Dendrodium 北朝鮮に矛先を向けようとしているアメリカ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮に矛先を向けようとしているアメリカ 

国連安保理、北朝鮮人権を初議論
2014年 12月 23日 08:52 JST
 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は22日、北朝鮮の人権問題を議題にすることを賛成多数で決め、同問題について初めて公式に議論した。人権状況の改善を求める強い圧力となり、北朝鮮が反発を強めるのは必至だ。

 議題化に中国とロシアは反対したが、議題設定に拒否権は行使できないことになっている。

 会合では、シモノビッチ国連事務次長補(人権担当)が北朝鮮の人権侵害の現状について報告した。

 安保理では、北朝鮮の核開発問題が既に議題化され、制裁も発動されている。


北朝鮮の人権問題はこれまでも度々話題になっていたけれど、
国連の安全保障理事会で、北朝鮮の人権問題が議論されるのは初めての事だそうである。

ロシアと中国はこの問題の議題化に反対しているそうであるが、
北朝鮮の人権侵害は今始まった事ではなく、
又人権侵害が起きているのは北朝鮮だけではなく、
アメリカの影響下にある国々でも、数々の人権侵害が起きているおり、
これらの国々の場合は、アメリカは人権侵害を行う政府をむしろた助けていると見える場合もあるからだろう。
(ドンパスやルガンスクなどウクライナの東南部地域や、パレスチナのガザ地区等での非戦闘員爆殺etc)

アメリカでは最近アメリカで作られた映画「ザ・インタビュー」(北朝鮮キムジョンウン暗殺映画)が、封切を目前にして、この映画を製作したソニーが何者かからサイバー攻撃を受けた為、
ソニーは上映を中止するという事件が起きている。(一転25日から上映予定

それに対してアメリカの主要新聞やテレビ局が先週一斉に、
「サイバー攻撃をかけたのは北朝鮮であるとアメリカ政府高官が言っている」と報じたそうである。

北朝鮮はその様なサイバー攻撃を掛けてなどいないと抗議しているそうであるが、
アメリカは何の証拠も示さないまま、北朝鮮がやったと決め付けているらしい。

何の証拠もないまま、アメリカが、或る国の仕業と決め付けるのは今に始まった事ではない。

5カ月前、アメリカ政府とアメリカ・マスコミは、声をそろえて、298人が亡くなった、東部ウクライナ上空でのマレーシア航空機17便撃墜は、ロシア政府、あるいはロシアから武器を与えられた分離主義者の仕業だと主張した。ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が、大量虐殺に対する道徳上の責任者だという主張が、全力をあげてのプロパガンダ・キャンペーンの基礎となっている。だが大半の犠牲者の祖国オランダによって行われているMH-17惨事の公式調査は、航空機撃墜にロシアが関与した証拠を提示できるまい。

一年前、バシャール・アル-アサド大統領政権は、ダマスカス郊外でのアメリカが支援する“反政府”軍に対する神経ガス攻撃とされるものに責任があるとして、アメリカ政府とアメリカ・マスコミは同様な対シリア・キャンペーンをしかけた。オバマ政権は、アサドが越えてはならない一線を越えたと宣言し、対シリア空爆を命じたが、同盟諸国内の分裂、特に議会がそのような攻撃を支持しない投票をしたイギリスのおかげで、撤回せざるを得なかった。数カ月後、調査ジャーナリストのセイモア・ハーシュが、ガス攻撃はアメリカ介入の口実を作り出す為“反政府派”自身が仕組んだものだという証拠を暴露した。

この手法は、政権から政権へと続いている。クリントンは、1999年のセルビア爆撃の口実として、コソボにおける残虐行為とされるものを利用した。ブッシュは、2003年のイラク侵略の口実として、“大量破壊兵器”とアルカイダとのつながりという偽りの主張を利用した。オバマは、2011年のアメリカ-NATOによるリビア爆撃、そして、ムアマル・カダフィ殺害で終わった、CIAが支援するイスラム教主義者反乱の口実として、ベンガジで差し迫る虐殺を挙げた。

(紫字部分は、マスコミに載らない海外記事「北朝鮮・ソニー事件、帝国主義プロパガンダのいつもの手口」より)

ロシアとはまだ直接には矛を交えていないけれど、アメリカがこの様な嘘をついてでも或る国を悪魔化するときには、
その国を攻撃しようとしている時と見られる。

北朝鮮のアメリカ企業に対するサイバー攻撃非難に続いて、
今回アメリカは国連の安全保障理事会で北朝鮮の人権問題を議題に出して、更に北朝鮮を非難しようとしている。
という事は新ベンチャー革命が「北朝鮮キムジョンウン暗殺を描いたソニー映画“ザ・インタビュー”公開中止?対朝戦争を煽る米国某勢力の暗躍が透けて見える 」で主張されている通りに、
アメリカは北朝鮮に攻撃を仕掛ける積りなのかも知れない。

もしアメリカの北朝鮮攻撃が始まったら、日本も当然のように巻き込まれるのではないだろうか?
安倍総理の「集団的自衛権行使容認」の閣議決定が、早速実行に移させられるのかもしれない。

そうなったら日本は攻撃されていないのに、先に攻撃をかける国になってしまう。
安倍総理は積極的平和主義という言葉がお気に入りのようであるが、
これを以って平和主義だ等と誰が言えよう。

Comments

相変わらずアメリカ悪党説ですね

一口で言えば相変わらずアメリカ悪党説を展開しているってとこですね。

ななし様

コメント有難うございます。
>アメリカ悪党説

アメリカ人が悪党だと思っているわけではありません。
現在のアメリカを牛耳っている無法者集団(アメリカ憲法を無視している人たち)の事を、悪党だと言っているだけです。

日本にもアメリカの真似をして、憲法無視をしているアウトローがいますけれど・・・・・

そう言えばアメリカは悪党かも

そう言えばアメリカは悪党かもしれませんね。先住民族から国を奪ってアメリカと言う国を作ったのですから。オーストラリアやニュージーランドもそうですね。

ななし様

何所の国も先史以前にはそれに似た事があったのかもしれませんが、
アメリカは歴史が新しいので、それが今の国民にも重くのしかかっているかもしれませんね。
それを反省し恥とする人と、
開き直る人と。

全員が悪人の国などないと私は思っています。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2208-681c8056

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。