Dendrodium イスラム国日本に 人質の身代金要求

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラム国日本に 人質の身代金要求 

イスラム国が日本人二人を人質に取り、2億ドル(約230億円)の身代金を要求したそうである。
安倍総理は人命第一に、あくまでも卑劣なテロと戦っていくと発表している。(こちら
「人命第一」と「あくまで戦う」という事には、矛盾があるのではないだろうか?

イスラム国は、イスラム国を討つと言っている国々に、資金援助を約束して回っている日本が許せない、
遠く離れた国である日本が、どうしてそんな余計な事をするのだと、日本(安倍総理)に対して文句を言っているのである。
「だから日本がそれらイスラム国に敵対する国々に資金援助した金額2億ドルを、イスラム国は人質の身代金として日本に要求する。」と言っているのである。

この様な要求を受けた安倍総理が、「人命第一に考える」と言うのだったら、
「これ迄中東各国で行ってきた資金援助の約束を反故にしますから、如何か人質を解放してください。」
と言って人質の解放を求める以外有り得ない筈である。

それなのに安倍総理は、「人命第一」と言いながら、「卑劣なテロと飽くまで戦う。」と、
真反対の事を言っておられるのである。
そしてイスラム国を攻撃すると発表しているアメリカと、外務大臣に協議させるなど、
「人命第一」と真反対の事を更に重ねようとしておられるのである。

安倍総理の本心は「国民の命等二の次だ」であるのに、
「人命第一」などという嘘を言われるから、こういう批判もしたくなるのだけれど、
安倍総理はここではっきりと「命より大事な物があると私は思っている。」とどうして言われないのだろう?

それは命より大事な「大義」など安倍総理は、持ち合わせてはおられないからに他ならないのではないだろうか?
それなのに、立派そうな事を言いたいから、安倍総理は「嘘」ばかりつく事になるのだと思う。

テロとは何か、戦争とテロと如何違うのか、等に付いて蟷螂余話で書いておられる記事を見た。
とても説得力のある意見だと思ったので、ここに複写させて頂く。


イスラムを巡る数々の疑問
 〝知らないことは書くな”を自らの戒めとしているのですが、近頃はこの信条も怪しくなりました。イスラムに関わる諸問題ですが、無学の私にはさっぱり判らず、さりとて黙ってもおれなくなったのです。その一つが“テロとは何か”ですが、私の眼にはイスラムの過激派とされる人々が、止むにやまれず始めた捨て身の戦争のように見えてくるのです。手許の辞書を引けば〝政見の異なる相手、特に政府の高官や反対派の首脳を暗殺したりして自己の主張を通そうとする行為、またはこれを是認する主義”と出ております。

 それでは「戦争」とは何か?これは簡単で“国家間の争いを解決するための武力行使”とありますが、いったいこの二つの何処が違うのか?共に暴力であり大勢の人が命を失いますが、その規模の大きいのが戦争で、小さいのがテロであるのか、またその大きい小さいの基準は何処の誰が決めるのか?戦争だから認められ、テロだから非難される理由は何か。私はアメリカを盟主として一方的にテロを悪者呼ばわりする有志連合は間違っていると思います。

 このようにテロという名で非難されるようになったのは2011年9月11日にアメリカを襲った「同時多発テロ」ではなかったか。ものの見事に心臓部をやられたアメリカは激怒し、主犯とされるアルカイーダやリーダーのオサマ、ビンラディンを捕えて差し出せとアルガニスタン政府に要求し、拒否されるやブッシュ大統領は即座に爆撃を開始、報復に乗り出しました。その延長がイラク戦争であることは誰でもが知っている事です。

 それらはイスラエルによるパレスチナいじめと、それに伴うアラブ戦争が原因であり、同盟国の後押しをしているアメリカへの報復であることも周知の事実です。イスラム側の殆どは核も無ければ強い軍隊も持たず、本格的な戦争などはやりたくても出来ないところから、やむをえずテロの手法を使って闘っているのです。またテロか戦争か、これを決めるのは国連の常任理事国ですが、これらはいずれも「勝ち組」であって、イスラムの言い分を代弁する国は殆どありません。

 国連の戦後新秩序が「勝ち組」有利に出来ているのは当リ前で、この掟に逆らえば「歴史修正主義者」または「ならず者」として排斥されます。戦後世界は「勝ち組」のモラルとルールによって動いているのであって、逆らう者は異端として非難され処罰されます。世界にはいろいろな国があり、それぞれに文化、文明の尺度が違い、価値観も大きな開きがあります。それを「勝ち組」のルール一本で統一しようとは無理な話で、平和を支えるためには“あらゆる自由、人権は無制限ではあり得ない”とする抑制の心と、他を慮る理解と寛容が大事ではないでしょうか。

