Dendrodium 40年を超えた原発まで再稼動したがる電力会社

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40年を超えた原発まで再稼動したがる電力会社 

関電が高浜原発2号機の保安規定変更認可を申請
 関西電力は11日、来年11月14日に運転開始から40年となる高浜原発2号機(福井県高浜町)について、10年は安全な停止状態を維持できるとする高経年化技術評価などをまとめ、原子力規制委員会に保安規定変更認可を申請した。

 規制委が昨年6月に出した高経年化対策のガイドに基づき、原子炉機器などの劣化状況を調査。保守管理で安全な冷温停止状態を維持できると結論付けた。

 高浜2号機の保安規定変更認可は、運転開始から40年となる日の1年前までに申請しなければならなかった。40年超の運転を行うには、特別な点検などを行ったうえで平成27年4~7月に申請することになっている。


40年超原発 運転は各社判断と菅官房長官は言っているそうである。

民主党政権の時再稼動は原則40年未満の原発と、原則という文字を入れていたのが気になっていたが、やっぱりこういう事を目論んでいたのだろう。

要するに電力会社は古い原発でも、
再稼動申請中という事にしておけば、廃炉作業に費用を掛ける事もいらないし、
総括電価方式で古い原発も発電の為の資産として置く事が出来たら、
電力料金を高く設定できるから、
危険を犯してでも、原子炉を何時までも使い続けたがるのではないだろうか。

又世界的に実現は無理と、ほぼ諦められているプルサーマル計画に、
いつ迄も固執しているのも、
使用済み核燃料を発電の為の資産として計算できたら、
総括電価方式で電力料金を高くする事が出来るからだろう。

使用済み核燃料も、必要な処理を施して安全な所に保管処理等したら、
使用済み核燃料は只のゴミになってしまうから、
電力会社はどんなに危険であっても、今まで通りに、
プールで冷やし続けているのだろう。

総括電価方式がある限り、電力会社は使用済み核燃料の処理も、
原発の廃炉も出来るだけ逃れようとするだろう。
政府は地震国日本では、原発や使用済み核燃料が、どんなに危険なものであるか分かっていても、
こういう身勝手な電力会社の意向に従って、
使用済み核燃料の保管処分もせねば、
古い原発の廃炉指示も出さない。

それ処か莫大な国費を使って、成功の見込みもないプルサーマル計画を維持し続けている。

今後原発や使用済み核燃料によって、
日本国土が人間の生存に耐えない土地となったら、
電力会社は倒産して、総てをホッタラカシにして逃げればよい、と思っているのかも知れない。

今早急にせねばならない事は、個別の再稼動に反対する事と同時に、
「総括電価方式」の見直しではないだろうか?

法律で脱原発を決めていてもTPPが発効したら、
TPPのISD条項で、原発の稼動を禁止できなくなる恐れがある。
総括電価方式の抜本的見直しをして、
もしTPPが発効しても、原発を続けたがる業者がいなくなるように、
設定し直しておく必要があるのではないだろうか?

Comments

廃炉の費用

毎日新聞の11月12日の記事によると、
国際エネルギー機関(IEA)は2014年版「世界エネルギー展望」を公表し、
世界の原発の廃炉にはIEA:世界の原発廃炉に40年までに11兆円超と試算しているのですが、
経済学者の金子勝はツイッターで、

『IEAは、2040年までに原発434基のうち約200基が廃炉になり費用を約11兆円と試算。
だが、英国廃炉庁は1基3千億円と見積もる。これだと60兆円になる。IEAは原発推進機関ですから。 』
と指摘する。
IAEの計算だと1基当たりなら英国の試算の6分の1の、たったの500億円ですよ。
英国の試算の3000億でも安くて、本当はもっと2倍以上金がかかると言われています。
小型原発では経験があるが、今の様な100万キロワット級の大型原発は未経験であり、金額が未知数なのです。
500億では核燃料の取出しとか原子炉の解体は到底無理であり、多分このIEAの
廃炉の意味ですが、これは解体をしないで、原子炉を丸ごとコンクリートで覆う石棺方式ですね。
原子力ムラですが日本も酷いが世界でも事情は同じなのです。
それにしても無責任な腹立たしい話です。
 

宗純様

コメント有難うございます。
こういう状態でも、まだ原発を新設しようとしているのですから、
世界中の指導者が狂ってきているという事でしょうか?
地球全体が、イースター島の事を笑えない状態にある様ですね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2170-aa25e600

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。