Dendrodium 学術会議 核処分に付いて提言

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学術会議 核処分に付いて提言 

核のごみ処分 学術会議提言重く受け止めよ
2015年02月19日(木)

 国内の科学者を代表する組織である日本学術会議が、原発再稼働の条件として、「核のごみ」の対策明確化を政府と電力会社に求める政策提言案をまとめた。2012年に政策の抜本見直しを提言したが進展はなく、あらためて改善を促す異例の対応である。
 政府は東京電力福島第1原発事故を受けてなお、原発から出る核のごみ問題に正面から向き合ってこなかった。いまも、ごみの行き場も処分方法も決めないまま、原発再稼働に向けた手続きを急いでいる。「将来世代に対して無責任」(学術会議)との指摘はもっともだ。政府はその事実を省み、提言を重く受け止めなければならない。
 提言案は、国民の合意ができるまで地上で原則50年暫定保管し、保管開始から30年をめどに処分地を決定することを政府に訴え、国民の議論の場設置を求めた。
 国民との対話や信頼を欠いたまま、政府が処分地の「科学的有望地」を指定し、いくら説得しても、反発が起きるだけで進展は期待できまい。政府は国民に核のごみに関する情報を積極的に示し、一刻も早く議論を高める努力をしなければならない。
 また、提言案は電力会社の責任も明確に打ち出した。各社が原発立地地域以外の場所に保管場所を確保するよう求めている。国の政策や科学技術の進歩頼みで、結果的に自らが出したごみをため込み続けている現実は重い。これ以上の放置は許されまい。
 その一方で、経済産業省は最終処分に関する政府の基本方針の7年ぶりの改定案を公表した。将来の政策変更や技術開発に応じて、いったん地下深く埋めていても回収できるようにするという。
 自治体が処分地を受け入れやすくしようとの狙いだが、そう簡単にはいくまい。放射性レベルが十分下がるのに数万年もかかる廃棄物を、安易に取り出せるとは思えない。政府はその場を繕うのでなく本腰を入れて明確な計画を練り、国民に示すべきだ。
 核のごみは、原発導入当初から解決しておかねばならなかった根本的問題だ。使用済み燃料を再処理して加工し、燃料として再利用する国策の核燃料サイクルは事実上破綻した。その結果、約1万7千トンの使用済み燃料が全国の原発などに積み上がっている。
 老朽化した原発の廃炉を今後進めるに当たっても、放射性廃棄物は出る。膨らむばかりのごみから目をそむけたまま、拙速に再稼働を急ぐことは断じて容認できない。
 これ以上の問題先送りは後世に多大な禍根を残す。九州電力川内原発や関西電力高浜原発の再稼働への手続きを進める前に、政府は抜本的な対策に取り組まなければならない。


日本人の子孫がこれ迄通り将来も、日本で生活出来る様にする為には、
核廃棄物を安全に保管する方途を決め、遺漏なきよう安全処理する事は、
日本政府にとって喫緊の課題である筈である。
それなのに、安倍政権は原発から出た使用済核燃料の始末をなおざりにし続けているばかりでなく、
原発事故で汚染された福島県内に住民を呼び戻すと言って、
何兆円も掛けて住宅地をの表面土をはがさせ除染と言っているが、
その除染ゴミの始末さえしないでいる無責任振りである。

安倍政権の無責任は、地震国日本では直下型の地震のおきる恐れもあると言うのに、
津波の心配さえクリアしたら、安全であるかの様に言って、
40年経過した原発まで再稼動させようとしているのである。
40年経過した原発の配管が、どれ程脆弱になっているか想像するだに恐ろしいことなのに、
不完全な審査基準を設定し、審査基準を満たしたから安全である等と嘯いて、
高浜原発の40年経過の古い原子炉を稼動させようとしている。

1万7千トンもある放射性廃棄物の後始末に、どれだけの資金が必要か想像するだに恐ろしい事なのに、
安倍政権はこういう国内の危険を放置したまま、
遠くアラビアの地の内輪もめにまで首を突っ込んで、IS制裁と息巻き、
大事な国費を湯水をシャワーで撒くように、
アラブやアメリカに振りまいて得意になっている。

安倍総理は日本の総理大臣なのだから、
どんなにISが危険であるからと言って、日本の危険を放置していて良い分けがないだろう。

安倍総理は今回の学術会議の提案を真摯に受け止め、
確りとした放射性廃棄物処理対策を、ちゃんと修了してほしいものである。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2260-680e79b5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。