Dendrodium ロシアの「ノアの方舟計画」に思う

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシアの「ノアの方舟計画」に思う 

In Deep によると、
ロシアのモスクワ大学は10億ルーブル(約20億円)をかけて「ノアの方舟」(生体材料貯蔵庫)を創る事になったそうである。

モスクワ大学が 10億ルーブルをかけ「ノアの方舟」を創造する
26.12.2014

モスクワ国立大学に世界初の生体材料貯蔵庫(バイオマテリアル・バンク)が作られる計画が、サドヴニチイ学長によって明らかにされた。

このプロジェクトは「ノアの方舟」と命名された。

学長によれば、長期的な保管の後でも再生できる形での細胞材料の低温保存をおこない、さらに、蓄積した材料の分析のための最新のコンピュータ・ブラットフォームの設置もおこなわれるという。

この特別なコンピュータ・システムは、ロシアの他の研究拠点と、また、海外の生体バンクともネットワークを持つ予定だ。世界には、今のところ、このような形式での生体材料の統一した低温貯蔵システムは存在しない。

費用は 10億ルーブル(約 20億円)で、2018年の稼働を目指す。

完成したバイオバンクには、世界中の絶滅危惧種と共に、全世界の 430万種類の生物種の生体材料が貯蔵される予定だ。


近未来、米露が核戦争を始めて、
試験管に保存された細胞から生物を再生する為の手段など全然なくなっている位に、
現代文明の施設を含めて、殆どの物が壊されてしまっていたら、
細胞材料の低温保存や、蓄積した材料の分析のための最新のコンピュータ・ブラットフォームの設置など何の役にも立たない世界になっているかも知れないのに、
ロシアが今、20億円もかけて「ノアの方舟」を作る意味は何所に有るのだろう?

現代文明が破壊された後の生物再生の手段としたら、
2008年にノルウェーのスヴァールバルに、アメリカのビル・ゲイツ氏主導で創られたという「世界種子貯蔵庫」の様なものだったら、いざという時に役に立つかもしれないけれど・・・・・

「ロシアを核攻撃すると言うのならすれば良い、ロシアは受けて立つ用意がある」と宣言する意味で、
ロシアは「ノアの方舟」計画を発表したのではないだろうか?

この発表を見て、ロシアを核攻撃するぞと脅したら、プーチンも譲歩するかも知れないと思っていたアメリカの軍部の人々は、如何思ったのだろう?

「しゃらくせ~ 望み通りノアの方舟を役に立たせてやろうではないか」と、思ったのだろうか?
それとも、ロシアへの脅しが効かなかったと分かって、
核攻撃合戦という冒険は止めにしようと、アメリカ政府もアメリカ軍も思ったのだろうか?

昔あったキューバ危機では、
フルシチョフがケネディーの脅しに屈して、核戦争が未然に防がれた事があったそうであるが・・・・・

Comments

標題は何語ですか

和久様の論説大変勉強になります.ありがとうございます.ところで標題はスラヴ系の言語で書かれたものでありますか.ロシア語からの類推で,なんとなく「花は心をもつ」と読めそうなのですが.

元教員様

コメント有難うございます。
論説等と言っていただくと身の縮む思いです。
8年程前呆け防止のためにと娘に推められて始めたブログで、色々な事を教えてもらいましたが、専門的な事は何も知らない只の婆ですので、
他のブログで共感した事を紹介させていただいたり、
ニュースに付いて、素人なりの感想を書いているだけなのです。

という訳で勉強等と期待して頂くと、何時か失望されるのではないかと心配になります。
共感していただける所がありましたら、今後とも宜しくお願い申し上げます。

尚このブログのテンプレートはFC2のサービス欄で見つけたものなのですが、気に入って使わせてもらっています。
kytky maji dusi とはチェコ語で、花は心を持っているという意味なのだそうです。

以前このブログにコメントを下さった方に、チェコの方の研究をしておられる方があったので、
お尋ねした所下記のように教えて下さいました。
KYTKY=花
MAJI=持つ(動詞)
DUSI=心を

となるかと思います。

少しウェブ上で調べてみたところ、KYTKYはKYTKA「花」の複数形のようです。
また、DUSI(正確にはDU?I)はセルビア語にも似た単語でdu?aと言うのがありまして、「魂」を意味しますので、一語一語の意味は上記の通りかと思います。

チェコ語でしたか

和久様 ご教示感謝申し上げます.やはりチェコ語でしたか.「花は心(魂)をもつ」だと直観しました.和久様の解説は問題を実に分かりやすく解き明かしてくださいます.ご活躍をお祈りいたします.

元教員様

私の文が分かりやすいとの事、嬉しいです。
有難うございました。

尚、昨日チェコのことを研究しておられる方と書きましたが、ユーゴの事を書いておられる方でした。そのときのやり取りのリンクが見つかりましたので記しておきます。
http://postyugo.blog.fc2.com/?no=49

dusiは心と共に魂という意味も持っているという事ですが、
お仏壇の位牌を入れる入れ物の事を、日本でお厨子と言いますね。
お位牌=魂という事で、魂の入れ物という事で、あれを厨子と名づけたのではないかと想像しました。

世界の遠い国にも、思いがけず共通する言葉があると知ると嬉しくなってしまいます。

教えていただきましたサイトに入り,お蔭様で知識を増やすことができました.ありがとうございます.kytkyキトキ(おそらく秋田弁のキの発音に近い)は大変興味深い単語であるように思われます.フィンランド語にまで入り込んでいるようですね.調べてみます.

元教員様

東欧や北欧の言語にお詳しいのですね。
お役に立って何よりでした。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2218-6aefbc21

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。