Dendrodium 高浜原発再稼動に向けて動く関電

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高浜原発再稼動に向けて動く関電 

京都府が高浜原発安全協定 事前意見述べ、関電には回答義務
 京都府と関西電力は27日、再稼働への動きが進む関電高浜原発(福井県高浜町)について、京都府が事前に安全対策で意見を述べることができ、関電に回答義務があることを明記した安全協定を結んだ。府は再稼働で「同意」が必要な立地県並みの扱いを求めていたが認められなかった。

 立地自治体以外で事前意見を述べられる協定を電力会社と結ぶのは初めて。協定は高浜原発で事故が起きた場合の再稼働を想定した内容だが、府庁で調印に臨んだ山田啓二知事、関電の八木誠社長とも、今回の再稼働でも協定の精神にのっとると強調。協定の「事前に意見を述べる」枠組みで、府と関電の協議が始まることになる。山田知事は「言うべき意見を言い、関電の安全措置を吟味していく」と説明した。

 高浜原発は、5キロ圏内に京都府舞鶴市が含まれ、府内の30キロ圏には福井県の5万4千人より多い12万8千人が居住。このため、山田知事は「立地自治体並みの安全協定が再稼働の大前提」と繰り返し強調し、2011年9月から関電と協議を続けてきた。「立地県並み」に難色を示していた関電にとっては、今回の協定で再稼働へのハードルを1つ越えた形だ。

 協定にはこのほか▽原発増設などの際に関電から事前説明を受け、意見を述べることができる。関電は回答義務がある▽必要な場合は府は現地確認できる―なども盛り込まれた。

 一方で山田知事は、国が再稼働同意の対象を原発が立地する道県と市町村に限定していることに、「何を基準にしているのか分からない。京都府には5キロ圏内の地域がある」と指摘。国に対しても京都へのさらなる配慮を求めた。

 同じく高浜原発から30キロ圏内の地域がある滋賀県との安全協定について、関電の八木社長は「具体的なスケジュールは決まっていないが、滋賀県の要望を聞きつつ、真摯に対応したい」と述べた。
(中日新聞)


立地自治体以外で事前に意見が述べられる協定を電力会社と結ぶのは初めてという事で、
一歩前進と言える事ではあるのかもしれないけれど、
京都府下には原発からの距離が5キロ圏内の場所も有る。
それなのに、京都府に高浜原発を再稼動するかどうかの判断に、参加する権利がないなんて酷過ぎる。

今回京都府に発言権が認められたのは、再稼動した後で起きた事故後の、再稼動に付いての時だけである。
高浜原発を再稼動した後いきなり過酷事故が起きた場合には、
今回の協定は何の役にも立たないのである。

滋賀県も一部30キロ圏内の地域があるから、
滋賀県の要望も聞くと関電社長は言っておられるようであるが、
聞くだけでは何の役にも立たない。
滋賀県は近畿の水瓶琵琶湖があるという事を、関電は全然考慮していないようであるが、
もし琵琶湖に放射性廃棄物が大量に入るような事態になったら、
滋賀県だけの問題ではすまなくなるのである。
近畿圏内1400万人の飲料水が、放射能汚染してしまうことなのである。
関電の赤字救済位、国が税金で補っても罰が当たらない位に重大事なのである。

安倍総理は経済的理由で、国民の健康(命)を危険に曝しても良いとお考えなのであろうか?
命よりお金が大事だと、安倍総理はお考えになって、原発再稼動を進めておられるのだろうか?
もしそういう事であるなら、国民の生命財産を守るためと称して、
軍備に莫大な税金を投じるのは矛盾しているのではないだろうか?

国民の生命財産が危険に曝される原発再稼動の危険性を、
経済性のために容認しておいて、
国民の命を守る為と称して、軍備に莫大な予算を割くのでは、
安倍総理のやっておられる事は、
矛盾撞着支離滅裂と言われても、仕方ないのではないだろうか?

又、電力労連は原発に賛成の組合のようであるが、
関電の従業員は、東電の従業員が今どんなに四苦八苦して、
事故収束作業に取り組まされているかを見ていて、
どうして原発再稼動に賛成など出来るのだろう?

古い原発によって同朋を危険に曝すだけでなく、
同僚を地獄の業務に縛り付ける事になるかも知れない創られて40年経過した原発の再稼動に、
関電の労働組合員が賛成するなど狂気の沙汰であると思う。

関電社長も関電従業員も、創って40年過ぎた原発の再稼動等、絶対に避けてほしいものである。

Comments

琵琶湖の汚染が心配

v-12
高浜原発の今後に注目ですね。

琵琶湖の汚染を危惧する周辺住民。
原発の危機は、人間社会にとてつもない不安を投げかける。

根保孝栄・石塚邦男様

コメント有難うございます。
とうとう4年目の3月となりました。
政府はあの原発事故を何と思っているのでしょうね。
殊に、40年過ぎた原発は使わないと言う法律が出来ていたのに、
40年経過した原発を安全だと容認する原子力規制委員会も酷いものです。
学校や一般のビルディングでも、
40年経過したから建て替えると言っていると言うのに・・・・・

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2268-8996d20d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。