Dendrodium 中国主導の国際金融機関「アジアインフラ投資銀行」(AIIB)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国主導の国際金融機関「アジアインフラ投資銀行」(AIIB) 

豪、中国主導の国際銀行に参加へ…米要請に反し
読売新聞3月16日(月)11時23分

 【ジャカルタ=池田慶太】豪紙「オーストラリアン」は16日、中国主導の国際金融機関「アジアインフラ投資銀行」(AIIB)について、アボット豪首相が参加を表明する見通しだと報じた。

 12日には先進7か国(G7)で初めて英国が参加を表明している。

 アボット氏は米国から参加しないよう要請を受けたこともあり、「透明性とガバナンス(統治)を備える必要がある」として慎重な姿勢を示していた。だが英国やニュージーランド、インドなど関係の深い国の参加表明が相次ぎ、方針転換したとみられる。

 同紙は「IMF(国際通貨基金)改革を実現できない米議会の無能さが、中国主導の銀行への支持を拡大させた」と指摘し、「オバマ外交の失敗」と酷評している。


日本が何も出来ないでいる間に、世界の経済システムはどんどん変化してきている様である。
ポストIMFと見られる中国主導の国際金融機関「アジアインフラ投資銀行」(AIIB)に、
イギリスが参加したのに続いて、今度はオーストラリアが参加を表明するらしい。

田中宇「QEの限界で再出するドル崩壊予測 」の中に次の文章がある。
今週からEUの中央銀行(ECB)がQEを開始(拡大)した。とたんにドルと米欧の株価が高くなり、金相場が急落するという、QEの典型的な反応が出た。日銀のQEの効果が下がるのにあわせてECBがQEに参戦したことにより、QEは全体的に再び効果のある政策として蘇生した感じだ。QEが効いている以上、ドルや債券システムの崩壊は先延ばしされている。

アベノミクスは安倍総理が始めた経済政策と言うより、ドルを守るためのQEだったのだ!
アメリカはドルを守る為QE2 QE3となんどもQEをやったので、
アメリカのQEではもう効果が出なくなってきた。
それで、基軸通貨ドルを守るためにとアメリカに要請され、
日本は仕方なくアベノミクスという名で誤魔化したQEをやったのだ。
しかし日本のQEも、もう効果がなくなったので、
今週からはEUまでが、いやいやながら、QEを始めたそうである。
今はEUのQE効果が出ているそうであるが、
このQE効果も何時迄持つか分からない。
EUのQE効果がなくなったら、
ドルはそれでお仕舞いという事になるのかも知れない。

日本政府はこのイギリスも入っているAIIBに入る予定はあるのだろうか?
日本政府は諸外国のように金地金を買っているのだろうか?

日本はこの儘、世界に取り残されるしかないのだろうか?

Comments

AIIB欧州は皆参加の方向

本日のニュースではイギリスに続いてフランス、イタリアもAIIBに参加を表明したようです。日本は米国と心中するつもりでしょうか。それとも日本だけ反対していて米国もさっさと参加を表明してはしごを外される運命なのでしょうか。

rakitarou様

コメント有難うございます。
フランスもイタリアも入るのですか!
日本は尖閣諸島の為に入らないと、安倍総理は言うのでしょうか!!!!!

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2284-b19362a5

【朗報】米国法学者129人が議会に公開書簡「ISD条項のないTPPを求める」

togetterに米国のTPP交渉に関する重要な動きが紹介されていることを色平哲平氏に教えてもらいました。 要点は2点。 3月11日、ハーバード大学等、米国の法学者129名が、米議会に対して公開書簡を
  • [2015/03/22 11:03]
  • URL |
  • 街の弁護士日記 SINCE1992at名古屋 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。