Dendrodium 明けましておめでとうございます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けましておめでとうございます。 

平成26年の大晦日は、日が暮れてから一雨あったらしいけれど、
日中は穏やかに晴れた一日で、洗濯物を2回も干す事が出来たなど、
お天気に恵まれて有り難い年末だった。

明けて平成27年の元旦も、夜の雨が嘘のように良く晴れ渡っていたが、
昨日と違って猛烈な風が吹いていた。
午前中は良く晴れていたのに、午後から曇り始め粉雪が舞い始めた。
2時少し前に初詣に行こうと用意し始めた頃は、
雪はまだちらちらと降っているだけだったのに、
玄関を出たら猛烈な吹雪が始まっていて、初詣を中止せざるを得ない感じになっていた。

平成27年は穏やかなに明けた年と言うべきか、
厳しい新年と言うべきか?

天皇陛下が年頭の書簡を発表しておられる。
天皇陛下のご心配は、昨年も荒れ狂った自然災害に苦しむ人々への御思いと共に、
本年は終戦から七十年という節目の年に当たります。多くの人々が亡くなった戦争でした。各戦場で亡くなった人々、広島、長崎の原爆、東京を始めとする各都市の爆撃などにより亡くなった人々の数は誠に多いものでした。この機会に、満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び、今後の日本のあり方を考えていくことが、今、極めて大切なことだと思っています。
というお言葉の中に、安倍政権がどんどんキナ臭くなっていく事への、
天皇陛下のご憂慮を感じさせられた。

天皇陛下の年頭所感全文
2015/1/1 5:00
 昨年は大雪や大雨、さらに御嶽山の噴火による災害で多くの人命が失われ、家族や住む家をなくした人々の気持ちを察しています。
 また、東日本大震災からは四度目の冬になり、放射能汚染により、かつて住んだ土地に戻れずにいる人々や仮設住宅で厳しい冬を過ごす人々もいまだ多いことも案じられます。昨今の状況を思う時、それぞれの地域で人々が防災に関心を寄せ、地域を守っていくことが、いかに重要かということを感じています。

 本年は終戦から七十年という節目の年に当たります。多くの人々が亡くなった戦争でした。各戦場で亡くなった人々、広島、長崎の原爆、東京を始めとする各都市の爆撃などにより亡くなった人々の数は誠に多いものでした。この機会に、満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び、今後の日本のあり方を考えていくことが、今、極めて大切なことだと思っています。

 この一年が、我が国の人々、そして世界の人々にとり、幸せな年となることを心より祈ります。



今の日本には安倍政権の暴政に、憂慮を禁じえない人々が満ちているようで、
昨夜のNHK紅白歌合戦で、横浜のコンサート会場から中継で出演した、サザンオールスターズの桑田佳祐の話で
ネットが盛り上がっているそうである。(こちら

私も昨夜の紅白歌合戦(後半部分だけだけれど)を見ていたので、
桑田佳祐の歌も、じっくりと聞かせてもらっていた。

私は桑田佳祐が政治的発言をする人だという事を知ったのは極最近の事で、
安倍総理の面前で「突然総選挙なんですと?無茶言う」とアドリブで言ったという話(こちら)を知ってからであった。

昨夜中継されたコンサート中の桑田佳祐は鼻の下にちょび髭をつけていたので、
もしかしたらチャップリンの真似をしているのかなと思ったけれど、
あれはヒットラーの真似だったようである。

昨夜紅白歌合戦で放映された桑田桂祐の歌、その歌詞を聞いた時には、
「こういう歌をここで歌ってくれる人があるとは!!」と感激すると共に、感謝の気持ちで一杯になったのだった。

今午後3時少し前だけれど、1時間のうちに屋外の木々はすっかり雪化粧をしている。
風は治まったようで、細かな雪が静に降り続いている。
道にはまだ積もっていないけれど、夜まで降り続いたら積もるのかも知れない。

思いがけず、白いお正月になった。

今年、どんな事が起きるかは分からないけれど、
善意の人も大勢あるのも事実なのだから、
今年も希望を持って行きたいと思う。

旧年中は色々とお世話になりました。
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

「晴天とら日和」で、紅白歌合戦で桑田桂祐が歌っていた歌の詳細を載せておられたので、
ここに「ピースとハイライト」の歌詞をコピーさせて頂きます。

ピースとハイライト
作詞:桑田佳祐 作曲:桑田佳祐


何気なく観たニュースで
お隣の人が怒ってた
今までどんなに対話(はな)しても...
それぞれの主張は変わらない
教科書は現代史を
やる前に時間切れ
そこが一番知りたいのに
何でそうなっちゃうの?
希望の苗を植えていこうよ
地上に愛を育てようよ
未来に平和の花咲くまでは…憂鬱(Blue)
絵空事かな?お伽噺かな?
互いの幸せ願うことなど
歴史を照らし合わせて
助け合えたらいいじゃない
硬い拳を振り上げても
心開かない
都合のいい大義名分(かいしゃく)で
争いを仕掛けて
裸の王様が牛耳る世は…狂気(Insane)
20世紀で懲りたはずでしょう?
燻る火種が燃え上がるだけ
色んな事情があるけどさ
知ろうよ 互いのイイところ!!
希望の苗を植えていこうよ
地上に愛を育てようよ
この素晴らしい地球(ふるさと)に生まれ
悲しい過去も 愚かな行為も
人間(ひと)は何故に忘れてしまう?
愛することを躊躇(ためら)わないで

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2213-348bf8cd

頭を垂れたら靴の裏も舐める権力の羊となった朝日新聞

孫崎享氏が、今朝のメールで嘆いている。「朝日新聞は最早、報道をすべきことを行えない新聞になっている。安倍首相の広報紙になる事を選択している。」朝日新聞が12月15日付の社説で「投票日の翌日こそが本当の
  • [2015/01/03 14:51]
  • URL |
  • 街の弁護士日記 SINCE1992at名古屋 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。