Dendrodium 安倍総理の対米盲従に思う

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍総理の対米盲従に思う 

今日4月10日は天皇陛下のご結婚記念日である。
両陛下は昨夜無事ご帰国なさり、
一安心であったが、お疲れが出ないか尚心配である。

パラオへご出発の時天皇陛下をお送りに出た安倍総理は、
平和を祈念すると語りながら、その政治姿勢を改める様子がない。

今月末予定の訪米の時、アメリカ議会で演説させてもらえる話に夢中で、
TPPから辺野古埋め立てまで、
アメリカの要請なら、それが国民をどんなに苦しめるものであるか、分かっていることでも、
何でも請け負っているという話を聞く。
安倍総理の演説だと言っても、
どうせ誰かに書いてもらった原稿を、読むだけにきまっているのに、
そんなものの為に、日本の平安がどんどん壊されて行っていると思うと、
只々哀しくなって来る。

イエメンがサウジアラビアの嫌う政変を起こしたと言って、
サウジアラビアはイエメンを爆撃し続けている。
余りの理不尽に世界中で、サウジのイエメン攻撃に抗議するデモが起きているそうである。(こちら
OCHA国連人道問題調整事務所の発表によると、サウジアラビアの攻撃によって、
イエメンでは死者549人負傷者707人が確認されているそうである。
しかし、OCHAはまた、「国連に届いている情報では、死傷者の数が実際よりもかなり少なく計上されているが、これはイエメン市民の多くが、病院にかかることができず、犠牲者の遺族は自分たちで犠牲者の遺体を埋葬している」と発表しているそうである。(こちら

米国が亡命したイエメンのアブドゥ・ラッボ・マンスール・ハディ大統領を支持し、亡命したウクライナのヴィクトル・ヤヌコヴィチ大統領を支持しなかったことはダブルスタンダードだとは、
ロシアのラヴロフ外相でなくとも、誰でも思う事だろう。(こちら
アメリカは亡命した大統領の支持に付いて、ダブルスタンダードであるだけでなく、
政変が起きた国に対する対応でも、ダブルスタンダードである。

イエメン人が時の大統領を否認し政変を起こしたからと言って、
イエメン軍がサウジアラビアに攻め込んだわけではない。
それなのにサウジはイエメンの政変に怒って、イエメンを空爆したのである。
これをウクライナの政変時に重ねてみると、
ウクライナの政変に怒ってロシアが、キエフを爆撃していたという事になるだろう。

アメリカはサウジアラビアのイエメン爆撃を、全然制止していないように見える。
少なくとも、サウジは怪しからんと言って、経済制裁を主張しているニュースは聞いていない。

それなのに、ウクライナの政変の時は、ウクライナの新しい政権のネオナチ勢力に恐れをなしたクリミアが、
住民投票をしてロシア帰属を選んだ結果、
ロシアはクリミアのロシア帰属を決めたのに、
アメリカはロシアがクリミアを併合するとは「怪しからぬ」と言って、
日本を含む欧米諸国に、ロシアへの経済制裁を呼びかけ、
日本と違って嫌がるEU諸国には、ロシア制裁の強制さえしていたのだった。

ウクライナの政変の時、ウクライナの政変に怒って、
ロシアがキエフを爆撃するような事をしていたら、一体どうなっていたのだろう?

アメリカはサウジアラビアの隣国への侵略行為を放置していながら、
正義を唱えて至る所で、戦争を起こし続けている。

こんなアメリカに盲従して、
日本が又、世界中で罪つくりの戦争をする事になるとしたら、
余りに哀しいではないか!

両陛下のお悲しみも、如何ばかりであろう。



Comments

日本は独自外交を

v-12
アメリカ追従の政策をつづけていると、碌なことにならない。
アメリカの軍備予算の相当分を日本が払わなくてはならないし、日本は独立国でありながら、アメリカ軍が日本で行動するすべてを黙認しなくてはならない。そんなバカな・・・と言いたい。

根保孝栄・石塚邦男 様

コメント有難うございます。
普通に考えたら、そんな馬鹿なと言いたくなるような事ばかり、最近の日本政府はやっているのですよね。
そしてそれをマスコミが応援している・・・・・

つまり、日本政府の閣僚達は民主主義国日本の、国民の代表としての政治家ではなく、
別の勢力の代理人だからなのではないかと思います。

米国製の武器を使ってくれということ?

イエメンに対する米国の対応は理解不能なことばかりだと思います。ブログ主様のウクライナにおけるロシアの対応との比較はまさに仰る通りのダブルスタンダードであり矛盾しまくっていますね。
米国はイエメンから兵力を撤退させて、反体制派の伸張を助長させておいて、イランとの核合意も達成させてイスラエルやサウジには焦りを覚えさせておきながら、冷たくされたサウジがシーア派の伸張を恐れて武力攻撃を始めると支援してみせる、という「一体どうして欲しいの?」という状態です。要は中東に戦火が広がって米国製の武器が売れれば米国の国益という事なのかも知れません。

rakitarou様

コメント有難うございます。
仰る通り酷い話ですね。

武器を売る事が目的で戦争を起こすなど、
有史以来これ以上の悪の存在は、かつてなかったのではないかと思えます。
しかもその悪の塊のようなグループが、
敵と目するグループを「人権無視」と非難するのが常習的手口で、
延々と世界中で戦争を続けているのに、
世界の大部分の人間が、その卑劣な手口に気がついていない(らしい)と来ているのですから、
現代は、全く有り得ない様な時代となっているのですね。

電化製品からスマホに続く様々な、
昔だったら有り得なかった様な便利な文明の利器に、
人類みんなの目が曇らされてしまっているという事でしょうか。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2309-79e625bf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。