Dendrodium 「ダメよ~だめだめ」「集団的自衛権」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ダメよ~だめだめ」「集団的自衛権」 

「ダメよ~」「集団的自衛権」=今年の流行語大賞発表
 今年の流行や世相を反映した言葉を選ぶ「2014ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)が1日発表され、政府が行使容認の閣議決定をした「集団的自衛権」と、人気お笑いコンビ「日本エレキテル連合」のギャグ「ダメよ~ダメダメ」の2語が年間大賞に選ばれた。

 表彰式に出席した日本エレキテル連合の2人は、「冗談で『今年は流行語大賞を取るぞ』と話していたら本当になった」と喜びを爆発させ、「来年も応援してくれなきゃ、『ダメよ~、ダメダメ!』」と会場を沸かせた。一方、「集団的自衛権」は対象者が受賞を辞退したという。
 年間大賞以外のトップテンには、ゲームがヒットして関連商品が飛ぶように売れた「妖怪ウォッチ」や、ディズニー映画の主題歌「ありのままで」、スキージャンプ競技の葛西紀明選手らの偉業をたたえる称号「レジェンド」などが並んだ。
 社会問題では、使用者による深刻な事故が相次いだ「危険ドラッグ」や、妊娠による降格は違法との最高裁判決で注目を集めた「マタハラ」がトップテン入り。このほか、女性が憧れる告白シーン「壁ドン」やNHKドラマのナレーション「ごきげんよう」、広島東洋カープの女性ファンを指す「カープ女子」が入選を果たした。
 今年は物議を醸す記者会見が相次いだことから、「STAP細胞はあります」「ゴーストライター」「号泣会見」といった候補もノミネートされていたが、選ばれなかった。(2014/12/01-19:26)


今年の流行語大賞には何が良いか、トンと思い浮かばないでいたのだけれど、
発表を聞いた時、最も相応しい決まり方をしたと思った。

「駄目よだめだめ、集団的自衛権」
これに「その通り」と続けるともっと良いかも・・・・・

昨日菅原文太さんが11月28日に亡くなっていた事が分かったという報道があった。
朝日放送報道ステーションでは、菅原文太さんの訃報を聞かれたペシャワール会の中村哲さんのコメントを放送していたそうであるが、中村哲さんも残念がっておられたそうである。
中村さんのコメントは夫が聞いていたのだけれど、私は入浴中で残念ながら聞けなかった。
菅原文太さんはペシャワール会の活動を報告するDVDのナレーションをしておられたので、アフガニスタンで菅原さんの訃報を聞かれた中村哲さんも、残念がられるのではないだろうかと、夫と話していたところだったが、
まさか報道ステーションが電話でではあるが、アフガニスタンの中村さんに迄インタビューをするとは思いもかけなかった。
菅原文太さんと中村哲さんは10年来の付き合いで、「平和と言うことや無農薬を広めることなどを大きなテーマにしていた」そうである。(こちら

今朝の朝日放送モーニングバードでは、菅原文太さんの特集をやっていた。
菅原文太さんは沖縄の県知事選挙運動の最中の11月初め、
翁長候補を応援する為、沖縄まで出向き応援演説をしておられたそうである。(こちら
10日に沖縄県知事に就任される翁長さんは菅原さんの訃報に接し、
「一度しかお目にかかっていないのに、身内を亡くした様な寂しさがある。」と語り、
「政治の役割は絶対に戦争をしないことだ」と訴えた菅原さんの言葉を、
「遺言だったのかな」と振り返られたそうである。

モーニングバードの「そもそも総研タマペディア」の、玉川さんは数年前から菅原文太さんと親交があり、
菅原さんはタマペディアでの報道を何時も見ておられたらしく、
時々電話で感想を述べておられたそうである。
菅原さんは原発や集団的自衛権行使容認への変更、震災復興の遅れを大変心配しておられたと言う。
特に戦争は絶対にしてはいけない、と常々言っておられたそうであるが、
菅原さんの親族には何人も、先の戦争に行って亡くなったり、心身を傷つけられた人があったので、
戦争の忌まわしさを、身に染みて感じておられたのだろう。

先日亡くなった高倉健さんと菅原文太さん、
2歳違いの硬派大物俳優が立て続けに亡くなったが、
どちらも芸だけでなく、人間的にも優れておられたようで、
惜しい方々が亡くなったのだな~と、改めて残念な思いである。
実を言うとお二人の若い頃私は、
お二人とも、や~さん映画に出ている人であるという事で、毛嫌いしていたのだった。
お二人を見直したのは、晩年になられてからの事であった。
先入観で人を判断してはいけないという事を改めて強く感じる。

追記
菅原文太さんの沖縄での県知事選応援演説等、詳しい情報を書いておられるブログを記しておきたい。
wakaben6888のブログ
http://kimbara.hatenablog.com/entry/2014/11/03/153154

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧様

コメント有難うございます。
そう言えば、総選挙の時に最高裁判事の国民審査が有るのですよね。
最高裁判事さえちゃんと仕事をしてくれていたら、
安倍政権だってあんなに迄やりたい放題は出来ないはずなのですから、
ちゃんと審査せねばならないですね。
でも最高裁判事がどういう人であるかの情報が乏しすぎ、
良いか悪いか判断できないという状態で、
何時も全員が国民審査を通ってしまっています。

あんなことを黙って見ている最高裁判事なのだから、
個人的に正しいと知っている判事以外は、
全員に×印を入れるという手もありますね

トラバありがとうございました。当方からも送信を試みましたが失敗しました。

おのま様

コメント有難うございます。
貴ブログに菅原文太さんの事を書いておられるのを見て、
私も菅原文太さんの事を書いていたので、嬉しくなってトラックバックさせて頂きました。
彼の沖縄での応援演説は素晴らしいものだったようですね。

尚、TBは何時もは通るところでも、突然通らなくなったり、暫らくすると又通るようになったりと、ややこしいですね。

ご連絡有難うございました。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2188-99f5d1a2

秘密保護法「絶対反対の意志表明」 映画人らメッセージ 2013年12月3日

1年前の記事です。 今、事態は更に悪化しています。 秘密保護法「絶対反対の意志表明」 映画人らメッセージ 2013年12月3日 ・・・・・ 高畑勲・アニメーション映画監督  「安倍晋三(首相)は、明るそうな顔して、私たち日本国民を、いったいどこへ連れていこうとしているのでしょうか。こんな政権を支えている連中にも怒りがこみ上げますが、安倍政権を生み出してしまったのが他ならぬ私た...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。