Dendrodium 皇室の権威を落とす取り組みの一つに、抗議してみたけれど・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皇室の権威を落とす取り組みの一つに、抗議してみたけれど・・・ 

昨日はもう立冬だった。
だから今日のような穏やかな日は、小春日和と言うのだろう。
こんな小春日和の穏やかな日は・・・・・
山口百恵の歌が思い出されるが、
あの頃の日本人は、本当に希望に満ちていたな~と思う。

今日ブログに何を書こうかなと思った時、余りに大きな問題が目白押し、
勝手にどんどん日本を売って行ってしま政府に、
何を書いても無駄なような気がして虚しくなって、何にも書く気がしなくなっている。

先日来私が或人達と、皇室に関する事で、詰まらない問答をしていた事でも書こうかな?

彼女達は政治の事など全然関心がなく、皇室の噂をしているのも、いわば芸能人の噂をしているのと大差ない感覚。
その底にあるのは、もしかしたら、皇太子妃を藤原氏から奪った憎っくき女として、民間出身の皇后美智子様が、憎くてたまらないという情念なのかも。

日本の寶として皇室を余り悪し様に言わないで欲しいと、皇室の悪口を見ると黙っておれなくなるたちで、又しても私は皇后様非難をしているブログに、口出ししてしまった。(こちら

彼女達には日本が原発の危険に曝されようが、平和憲法が蹂躙されて戦争に巻き込まれようが、全然気になられないようである。(コメントされた方々の中でお一人だけ、私への支持を表明して下さった方があったけれど・・・・・)
私には皇后陛下の慈愛に満ちたお言葉は本物と感じられるのだけど、
彼女達にはそれはうわべだけのように見えるらしい。
だから何としても根性悪の皇后陛下の、化けの皮をはがしてやるという執念に燃えておられるらしい。
雅子妃をあれ程バッシングするマスコミが、皇后陛下の事を褒めているのも、気に触ってならないという事のようである。

世の中には褒め殺しというやり方だってあるし、
権力者には、皇后陛下を嫁いびりの姑に仕立てるために、宮内庁職員の一部を抱き込んで、
色々と細工する事だって出来るのに・・・・・

尤も、現在の日本が皇室の存在で、
息を吹き返せるものかどうか心配な所ではあるが・・・・・

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧様

コメント有難うございます。
お心遣い感謝します。
それから色々教えて下さって、有難うございました。

はじめまして。

和久さま、はじめまして。
いつもこちらのサイトで勉強させてもらっております。

皇室問題INDEXさんのコメント欄にて、和久さまへの賛同を表明した者です。

私は以前から「皇室問題INDEX」や「皇居の台所」や「列外派星くず日記」における美智子さまバッシングは、アンチ東宮がやっている雅子さまバッシングと何ら変わりはないではないか!と憤っておりました。
そんな折、和久さまのブログと出会い、自分の考えは間違ってなかったのだ…と思うことができ、勇気をいただきました。

これからも勉強させていただきたいと思います。
ありがとうございました。

まいこ様

コメント有難うございました。
あの時あのブログでのコメント欄は、私への攻撃一色でしたので、
まいこ様のコメントは干天の慈雨の感じで、
殊の外有り難く感じられたのでした。
その謝意を表したいという思いも、この記事を書いた動機のひとつでした。
有難うございました。

その後あのブログでも、皇后陛下バッシングをいさめる意見も、少しは出てきたようですが・・・・・

返信、ありがとうございました。

皇室問題インデックスは、アンチ東宮サイトよりもタチが悪いかもしれません。

今朝がた、再び、和久さまへの応援メッセージと自分の意見をコメントしたのですが、削除されてしまったようです。

文面を見ても陰湿な感じがしますし、まだアンチ東宮サイトのほうがマトモに思えるぐらいです。

和久さまの、立ち向かう姿に感動しております。

まいこさんの私へのお心遣いには感謝しています。

でも私はINDEXさんは話の通じない方ではないと思います。
彼女は、多分いろいろな経緯から、皇后様への疑いに囚われられただけで、
根は良いお方だと私は思っているのですよ。

秋篠宮家だけ報道を規制する取り決めがあるということだって、
見つけてきて下さっているのですよ。

私としては皇室を大事にして行きたいと言いたいだけですので、出来れば仲良くさせて頂きたいと願っていますので・・・・・

和久さまの思い、理解できました。

これからも、応援しております。

まいこ様

有難う。
これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

雑感

皇室INDEXにおける奮闘拝見しました。

私は皇后さまよりも、やはり東宮ご一家(とくに皇太子殿下)に、より正統で、より清らかなものを見ております(私自身が幼少期から、いかに皇太子様=当時の浩宮さまがご立派かということを聞かされてきたからかもしれません)。

