Dendrodium 北極海の氷

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北極海の氷 

 私は北極海の氷が溶ける事によって水位が上がると思っていたのですが、9月17日のTV(フジテレビ系の「あいのり」)で、それは間違いであったと知りました。

海面上昇の真実
 地球温暖化によって北極の氷は確かにとけている。
 しかし、北極の氷は水に浮いています。
 水に浮いている氷は全部とけても水面の位置は変わりません。
 だからとけた北極の氷は海面を上昇させないのです。
 また驚くことに南極ではむしろ氷が増えているという説もあります。
 地球温暖化によって今まで以上に南極近くの海水の蒸発は増え雲となり南極に雪を降らせます。
 雪はそのまま氷となり南極の氷はとけるどころか増えているというのです。

武田教授「どうして海面が上昇するのか?その原因は二つあるんです」

 まず一つ目はアラスカやロシアの氷河やグリーンランドなどの陸地にある氷が急激にとけてしまっているため、二つ目は『温暖化による海水の膨張』です。
 水は温度が高くなると膨張します。
 コップ一杯の水だと見えないほどわずかの量ですが地球全体の規模で考えると海面が上昇してしまうほど影響が出てしまうのです。

 
その他にも地球温暖化は誤解されていることがたくさんあるそうです。

武田教授「今地球上でこれほど問題になっている温暖化ブームを利用した巨大なビジネスチャンスが生まれていることもあまり知られていないかもしれません」

 巨大ビジネス 排出権取引
 2005年温暖化防止をテーマに世界各国の代表が京都に集まって会議を開きました。
 その時に承認された文書が『京都議定書』。
 これは世界中で協力し合って二酸化炭素などを出さないようにしようと約束した文書です。
 日本は2012年までに二酸化炭素の排出量を1990年のレベルから6%減らすことになりました。
 しかし、6%減らすどころか今では逆に8%増えてしまい14%も減らさなくてはならないのが現状です。

武田教授「そこで考えられたのが“排出権取引”というビジネスです 京都議定書では自分の国で二酸化炭素を減らすことがどうしても難しい場合驚きの抜け道を作ったのです」

 世界全体で3兆円とも言われる巨大ビジネス『排出権取引』。
 二酸化炭素を6%削減する目標はなかなか達成するのが難しくたくさんの企業が困っています。
 そこで『排出権ビジネスマン』は発展途上国に出かけていくのです。
 そしてその工場と交渉し日本の省エネ技術を教えて二酸化炭素を減らしてもらいます。
 減らした分の二酸化炭素は『排出権』という名目で買い取ることができるのです。
 その市場世界規模でなんと3兆円!!
 日本の企業は実際には二酸化炭素を削減していなくても二酸化炭素の『排出権』を買えば削減の目標を達成したことになるのです。
 二酸化炭素削減の本質とはズレたこの排出権取引のビジネス。
 地球温暖化防止の名の下に世界中で巨額のお金が動いているのです。


今日の毎日放送TVの『ちちんぷいぷい』でもそれに関することをちょっと言っていました。
例の「バイオエタノール」は温暖化対策になるということになっているけれど、バイオエタノールの為のサトウキビを作ると儲かると言う事で、アマゾンの原始林が、どんどん切り倒されて農場になっていると言う事です。
バイオエタノールが、植物性だから温暖化対策になると言っても、原始林の方が何倍も炭酸ガスを使って酸素を作り出してくれますし、第一農場建設の為に石油エネルギーを、かなり消費する事になります。
その上、石油が値上がりする事に連動して、トーモロコシひいては、食料の値段が上がるという恐れも,濃厚であるということです。
こんなバイオエタノールが何故もてるかというと、京都議定書でこのバイオエタノールを利用したら、温暖化対策をした事になると決められているからなのだそうです。

実際はデメリットの方がずっと多いのに、温暖化対策と称して食料の値上げに繫がり、地球を更に荒廃させると分かっている事も、断行してしまうのでは、何の為の温暖化対策か分からないではありませんか。

世界は本気で地球環境のことを考える気はないのでしょうか?

よく「地球は泣いています」等という言葉を耳にしますけれど、人類はもっと謙虚にならなければならないのではないでしょうか?
地球は温暖化しようが、放射能に満たされようが、痛くもかゆくも無いのではないかと思います。
困るのは人類を始めとして、地球上に生きさせてもらっている生物の方なのです。
地球を救うなどと、他人事のように言っている場合ではないと何時も気になっています。

北極熊には、はなはだ申し訳ないのですが、北極の氷は海水の水位を上げる立役者では無いと知っただけで、何かが解決したような気がして、人類はひょっとしたら、今回も諸問題を解決して生き延びる事ができるかもしれないと、希望のようなものが湧いてきたのでした。
勿論本気で対策に取り組めばの話ですが・・・・・

Comments

リンクありがとう

本日リンクに気づきました。ありがとうございます。
私たちは地球に生きる「生き物」の一つですが、私は、地球そのものが大きな生き物だと考えることにしています。。。そうすれば人類はもっと、地球に優しくなれる。。。

simanto様

コメント有難うございます。
諫早湾干拓工事の、被害に心を痛めています。
それを取り上げておられたので、勝手にリンクさせていただきました。これからも有明海の事など、見せて頂きたいなと思っています。宜しくお願い申し上げます。

それから、確かに地球も生き物かもしれませんね。
でも地球は、人類のしでかした事くらい、簡単に取りもどし、次の生物をはぐくむ用意をする事もできる、少々の事にはびくともしない存在であると思います。
人間は地球に感謝し、畏れねばならないのではないでしょうか。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/228-c1f41472

森トンカツ小泉ニンニクの無責任バカ支配傀儡政権が続く事に、あなたは耐えられますか?

人気ブログランキング ← に参加中! 政治ブログジャンルで頑張ってます!【一行日記】 つくづく思います。政治を扱っているTV番組を見るとバカになる と。究極の世論調...
  • [2007/09/18 18:30]
  • URL |
  • らんきーブログ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。