Dendrodium 天下分け目の総選挙

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天下分け目の総選挙 

総選挙の投票日がとうとう明日に迫った。
今日久しぶりに立木観音にお参りした。
休憩所にかけられた日めくりカレンダーに、
煤払い
と書いてあったのを見て、
明日の総選挙 
もしかしたら安倍政権に、NOの意思表示が出来るのかもしれないと私は思った。

赤穂義士が吉良家に討ち入りしたのは、雪の深々と降る夜の事であった。
煤払いの夜から翌日14日の明け方に掛けての事であった。

討ち入り後、吉良家の近隣の大名家に幕府が、
「隣で何があったのか気付かなかったのか?」と問いただした時、
近隣の大名は、
「当日は丁度煤払いの日でしたので、吉良家は物持ちだから、煤払いが夜になっても終わらないのだろうと思いました。」と答えたら、
幕府の役人はそれで納得したそうである。

天気予報では日本海側は又雪が積もりそうだと言う。
煤払いの夜から明日に掛けて、雪は深々と降り積もり、
選挙に行く時、雪で出難くなる有権者も大勢出るかも知れないという予想があったが、
これは与党に有利に働くだろうか?

これは意思を持って投票行動をする勢力に有利に働く事だろう。

昔からの義理で、今回も自民党に投票しようとしている農家の人たちが、
大雪で投票に行きにくくなった時、
TPPの件でも自分達農家を裏切った自民党の為に、
大雪を押して迄投票に出かけるだろうか?

赤穂義士討ち入りの日も雪が味方したそうであるが、
明日の義士討ち入り日の総選挙でも、
雪は自民党打倒勢に、味方するのではないだろうか?
私達意欲を持って自民党にNOを投票しようと思っている者が、
大雪をも厭わず、頑張って投票に行ったら、自民党を惨敗させる事が出来るかもしれない。

明日の投票日、
雨にも負けず 嵐にも負けず 雪にも負けず
必ず投票に行きましょう。

Comments

崖っぷち&投票あるのみ

こんばんは。
twitterで「白井和宏さん @shiraiGP 」が【「景気回復、この道しかない」。どうしても「この道、死かない」「この道、死かない」「この道、死かない」と聞こえる。】とつぶやかれました。
私もそう思いました。この道には【戦死。自死。餓死。冤罪死。】しか待っていません。


また、twitterで「秦映児さん @hataeiji 」が【「選挙に行ってもどうせ変わらない」ですか? でも、行かなければ、確実に変わりますよ。 悪いほうに。】とつぶやいておられました。
そう思いました。【投票に行かないと⇒悪いほうに変わります】⇒【超貧困・基本的人権なし】&【戦死・自死・餓死・冤罪死】が待っています。

勝ち誇る蛆虫(マスコミ)ども

今回の選挙では、蛆虫たちがかなり周到な作戦を立てていました。

12月2日の公示直後に、読売、日経、朝日の3紙が
「自公で300議席を超える」という世論「調査」を出しました。
これはバンドワゴン効果といって「もう勝負は決まってるよ。
与党へ投票して勝ち馬に乗った方が得だよ」と言っているのです。

投票の5日前には毎日新聞が「自公で3分の2を越す勢い。
自民党単独での3分の2もあり得る」と書きました。
(3分の2とは317議席です。)
野党へ投票しようとする者たちへ、「もう今から何をしても
無駄だから止めなさい」と念を押しているようなものです。

ある調査によれば、前々回の総選挙でのテレビ報道96時間に対し
今回は25時間しか報道がないそうです。たった27%しかない。
テレビ局の人間に尋ねたら、「国民の大部分が選挙に関心ない。
視聴率が取れないので報道しないだけだ」と答えたそうです。
そんなこと言ったって、報道もせずに関心が低いとなぜ分かる?

NHKは政府直轄報道機関として、露骨な安倍ヨイショをしています。
具体的な事例をいくつでも証拠として示すことができます。
しかし、そんなことをやっているとあまりに腹が立って私の
精神衛生上よろしくないので、止めておきます。

1日の始まりはいつ?

