Dendrodium フランス軍人員削減政策変更の言い訳の為の偽装テロ? シャルリー・エブド事件

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス軍人員削減政策変更の言い訳の為の偽装テロ? シャルリー・エブド事件 

仏軍の人員削減見直し、ペルシャ湾に空母派遣へ

 フランスのオランド大統領は14日、フランス南部に停泊中の原子力空母「シャルル・ドゴール」の艦上で演説。フランスは「異常事態」に直面しているとの認識を示し、今後3年間で軍の人員を削減するという計画を見直す考えを明らかにしました。

 また、オランド大統領は、過激派「イスラム国」のイラクでの空爆を視野に、ペルシャ湾に空母を派遣する方針も表明。イスラム過激派との対決姿勢を示しました。

 一方、中東のイエメンを拠点とする「アラビア半島のアルカイダ」は、新聞社襲撃について「自分たちが標的を選び、計画を立案し、資金を提供した」とするビデオ声明を公開しました。実行犯のクアシ兄弟を「英雄だ」と称賛したうえで、「ヨーロッパ諸国はイスラム教徒に対するアメリカの犯罪行為に加担している」として、さらなるテロ攻撃を予告しています。(15日11:01)


オランド大統領がイスラム過激派とイスラム国は別物であると言われたという情報は嘘だったのだろうか?
フランスはイスラム過激派と対決する為、こんなにも早くペルシャ湾に空母を派遣すると言う。

オランド大統領は国策を武力攻撃に転じる為の口実にする為、
テロ事件を仕掛けた首謀者か、
そういう勢力の手助けをした人の一人なのかもしれない。

 シャルリー・エブド事件の捜査をしていた警察の責任者(警察署長)が、捜査の最中に自殺したという報道があったが、
その事を、言論の自由の国であるはずのフランスで、殆ど問題にされていないのも不思議である。
本当に言論の自由の為に、370万人もの人々はデモ行進をしたのだろうか?
フランスではシャルリー・エブド事件に付いて、他の人々と違う見解を出そうものなら、
テロ犯の仲間扱いにされるという噂もあるらしいが・・・・・

新ベンチャー革命「パリ・テロ事件の後、安倍首相が唐突に中東訪問:米国某勢力の企むシリア侵攻に安倍首相・日本政府はわれらの血税と自衛隊員を湯水のように提供する気か」 によると、
安倍総理は唐突に中東訪問を決めているそうである。
訪問日程は1月16日から21日で昨年12月22日に発表されたいたそうである。

何と時宜を得た中東訪問ではないか!
まるでシャルリー・エブド事件が起きる事を前もって知っていたかのごとき、中東訪問の予定である。

ここで穿った見方をすれば、安倍氏と日本政府は米国のシリア侵攻のための戦費の原資・米国債購入の他、米軍のシリア侵攻の際、米戦争屋に協力させられる国々・エジプト、ヨルダン、イスラエル、パレスチナへも別途、経済支援させられるのではないでしょうか。もしそうなら、情けなくてもう涙もでません。ちなみに、これらの国の首脳はパリのデモ行進に参加していましたが、偶然でしょうか。
と新ベンチャー革命さんは書いておられるけれど、
安倍総理なら大いに有り得そうな気がしてならない。

Comments

この事件ちょっと変

マスコミに載らない海外記事さんの
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-6e04.html
ですがそうかなーとも思います。
おかしんことがたくさんあり、その一方でどんどんテロ対策が進行していいる。

そりゃないよ獣医さん様

コメント有難うございます。
マスコミに載らない海外記事でも、色々と取り上げられていますが、
昨夜は朝日放送「報道ステーション」でもこの件を取り上げていました。
シャルリーエブド事件を茶化したり、色々と政府と違う感想を述べたりして逮捕された例が、54件あったと古館さんが言っていました。

これでフランスが報道の自由を求めている国とは!って感じですね。

それから、昨夜知った情報なのですが、
各国要人のデモ行進は、370万人の一般大衆と一緒にやったものではなく、
警備員に守られて、立ち入り禁止にした道路でやったものらしいですね。
http://oka-jp.seesaa.net/article/412399241.html

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2226-8cdc1ed8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。