 相手の立場を尊重すれば、いくら表現の自由があるとは云え、そこには限度があることを知るべきでしよう。フランスにおけるこの度の悲劇はその点、我が国の韓国人に対するアパルトヘイトと似てはいませんか。ましてや偶像崇拝をタブーとするイスラム教徒への冒涜は致命的で、ローマ法王の言を待つまでもなく、自由には一定の節度が必要です。私が此処で云いたいことは、1)戦争は正しいがテロは悪いは間違いで、本当は両方とも悪い。引き続き2)の、残虐行為はイスラムだけか?について述べたいと思います。

 外国人記者の首を刎ねてその映像をインターネットで流したり、あどけない少女に特攻隊のように自爆させたり、イスラムの残虐性を世界は非難しますが、なるほどイスラムは酷い事をする。しかし無人機を飛ばして無辜の民の何千人かを殺したり、劣化ウラン弾を密集した市街地に撃ち込んだり、子供を殺傷する玩具弾を使ったりする国連軍と、どちらが残虐か?戦争は何処の国をも鬼や悪魔に変えてしまいます。一方だけがそうではない、目くそが鼻くそを嗤うのは滑稽で、愚かです。

 次に宗教の功罪ですが、そもそも人間の欲望を戒め、心の安定を求めて争いを無くするための宗教が、皮肉な事に戦争の原因となったのは何故なのか。私はテロか戦争かの争いを十字軍戦争の延長だと見ています。この事については度々述べた事でもありここでは繰り返しませんが、実に複雑怪奇、とても淡泊な日本人の出る幕ではありません。一神教の信者でもない日本人は絶対にタッチしてはいけないのです。

 ましてやシリアに発生した「イスラム国」と称する集団はカリフ制を復活させ、欧米諸国のルールを全否定して独自のイスラム法典を作ろうとしています。この実験はタイムトンネルを数世紀もバックしたように見えますが、中世の価値観がここに来て再評価され、世界人口の3分の1を占めようと云うイスラム世界に向け、徐々に浸透しつつあります。この現象を果たして時代錯誤と嗤うべきでしょうか?

 イスラム系諸国はユダヤ族やキリスト教国の巧みな戦略で各派相争い、今のところはバラバラですが、いずれかの日に統合すればものすごい力を発揮し、またまた十字軍戦争のように一兵残さず追い返すことになるでしょう。またいずれかの国が核の秘密を知った瞬間に、イスラエルは方向転換を迫られることになります。アメリカという強い用心棒を持った*イスラム国は、シオニズムの正当性を訴える政治的シンボルに過ぎないのであって、軍事的抑止力を失えば、対立から共存に切り替えない限り国を明け渡すことに繋がります。

 このように危険極まりない中近東へ、それも最もヤバいイスラエルへ、わざわざ火中の栗を拾いに出かけるとは、そのうえ貴重な税金をばら撒く人の気が知れません。いったい異教徒の日本人に何が出来るのか?中庸などを説く暇があれば何故憲法9条の平和を説かないのか。更に勇気を出してパレスチナとの共存を説くべきです。憲法こそが我が国の命綱、双方に徹底して平和を説く、出来る出来ないは問わずやってみる。これが巻き込まれない最も安全な道なのですが、日本人は平和教の使徒であることを自覚すべきです。

 そもそもこの騒ぎの遠因は英仏などの「二枚舌」「三枚舌」外交にあり、現地事情を無視した勝手気ままな国境線を引いた自己中心主義にあります。これら関係諸国はこの際責任を取り、地元であるアラブ世界優先の調整を図るべきではないでしょうか。またアメリカにも反省を促し、共に困難な斡旋を成功させてこそ、安倍総理は「積極的平和主義」を自賛することが出来るでしょう。



*イスラエルの間違い?

Comments

戦争とテロ

戦争は一定のルールの下に行われる。軍隊は独自の法体系を持っている。ちなみに自衛隊も独自の法体系をもった「国軍」にしなければならない。
 上記の意味で、一般人をも対象にするテロと戦争は違う。
 テロが日常化する未来、なんてゆう予想があれば、テロに強い社会を作らねばならないだろう。隣組制度の復活。国防婦人会。軍事教練、公共精神の奨励と教科書化。子供新撰組の結成。夜回り制度。ファッシ(=団結、束)社会の構築。

神様様

コメント有難うございます。
戦争とテロとの違いに付いては、この記事で引用していますが、
貴方は蟷螂余話さんの記事を読まれたのでしょうか?
原文はこちらです。
http://blog.livedoor.jp/kamakiriikeda/archives/65869587.html
説得力があると思うのですがね~

>テロが日常化する未来、なんてゆう予想があれば、テロに強い社会を作らねばならないだろう。

人々の不満をつのらせたままにして置いて、テロに強い社会等創れるのでしょうか?