ちょっと本筋とは関係ない話なので恐縮です。

>赤穂義士が吉良家に討ち入りしたのは、雪の深々と降る夜の事であった。
>煤払いの夜から翌日14日の明け方に掛けての事であった。

現代の考え方では、午前0時に日付が変わります。
12月14日に赤穂義士が討ち入りして午前0時を過ぎたのだから
日付は15日になった、とつい思ってしまいます。

しかし、明治5年まで太陰暦で暮らしていた時代の
日本人にとっては1日の始まりは夜明けだったのです。
より正確には「日の出の約30分前」です。

京都で生まれた私は、大晦日になると除夜の鐘を聞きながら
八坂神社へ家族と「おけら参り」に行きました。
近所の人に会うと「明けましておめでとうございます」と
元気よく挨拶して、「まだ明けてない」と叱られたものでした。

しかしテレビでは「行く年 来る年」でアナウンサーが
「皆様、新年明けましておめでとうございます」と言っていました。
子供心には、なぜ叱られるのか納得できませんでした。

昔は今と違ってカウントダウンなぞなかったのです。

馬様

コメント有難うございます。
例え行っても駄目だとしても、
行かなかったら確実に駄目なのだったら、
もしかしたら有効かもしれない方を選ぶべきでしょうね。

兎に角、無茶苦茶な事をやった安倍政権を、承認しないという意思表示に、
私は必ず投票に行くつもりです。

お互い万難を排して、投票に行きましょう。
  • [2014/12/14 08:21]
  • URL |
  • 和久希世    
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

隠居老人様

コメント有難うございます。
マスコミのやっていたあれは、バンドワゴン効果というのですか。
何から何までマスコミは現政権応援なのですね。
でもテレビでしょっちゅう顔を出している安倍総理の顔に引かれて、自民党に投票する為に足を運ぶ気になる人があるとは思えませんが・・・・・

討ち入り日の事、ウィキペディアを見ましたら、
討ち入りは、12月14日夜で、15日未明と書いてありました。

私は煤払いの話(作り話?)から、12月13日夜から翌14日未明なのかと思っていたのですが、思い違いだったようです。

そう言えば当日吉良上野介は、茶会をやっていたという話でしたね。
煤払いの当日に茶会等するはずがありませんでした。
忠臣蔵は人気の出し物だから、色々な話が創作されているのでしょう。
いい加減な事を書いて済みませんでした。

こちらは今のところ投票に支障のないお天気ですが、全国的には如何なのでしょうね。

投票率が高くても、低くても与党にNOの選挙結果が出る事が願われます。

選挙管理委員会という目立たない蛆虫

今日は全国的に厳しい寒さです。
北日本では雪が降っている所も多いようです。

1998年、選挙の投票率を上げるためにそれまで午後6時まで
だった投票時間を午後8時までに延長しました。

2001年、自治体毎に投票時間を決められるようにしました。
すると、投票時間を短縮する自治体がどんどん増えて
本日の選挙では約36%の投票所で午後8時まで開いていません。
午後6時や7時で閉鎖してしまいます。

離島などで開票所まで投票箱を船で運ぶのに時間がかかる。
だから仕方がないが午後6時に締め切るというのは理解できます。
しかし、そうでない場所で投票時間を短縮するのはなぜですか?

選挙管理委員会蛆虫の厭きれた言い草は次のようなものです。

● 午後8時までだと、立会人に過剰な負担をかけるから
● 立会人を確保するのが大変だから
● 期日前投票が普及したから

まったく厭きれた阿呆どもです。
 
 .

隠居老人様

そういえば前回の総選挙の時、
突然投票時間を短縮した自治体があったという報道を見たような気がします。
今回もそんな事が、無きにしも非ずかも知れませんね。
私も晩くならないうちに投票に行きましょう。

投票所に着いたらもう閉められていたなんてがっかりですものね。

これが投票率を下げる最も有効な手だと、思われていたりして・・・・・

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2198-bd2b91eb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。