Dendrodium 「存立事態」 集団的自衛権の新根拠

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「存立事態」 集団的自衛権の新根拠 

集団的自衛権の根拠具体化 「存立事態」盛り込む
「他国に攻撃」で自衛隊出動 内閣が調整
2015年1月19日(月)
 安倍内閣と自民党は、集団的自衛権を行使する場合の自衛隊の出動要件として、新たに「存立事態」という概念を自衛隊法や武力攻撃事態法に盛り込む方向で調整しています。集団的自衛権行使容認の「閣議決定」(昨年7月1日)を踏まえての安保法制整備の中心テーマの一つで、集団的自衛権行使の法律上の根拠を具体化するものです。


 安倍内閣は、自衛権発動の新3要件に基づき、「日本の存立が脅かされる」と判断すれば、地理的な制約なく世界中に自衛隊出動を認めたい考えで、与党内調整を経て、26日召集予定の通常国会に改定案を提出します。自民・公明両党の水面下協議は昨年末から続いており、2月には公式協議に移行するとの観測も出されています。

 ただ、国民の批判が強いため、予算案の審議や4月のいっせい地方選への影響を恐れて、法案提出は5月の連休明けまで先送りする見通しです。

 安倍内閣は「閣議決定」で「他国に対する武力攻撃が発生」した場合に、「わが国の存立が脅かされ、国民の生命、自由および幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険」が生じれば、集団的自衛権の行使は可能としました。法律上、この状態を「存立事態」と定義し、自衛隊法が定める自衛隊の出動規定を見直すものです。しかし「(我が国の)存立事態」といっても、日本に対する攻撃ではなく他国に対する武力攻撃に「反撃」するためのもので、その本質は「他国事態」です。

 また、現行の武力攻撃事態法は、日本への武力攻撃が「発生」または発生する危険性が高まった(切迫)状態を「武力攻撃事態」と定義付け、首相の防衛出動命令で自衛隊が実力行使できると定めています。同法改定案にも、こうした規定に加えて「存立事態」を新設し、同盟国である米国への攻撃なども自衛隊の出動要件を満たすと位置付け、国民や地方自治体を動員することも狙っています。


「日本の存立が脅かされる」と判断すれば、
地理的な制約なく世界中に自衛隊出動を認めたい考えだそうです。

日本の存立が脅かされる状態とはどういう状態の事なのでしょう?
日本が攻撃されているという分けでもなく、
日本が攻撃される恐れがあるという分けでもないのですから、
為政者の感じ方次第という事になってしまいます。

これでは平和を守る気のない為政者が政権を握ったときには、
日本は簡単に戦争に出動させられかねないのではないでしょうか?

日本国憲法はまだ改変されたわけではないのです。
日本国憲法はその主文に平和主義を謳い、
憲法第二章は戦争の放棄を謳っています。
そして九条は交戦権を認めていません。

 第二章 戦争の放棄
第九条  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

○2  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


日本国憲法は今も健在なのですから、
集団的自衛権の為でも、他国の戦争に協力する等以ての外の事だと思います。

憲法九条二項によって、日本が自国を守れない。
その為アメリカに日本を守ってもらっているのだから、仕方ないと言うのだったら、
憲法9条2項を改正して、
日本国内が他国の侵略に会った時に限り、
自衛のための武力行使を自衛隊に認めるとしたら、良いのではないでしょうか?

今のように憲法無視を続けていたら、歯止めが利かなくなって、
日本は無法者が政治をする無法国家になってしまいかねません。

無法者が政治をする国など、近代国家と言えるでしょうか。

それこそ日本にとって最大の「存立事態」だと思います。

憲法違反の集団的自衛権行使容認は、絶対に容認してはならない法律違反行為なのですから、
日本を守るために、集団的自衛権行使容認の閣議決定を撤回させましょう。



Comments

このクレージーな首相が、未だに権力の在にいること自体が、立派な「存立事態」です。

集団的自衛権を行使するなら、まずはこの男の排除でしょう。
  • [2015/01/20 09:53]
  • URL |
  • AMADEUS
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

AMADEUS 様

コメント有難うございます。
全く仰る通りですね。
安倍総理をそのままにして置いて、何の己が桜かな」ではなくて、

何の存立事態予防でしょう。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2230-ffec8bc9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。