Dendrodium 「晋三よ 国滅ぼしたまう事なかれ」は亀井静香の言だけど・・・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「晋三よ 国滅ぼしたまう事なかれ」は亀井静香の言だけど・・・・・ 

「川内原発の再稼働ノー」 鹿児島で3千人が集会2015年1月25日22時58分
 九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働反対を訴える集会が25日、鹿児島市内の公園であり、県内外から約3千人(主催者発表)が参加した。同原発では県や市の地元同意の手続きが完了し、今春にも再稼働する可能性がある。参加者たちは集会後、「原発いらない」と声を上げ、市中心部をデモ行進した。

 県内の約90の市民団体などでつくる実行委が主催した。東京電力福島第一原発のある福島県大熊町から同県会津若松市に避難している木幡ますみさん(59)がステージに上がり、「私たちは(故郷に)帰ることができなくなった。川内原発を再稼働させてはいけない」と訴えた。集会に参加した鹿児島市の小柴和喜子さん(73)は「知事や議会は、こんなに賛否が分かれる再稼働を簡単に認めてしまってよかったのか。私たちは『同意』していない」と話していた。(小池寛木)


政府はこれでも川内原発の再稼動を強行させる積りなのでしょうか?
イスラム国に囚われていた人質が殺された件にしても、
この原発再稼動強行にしても、
安倍総理は国民の生命財産に対する、責任感皆無の総理大臣だと思われます。

そう言えば福島原発の事故の少し前(2006年)の国会質問の時、
第一次安倍内閣の総理だった安倍晋三氏に、
福島第一原発の津波対策をするべきだと、
共産党の吉井議員が折角注意したのに、
安倍総理は何の根拠も示さず
「そうならないよう万全の態勢を整えている」と繰り返すだけで、
吉井議員の発言を無視し津波対策を一切せず放置してしまったのでした。(こちら

安倍総理は福島第一原発の事故に関する、自らの責任を一切反省する事なく、
今回は噴煙を高く上げている桜島火山のすぐ傍にある川内原発を、
原子力規制委員会の審査に通ったから安全だと言って、再稼動させ様としています。

原子力規制委員会委員長が、
審査に通ったからと言って、必ずしも安全だと言うわけではないと、
態々コメントしているのに、
安倍総理は、それを無視して安全と認められたと強弁しているのです。

又「国民の命を守りたい」と言って軍事予算を増やし、
戦争が出来る国に解釈改憲(憲法無視)で、国是変更した安倍総理は、
又々、国民を危険に曝す事に取り組んでいるように感じられます。

日本から遠く離れたイスラムの地の紛争に、
どうして日本が嘴を挟まねばならないのでしょう。
その所為もあってと言われても仕方ないタイミングで、
イスラム国(ISIS)から湯川榛名さんと後藤健二さんの身代金を要求されました。

昨日湯川榛名さんが殺されたらしいと言われています。
そして後藤健二さんも命の危険に曝されています。

経済政策でも安倍総理は重大な過ちを犯しています。
日本や世界がお金余りであるのを承知の上で、
日銀に200兆円ものお札を摺らせて、
円の値打ちを下げている「アベノミクス」は、
日本の経済や日本人の財産を守るためにはなりません。
それ処か、アベノミクスは日本人の預貯金を危険に曝すだけでなく、
世界経済を破綻させる原動力の一つになろうとしているそうです。(こちら

安倍総理は日本を如何したいのでしょう?

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2236-7a9655af

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。