Dendrodium 属国直接支配?外国人を大臣に据えようとしているウクライナ政府

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

属国直接支配?外国人を大臣に据えようとしているウクライナ政府 

マスコミに載らない海外記事「外国人がウクライナ政府職務につけるよう、法律改訂を狙うポロシェンコ大統領」には驚いた。
驚いたと言うより呆れたと言う方が当たっているかもしれない。
ウクライナ大統領は、外国人を政府の最高地位に任命するのを可能にする為、ウクライナの法律を変える計画を発表した。そうである。

ポロシェンコは、外国人を新設された反汚職庁のトップに任命することも示唆した。彼は“ウクライナの政治エリートとのつながりがない”ので、外国人には、特に強力な“強み”があるとまで述べた。と言う。
大臣の中でも反汚職庁のトップだそうだから、ウクライナ政権の独立性は決定的に犯されてしまうことだろう。
ウクライナを陰で操ろうとしている外国勢力にとって邪魔な閣僚は、
事実であれ捏造であれ、いつでも汚職容疑で排除できるのだから・・・・・

ウクライナ人はこんな政府を作りたくてデモをやったのではないと、幾ら悔やんでも悔やみきれない思いだろう。
その上、あのデモはEUに入りたいのに、EUよりもロシアとの関係を重視しようとする前大統領に反発して起こされたものであった。
そのデモをEUは全面的に応援しているかに見えていたから、
デモ参加者たちはヤヌコビッチ前大統領を追っ払いさえしたら、
直ぐにでもEUに入れるものと思っていた事だろう。
ところがEUはウクライナを、加盟国として歓迎する準備ができていないと述べているのだそうである。

"わが軍と、NATO軍との協力と適合性を深めており、NATO標準に向け再編成している。”
ウクライナで改革を実施すれば、ウクライナは、5年で、EU加盟申請できるようになるだろうと彼(ポロシェンコ・当ブログ註)は述べた。EU加盟は、今年早々の武力クーデターに至ったマイダン抗議行動に参加した人々の主な要求だった。
ポロシェンコの熱望にもかかわらず、EU当局は再三、ウクライナを加盟国として歓迎する準備ができていないと述べている。


ウクライナの人々にしたら詐欺に会った様なものだろう。
クーデター等起こさなかったら、EUともロシアともそこそこの関係を続けて行く事が出来、ロシアもガス代金を安くしてくれていた。
それが、デモの最後に誰かが暴力を振るって、ヤヌコビッチ前大統領を追い出してしまってからは、
どんどんと事態は悪化の一途を辿っている。
特に東南部ウクライナの人たちにとっては悪夢のような半年だった事だろうが、
キエフの人々にしてもこのクーデターによって、暮らし向きを厳しくされた人々が大部分なのではないだろうか?

その上、クーデターの目的であったEU加盟も、ウクライナが神妙に西側の言う事を聞いていたら、
「5年後にはEU加盟申請できるかもしれない。」と、
クーデターで地位を得た大統領に言われているのである。

ここでウクライナ国民が、約束が違うと言って再びデモを始めたらどうなるだろう?
東南部でクーデター政権がやっていた事を見たら大体想像がつくから、
怖くて誰も反政府デモを始める事など、考える事も出来ないのかも知れない。

外国人の”反汚職大臣”招聘によって、
ウクライナは西側の直接支配下に置かれる事になるのだろう。
しかし、ウクライナはEUには入れて貰えない。
EUの一員としての権利はなしで、
EUの支配下に置かれるだけという事なのだろう。
このEUを陰で操っているNATOの思惑に沿った国に創りかえられるために、
ウクライナ国民は昨年秋から寒さをこらえて、長い間デモを続けていたという事になる。

このウクライナの状況はアメリカの州のひとつにはされないけれど、
アメリカの支配下に置かれている日本と、ちょっと似ている様な気がする。
アメリカが被支配国を、自国に含めないのは、
属国民にアメリカ国民としての権利を与えない為であって、
決してその国の独立を侵さないためなどではない。

その上、属国を属国のままにして置く事によってアメリカは、
外国を併合するような野蛮なことはしないと言って、
世界にアメリカを公正な国であるかのように騙りアピールする事が出来る。

日本にはアメリカ人の大臣を入れなくても、日本人が充分宗主国の為に働いてくれる。
日本人の大臣でアメリカは、充分属国支配が出来るという事のようである。
12月14日の総選挙で、属国支配は更に強められるのだろうか?
それとも私達は、属国支配人・自公政権にNOを表明できるのだろうか?

(紫色字部分はマスコミに載らない海外記事よりの引用部分)

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2186-0b48c664

アメリカ人、グルジア人とリトアニア人、ウクライナ新政府要職に就任

公開日時: 2014年12月2日 22:49Russia Today キエフでのヴェルホーヴナ・ラーダ(議会)国会政府閣僚席のアルセニー・ヤツェニュク首相(右から三人目)(RIA Novosti / Nikolay Lazarenko) ウクライナ新政府の主要大臣となる為、アメリカ、グルジアとリトアニア国民が、早々と、
  • [2014/12/04 15:10]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。