Dendrodium 湯川遥菜と後藤健二と安倍総理は知らぬ仲ではなかった

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯川遥菜と後藤健二と安倍総理は知らぬ仲ではなかった 

◆2015/01/22(木)  田母神俊雄の嘘と湯川遙菜の闇
極貧から民間軍事会社の社長へ

♪ HARUNAのブログ ♪
男装の麗人川島芳子とHARUNA(遥菜)のブログ

2014-01-30 23:57:07
昨日は赤坂で飲んでいた。前回は神楽坂だったし。
最近は政治家とばかり共にしているので、今まで行かな
かった場所に行く事が多い。政治家は大人の遊びって
ところかなぁ。
防衛省、昔の大本営です。近所には政治家の事務所も多い。
今日は田母神さんの事務所の隣のビルに用事が有り、寄った。
今回は田母神さんではなく、元部下の方に用事があった。
遥菜1   遥菜2
以上は、湯川遥菜のブログより抜粋。   


タボ田母神俊雄は、知らぬ存ぜぬ!の一点張りで湯川遥菜との関係を全面的に否定している。
しかし、「全く記憶にない!」 と強硬に否定する姿勢が、逆に“疑惑の関係”にあったことを確信させてしまうワケで。タボちゃんの嘘はバレバレだ。(爆)

湯川遥菜が何気に書き散らしたブログや、湯川の父親の“告白”などを読むと…、
極貧の身から民間軍事会社の社長になり、後藤健二を常に通訳兼秘書として従えて中東を駆け回る大活躍ぶりが満載だ。

あと…、
タボちゃんや自民党の国会議員や外務省の元高級官僚らとの“昵懇な関係”が写真付きの文章で書かれていて…、それは決して作り話ではない。 (参考記事

それ以上にお菓子E~のは、安倍政権と湯川遥菜(民間軍事会社の社長)との暗い闇の中での関係だ。

というのは昨年の秋。湯川遥菜がシリアで拘束された直後に「イスラム国」から10億円の身代金要求が届いていて…、深刻な交渉があったはずなのに、その全てを安倍政権はトップ・シークレットとして極秘にしてきた…。

ここで結論を断定的に書くが…、
ようするに、今回拘束されて殺害予告を受けた2名は、安倍政権のウラの闇で諜報活動をしていた謀略機関の工作員なのだ。

したがって、湯川遥菜を“イスラム国”が「スパイ!」と断定したことは間違ってはいない。

もっと言えば…、
安倍政権は、すでに「イスラム国」との戦争に深く深くコミットしていたのだ。「スパイ」を送り込んだりして…。だから、この「スパイ」は、殺されても仕方がない。戦争とはそういうものなのだ。
安倍晋三がエジプトで、「イスラム国は空爆で壊滅すべし!」 とかと憎々しげに叫んでいたが…、その気持ち、少しは分かる。(爆)
(以上、敬称は略しました。)
(飯山一郎)


飯山一郎さんのブログ記事です。
吃驚するような話ですね。
今回身代金を要求された湯川遥菜氏と後藤健二氏は、
一緒に仕事をしていた仲間(主従?)だったのですね。
飯山さんは湯川遥菜氏と後藤健二氏は、
安倍総理の為にスパイ活動をしていたのだと言っておられますが・・・・・

こういう人に日本が身代金を払うとしたら、国庫は忽ち空になってしまうでしょうね。
岩上安身さんが「安倍総理の馘(辞任)と引き換えに、二人の首を斬らないでくれ」と申し入れるべきだろうと言われたそうですが、
二人の人質との経緯からしても、安倍総理は岩上さんの提案に従われるべきなのではないでしょうか?

続きを読むに
岩上さんのツイートの複写を載せて置きます。

岩上安身のIWJ (2015年1月21日)
2人の邦人の命を救うため、イスラム国を挑発した張本人、安倍首相が「辞任」することを提案~岩上安身による元内閣官房副長官補・柳澤協二氏緊急インタビュー

唯一、人質の命を救う手段があるとしたら、イスラム国に対する対決姿勢を表明した安倍首相自身が辞任することで、人質の命と引き換えにすることだと柳澤氏は提案した。


Comments

>湯川遥菜氏と後藤健二氏は、仲間(主従?)だったのですね。

年齢や経験を考えると、後藤氏が上司だったのでは?

湯川氏は「社長」という肩書きはあっても、部下がいません。
殺されても仕方がない、使い捨ての派遣社員だったのでは?

隠居老人様

コメント有難うございます。
仰る通りかもしれませんね。
後藤氏は安倍総理のエージェントとして、湯川氏の案内役を勤めていたのだという説も目にしましたが・・・・・

軍事派遣会社を創ってお金儲けしようと目論んでいた政治家が大勢ある様ですね。
二人を捕まえさせたのは、
日本にそういう会社を作られたら、
自分たちの収入が減ると思った既存(アメリカ)の軍事会社だったのかもしれません。

二人は昨年から人質になっており、身代金を要求されていたそうですから、
もう殺されてしまっている事を、政府は知っているのかも知れません。

政府は二人が殺されたのを知っていて、
国民に二人への同情心を掻き立てさせ、
冷や冷やさせ、
イスラム国怪しからんと思わせて、
中東への自衛隊派兵の道をつけようとしているのかも知れませんね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2233-9b339561

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。