アメリカのように防衛システムの完備していた筈の国に於いてさえ、
9・11事件は起きたではありませんか。
尤も、9・11事件はアメリカの自作自演だったという説もあるようですが・・・・・
自作自演されるようになったら、テロとの戦いは永遠に終わる事はないでしょうね。
戦争屋さんたちは、ウハウハでしょうが、
一般市民は堪ったものではありません。

それに隣組制度等を復活させたって、
外国からやってくるテロ犯とか、外国に於けるテロとかは防備しようがないと思いますが?

テロをする人される人、それを防ぐ人

「マスコミに載らない・・」ブログさんにもコメントさせていただいたのですが、テロをする人、される人、そのテロを防ぐ人は皆99%の貧しい側の庶民であると思われます。しかしテロを「させる人」は1%の富者ではないかと私は思います。

結果的にテロ予防の名目で、集会や通信、表現の自由などは公的或は自主的にどんどん規制される方向にあり、拝金主義グローバリズムに基づく現体制(先行き不透明になってきていますが)をとにかく維持することが倫理的に善であるとする方向に向かっているように思います。その目的で支配者側が不満を持っている99%の貧者達を「分断して統治する」必要があり、テロをする人、される人、それを防ぐ人に貧者達を分断していがみ合わせているのではないでしょうか。

日本には任侠の歴史があり、意外にも庶民に人気があるのですが、それは「堅気には手を出さない」「義理と人情を大事にする」という確固たるポリシーがあり、それを貫く厳しさがあったからだと思われます。盗賊でも貧しい者からは盗まないとか、殺しはしないといった「盗みの三か条」を守る者は「本格」といわれて取り締まる側からも一目おかれていました。今のテロリストからは無縁です。

また日本における「テロ」は右翼にしても左翼にしても信念の異なる「為政者」や「有力者」を殺傷することはあっても、庶民を無差別に傷つけるものではありませんでした。だから今俎上にある「テロ」というのは何だか怪しい。本当にテロを「する人」が自分の意思と力で起こした物とは言いがたいと思います。だから「テロをさせる人」が別にいるのでは、と私は考えるのです。

rakitarou様

コメント有難うございます。
>日本における「テロ」は右翼にしても左翼にしても信念の異なる「為政者」や「有力者」を殺傷することはあっても、庶民を無差別に傷つけるものではありませんでした。だから今俎上にある「テロ」というのは何だか怪しい。本当にテロを「する人」が自分の意思と力で起こした物とは言いがたいと思います。

本当に仰る通りですね。
最近のテロは庶民を殺すテロが多すぎますね。
本当に本人の意思で命がけでやるのだったら、
悪の大元を狙いそうなものですものね。

一般大衆を恐怖に陥れるのが目的の、やらせテロの匂いが紛々ですね。

アメリカに追従するポチ君

v-27
安倍総理の国民の命<第二>の思想は、好戦的な国防論、人種差別姿勢にも現われている。

人質など、国益優先で本来はどうでもいいのだ。人命救助は口先だけで、アメリカに尾っぽを振っているポチ君でしかない。

根保孝栄・石塚邦男様

コメント有難うございます。
>人質など、国益優先で本来はどうでもいいのだ。人命救助は口先だけで、アメリカに尾っぽを振っているポチ君でしかない。

おっしゃる通りだと私も思います。
後藤さんの身代金要求は去年の11月に受けていたのに、
政府は動かず、マスコミにも今のような報道はさせず、知らん振りさせていたのですから、
人質の命を助けようという意思など微塵もないというのが、
安倍総理を始めとした権力機構の本音でしょうね。

ショック体験

v-12
今回の湯川、後藤両人の悲惨は、ショック体験でしたね。
日本人も狙われるという不安、つきません。

根保孝栄・石塚邦男様

>日本人も狙われるという不安、つきません。

国民のこの心配を利用しフリージャーナリストの渡航制限をして、
政府は報道の自由を縛ろうとしていますね。

あくどいと言うか何と言うか・・・・・

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2232-3f9a1436

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。