられない気がするが・・・・・

滋賀県の選挙は朝7時から夕方8時までとなっていたが、
地域によっては投票所が早めに閉鎖され、投票時間が短くなる所も多いらしい。

今の度の選挙の投票率は如何なるのか?
当選者の党籍分布は如何なるのか?
今夜発表されるであろう選挙結果が、
安倍政権の追い風に等ならぬ事が祈られる。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2311-730a3baa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。