Dendrodium ムサシを許すな ムサシに負けるな!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムサシを許すな ムサシに負けるな! 

今朝の京都新聞一面トップは、自民党の獲得議席が300になるだろうと言うものだった。
読売や朝日新聞にもそういう報道が出ていたそうだから、
これは国を挙げてのキャンペーンのようである。

あんな安倍政権の自民党に、そんなに投票する人がある筈がないのに、
300議席も当選させたら国民が訝るだろうという事で、
事前に300議席という予想記事を書いて置いて、
国民に300という数字が可笑しいとは思わないように、
いわば洗脳しているのではないだろうかと、
私はこの記事を見た時思った。

どうせ今回もムサシ君が活躍するのだろうから、
投票するだけ馬鹿を見るという意見もあるけれど、
でもやっぱり、安倍政権にNOを言うために、投票に行こうと私は思う。

この選挙で安倍自民党を勝たせてしまったら、
世界中の人々に、日本人全員があの安倍総理のような歴史認識を持った、
そしてヘイトスピーチを容認するような偏狭な人間だらけかと思い違いされるだろう。

自民党を勝たせるという事は、安倍晋三を認める事になるのだから、
例え、ムサシに謀られる危険があるとは言っても、
最後の最後まで諦めず、
私は何としても選挙に行って、安倍政権反対の投票をしたいと思う。

Comments

摩訶不思議

本当に、不思議ですね。
それまでのマスコミの論調とか、有識者の判断は、『前回勝ちすぎたので、今回は必ず議席が減る』だったのですよ。
ところが、・・・
前回以上の大勝利など、思わず、『まさか』『ありえない』と叫んでしまいました。
この調査結果ですが、今まで、すべてのマスコミが表で言っていた話と大きく違うのですよ。
マユツバどころの話ではない。
この記事で仰られているような、トンデモナイ筋書きも十分に考えられるような、何とも胡散臭い話です。

今回ぐらい不思議な選挙もありません。
そもそもの選挙に大義が無いことは、自民党の小泉政務官も繰り返し指摘している事実なのです。
しかも、テンションが高いのは安倍晋三一人で、後は与党も野党もマスコミも、全員が白けている。
マスコミですが誰一人も今回の解散、総選挙を賛成していない、産経新聞さえ、支持していないのです。
唯一の例外が、読売新聞なのです。
そういえば、解散を一番速く(11月9日)に報道したのも読売新聞だったのです。
読売が書くと、あれよあれよと言う間に解散風が吹いて年末選挙に突入した。

宗純様

コメント有難うございます。
原発被害やアベノミクス被害等に、国民が気付かないうちに、
投票率の少ない年末に、
野党が選挙準備できていない時を狙って、
その他にも色々あるのかもしれませんが、
自分たちにとって一番有利な時を狙って、内閣不信任案が可決したわけでもないのに、
突然解散を宣言する等、余りに酷いやり口ですよね。
その上不正選挙で、議席まで増やそうともくろんでいるとしたら・・・・・

先日亡くなった菅原文太さんが、政府がアメリカに言われて無用の馬鹿でっかいものを造って無駄遣いしていた頃の建物を見ながら、
(そもそも総研タマペディアの)玉川さんと話しておられた時の映像を、朝日放送で見たのですが、
菅原さんが、ちょっと間を置いて、
「腹立つな~」と言っておられたのが印象的でした。

将に、腹立つな~ って感じですね。

一部の人しか憲法違反と言わない

弁護士の郷原さんがブログで今回の解散総選挙は憲法違反ではないかと書いておられましたが、私も素直に憲法条文を読む限り法的裏付けに欠けるように思います。
衆議院に内閣不信任を決議された対抗策としての解散権は69条に銘記されていますけど、天皇の国事行為を定めた7条の条文は首相の権限を定めたものではないからそれを根拠にできないはずです。昭和28年の統治行為論に基づく最高裁は(7条解散を違憲とは)判断せず、という結論においても真野毅氏の補足意見として本来認められないと銘記されています。
私は、いままで7条を根拠にする解散がなし崩し的に行われてきたから今回もオーケーになっているだけで、「閣議で憲法解釈を変えて良い」という事と同様法的根拠のない恣意的なやり方と思います。これからも誰も止めなければ法的根拠がなく、しかも日本の将来をも大きく変えてしまいかねない決定を次々としてしまうかもしれません。

選挙、棄権だけは避けたいですね。

期日前投票の筆記用具に関する疑問

期日前投票へ行ってきました。

以前から疑問に思っていたことですが、
「必ず備え付けの鉛筆を使用するように」と
くどくどくどくど繰り返し言われました。
持参したボールペンを使いたいと抗議してもダメでした。

実は私と同じ疑問を感じている人は大勢います。
ある人は、前回(2012年)の総選挙で
総務省自治行政局選挙部管理課へ抗議文を出したそうです。
その返事を以下にコピペします。

>>
【回答】
 投票に使用する筆記具の指定については、
公職選挙法上の規定はありませんので、
各市町村において最も適切と判断された筆記具が、
投票所には用意されていると思われます。

 なお、一般的に以下の理由により、各市町村に
おいては鉛筆が用意されるケースが多いようです。

・他の投票用紙への字写りや滲みを防ぐため。
・備え付けの消しゴムで書き直せるため。
(ペンでの取消し線による訂正は、書き方によっては
「複数記述」として無効票になる可能性があります。)
・経費節減のため。(鉛筆は芯が折れても削れば良く、
ボールペンと比べて安価です。)
<<  引用ここまで

これは、突っ込みどころ満載の回答ですね(笑)

ボールペンは字写りする?
水性、油性どちらですか? どこのメーカーですか?

鉛筆はボールペンより安い???
百円ショップで価格を比較してみなさい。

鉛筆は消しゴムで書き直せるから良い??
だ・か・ら、勝手に書き直されては困るから抗議している!
それとも、総務省では公文書作成には書き直し
やすい鉛筆を使用しているのでしょうか?

rakitarou 様

コメント有難うございます。
やっぱり憲法違反ですよね。
小泉郵政改革の時も、参議院で否決されたのに衆議院を解散するなんて可笑しい、としきりに言われていましたね。
与党有利のうちに自由に解散できるとしたら、
失政の結果の出る前の方が、信認を得やすいとか、
悪い事を決めたい時、まず解散して新規に選びなおされて置いた方が、悪事を完成させ易い等、
国民を騙す為に自由に解散権を利用され得るから、
民主主義の精神に反するな~と感じていたのですが・・・・・

隠居老人様

コメント有難うございます。
>鉛筆は消しゴムで書き直せるから良い??
だ・か・ら、勝手に書き直されては困るから抗議している!

やっぱり、選管の方も書き直したいのでしょうね。
酷いものですね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2189-ebabee0e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。