Dendrodium イスラム過激派とイスラム教とは違うbyオランド大統領

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラム過激派とイスラム教とは違うbyオランド大統領 

先日フランスで行われたテロ犠牲者の追悼と、報道の自由を訴えたデモに参加しておられたオランド大統領であるが、
「フランス・オランド大統領が“このテロは狂信者による犯行であり、イスラム教とは何も関係ない”と国民に強くアピールしている」と新ベンチャー革命さんは書いておられる。
パリ・テロ事件はシリア侵攻を企む勢力による戦争プロパガンダ:彼らは日本の自衛隊を中東戦争に引き摺り込もうとしているので、日本でも偽旗テロが起きるかもしれない

フランス人が今回のテロ事件をきっかけに、イスラム教徒全員を敵視するような事になったら、
フランスの為にならないと、オランド大統領が危惧されたからだと思われる。
昨日の毎日放送「ちちんぷいぷい」を見て、「ほう」と思わず喝采したのだったが、
「ちちんぷいぷい」でも同じような趣旨の発言を伝えていた。

「ちちんぷいぷい」は関西限定の、午後のバラエティー番組なのだけれど、
毎年、毎日放送アナウンサーを、世界各国を訪問させ、現地報告をすすコーナーをやっている。
その世界旅行で偶々、イランに行っていたアナウンサーからの現地中継報告の中でであったが、
イランの政府関係者と思しき人へのインタビューを、そのまま伝えていたのだった。

イラン政府関係者(観光課?)は、
「イスラム過激派とイスラム教とは何の関係もありません。」とか、
「フランスのテロ事件はアメリカのCIAの謀略だという説もあります。」などの事を語っていた。

現地からの中継報道だったから出来た事なのかもしれないけれど、
思いがけず日本のテレビでこの様な、大本営発表とは反対の意見を報道をしているのを見る事が出来て、ちょっと感動したのだった。

イスラム教とイスラム過激派の違いは、仏教とオウム真理教との違い位に、全然違うものなのだそうであるが、
遠方にいる異教徒で、詳しい事情を知る機会のない私達一般人には、
イスラム教とイスラム過激派が、そんなにも違うものとは、思いもかけない人が多いのではないだろうか?

その誤解を利用してイスラム過激派の暴虐を報道して、イスラム教徒を恐れさせ憎ませて、
アメリカ軍やNATO軍がイスラム圏の人々を、空爆等で大勢虐殺しても、
アメリカ軍やNATO軍が悪いわけではない、イスラム教徒という悪人達を制裁しているだけだと、
一般庶民に思わせようとしているという説も有る。

その上、イスラム過激派を騙してテロ犯に仕立て上げているのだとしたら、
悪いのはイスラム教徒ではなく、無慈悲に大量虐殺をしている米軍及びNATO軍であり、
被害者面しているフランス(またはテロ被害国)国民という事になってしまう。

オランド大統領が、テロをやった狂信者とイスラム教とは何も関係ないと、態々言われたという事で、
私はオランド大統領を、ちょっと見直す思いがした。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2225-45dbc93c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。