Dendrodium 極東に平和が戻って来る?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極東に平和が戻って来る? 

日中首脳が会談 安倍政権で初
2014年11月10日 夕刊
 【北京=高山晶一】安倍晋三首相は十日昼(日本時間同日午後)、中国の習近平国家主席と北京市内の人民大会堂で会談した。首相は、第一次安倍政権で掲げた「戦略的互恵関係」の原点に立ち戻り、両国が未来志向で関係改善を図るよう呼び掛ける考え。日中首脳会談は、二〇一一年十二月に当時の野田佳彦首相と胡錦濤国家主席が会談して以来、約三年ぶり(国際会議などでの短時間の接触を除く)で、第二次安倍政権では初めて。 

 会談で、首相は、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)などで偶発的な衝突を避けるための「海上連絡メカニズム」構築に向けた協議を求めたとみられる。習氏は、歴史認識問題などで首相に譲歩を求めた可能性がある。


これ以外にも「プーチン 安倍両首脳 平和条約準備を取り決め
という記事もあった。

今回の北京APECの首脳会談では、画期的な事が次々と行われようとしている。
これで日本は幾らかまともな運営をする事が出来る様になるのかな?
それともこれらは、噂されている年内解散の為の事前運動の様なもので、
前回総選挙の時と同じで、自民党は総選挙に勝ったら、当然のような感じで、
公約と真反対の事をする積りなのかな?

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2166-b5ef998b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。