Dendrodium 辺野古埋め立てを阻止する為に

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辺野古埋め立てを阻止する為に 

或るブログのコメント欄でロイターのMichelle Obama meets Japan royalsという記事を紹介しておられた。
その記事にあるヴィデオは来日されたミシェル・オバマ大統領夫人が皇居を訪れた時、
門まで迎えに出られた天皇皇后両陛下と挨拶を交わされた時のシーンなのだが、
天皇陛下がミシェル夫人に言っておられる言葉の中に「沖縄」という言葉がはっきりと聞き取れるのである。
(他の部分は英語の分からない私には何も理解できないのだけれど・・・・・)
http://jp.reuters.com/video/2015/03/19/michelle-obama-meets-japan-royals?videoId=363557896
天皇陛下はミシェル夫人と沖縄の何に付いて言葉を交わしておられたのだろう?
現在沖縄県知事と安倍政権の間で沖縄の辺野古埋め立て工事を巡って鍔迫り合いが繰り広げられているので、
天皇陛下がアメリカ大統領夫人に「沖縄」と言われた、ご発言が気になる人が多いようである。(私もその中の一人であるが・・・・・)

天木直人のブログ3月31日記事「翁長知事の最後の切り札は米国カードだ。それを切る時は今だ」に、天木さんは最後の切り札として、翁長沖縄県知事はキャロライン駐日大使に働きかけよと言っておられる。
もしかして、沖縄の問題は天皇陛下を通じて、既にアメリカ本国への働きかけが始まっているのだろうか?
  (以下は天木直人ブログ記事の引用)

翁長知事の最後の切り札は米国カードだ。それを切る時は今だ

 翁長知事と安倍・菅政権の戦いは、どうやら最終局面に入って来たようだ。

 翁長知事は沖縄住民のために、そして日本国民のために、この戦いに勝たなければいけない。

 そして勝てる。

 正義は沖縄にあるからだ。

 どうすればいいのか。

 何度も書いて来た通り、翁長知事の最後の切り札は米国カードである。

 そしてそれを切る時は今だ。

 辺野古工事阻止の為に岩礁破壊許可の取り消しを行った事は正しかった。

 しかし、もはやこれ以上、国民には訳のわからない訴訟合戦に関わってはいけない。

 何を言っても聞く耳を持たない安倍・菅政権を相手にしては時間の無駄だ。

 国民にわかりやすい次の手を打つのだ。

 それは私が繰り返し言って来たとおり、米国に直訴して話をつけるのだ。

 米国とはすなわちキャロライン駐日大使だ。
 
 キャロライン駐日大使との面会を一日も早く実現し、米国は沖縄の民意を踏みにじっていいのか、サンゴ礁を破壊する工事を強行するのか、と世界の前で迫るのだ。

 パフォーマンスに明け暮れる暇があるキャロライン大使だ。

 翁長知事の面談を断れるはずがない。

 自然保護を重視する米国やキャロライン大使だ。

 ここまで明らかになった米軍新基地建設工事の自然破壊を、認められるはずがない。

 そして米国カードは安倍首相の訪米前に切らなければいけない。

 米国の世論如何では、安倍首相の訪米は延期されることになるかもしれない。

 それこそが安倍首相がもっとも恐れていることだ。

 訪米が延期されれば内閣総辞職だ。

 これは冗談で書いているのではない。

 そこまで大きな辺野古新米軍基地建設問題なのである。

 沖縄問題は安倍政権の一つや二つを吹っ飛ばすくらい大きな問題だ。

 そして結縄には、沖縄に米軍新基地建設を強行する安倍政権を倒す権利は十分にある。

 翁長知事が次になすべき事は、安倍訪米までにキャロライン大使と面会し、沖縄のこころを世界の前で訴える事である(了)

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2298-3c2ec176

法をまげ民意蹂躙 農水相・沖縄不当決定 仁比氏が批判 参院予算委

私もうっかりしていました。全くそのとうりだと思います。 行政不服審査法の趣旨から考えれば、こんなおかしな判断はありえません。 国・政府などが自ら行使を許される法律ではないのは明確です。 政府・自民党、公明党の皆様にはもう一度よく考えて頂きたいです。 そして、このような答弁、誰が納得できるのでしょうか。 安倍首相:「沖縄防衛局は、私人の事業者と異なるところはない。 (行政不服審...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。