その皇太子さまを、人望がないから廃太子に、などという「東宮バッシング」は、日本国にとっても、人道的にも忌々しき大事であると思います。

ただ、返す刀で、両陛下をバッシングするのは「同じ穴の貉」ともいうべきで決してやってはならぬこと。それは、両陛下はともかく、秋篠宮さま、秋篠宮妃殿下には野心がある、などというのも同じこと、厳に慎むべきことではないかと思います。

すべて皇室の権威を貶める以外の何物でもないからです。

ただ、私は、両陛下にはもう少し温かく、かつ誰が見てもさすがに両陛下だと思えるような行動を取っていただきたいとも思っております。それはひとえにもふたえにも、陛下が「史上まれにみる暗君」「晩節を汚す」と言われることを恐れての事でもあります。

両陛下と皇室の弥栄を祈ってやみません。

再稼動反対行進に参加しないの?

皇室INDEXで教えてくれた反原発行進に参加しないの?
反対の声を出しながら行進するのは、なまっちろく政治問題を語るよりも、もっともっと政治問題を真剣に考えている事です。

再稼動反対行進に参加しますよね?

一緒に行きましょうよ。

午後5時ぐらいに東京駅で合流しましょう!

目印は何がいいかしら?

趣旨は違うけれど、拉致問題の解決を願う象徴のブルーリボンを手首に巻くのはどうかしら?

ね、一緒に行進しましょうよ!

大我楼2014 様

コメント有難うございます。
皇太子様がどんなに節操の固い誠実な方であるかに付いては、私も感嘆している所です。

雅子様ご発病前、皇太子様が雅子様の事に付いて、マスコミに訴えられた時、
両陛下が皇太子様はああいう事をされない方が良かったと、お傍の方に仰ったと言う話も聞きました。
それでも両陛下は冷たい方ではないと私は思います。

陛下は皇太子殿下だった時代からずっと、
皇室がマスコミの毒牙に曝され続けて来たのを、つぶさに見て来られた方です。
下手に批判などしたら「倍返し」どころでは済まない事を良くご存知だったのだと思います。

昨年春皇太子ご夫妻がオランダ国王に招かれて、
何年ぶりかの海外ご公務を、オランダでなさる事が出来たら、
それが雅子様の自信につながって、ご快癒が近づくのではないかと期待されていた頃、
安倍政権はこの属国状態の日本が主権を回復した日だと偽って、
「主権回復の日」の記念式典なるものを目論み、
両陛下に出席を要請しました。
両陛下は嫌がっておられるという噂でしたが、
余り喜ばしそうなお顔ではないものの、御揃いで出席されました。
(あの主権回復の日の式典は評判が悪かったのかあの年だけでしたが・・・・・)
天皇陛下がもし体調の為、あの式典への出席を拒否されていたら、
皇太子ご夫妻はご病気の陛下を置いてオランダに行かれる分けには行かないでしょうから、
オランダでのご公務は取りやめにせざるを得なくなっておられた事でしょう。

それで両陛下は事実に反する主権回復の日なる行事へ、耐えがたき思いを耐えられて、ご出席なさったのだろうと、私は拝察しています。

両陛下が東宮様バッシングの大元であったなら、
雅子様の再起のきっかけになるオランダ訪問の邪魔をする事位簡単に出来られた事なのです。

でも両陛下はそんな事をなさるお方ではありません。
只、お若かった皇太子様よりより苦労されただけ、
軽はずみな事を控えておられるだけだと思います。
(皇太子様もあれ以降、マスコミに訴えるような事をなさらないのは、それに気付かれたからだと思います。)

天皇陛下がマスコミ批判をなさって、マスコミの矢面に立たれるような事をなさったら、
彼等(マスコミの陰のフィクサー)は、天皇陛下の抗議だからと言って遠慮するような輩ではありませんから、
新聞や週刊誌総動員して、
天皇バッシングを始めかねません。

そんな事になったら、それこそ皇室の権威は地に落ちてしまいます。

両陛下は両陛下を誤解している人々が思っているような、ふがいないお方でありません。
並々ならぬ英知と慈悲心とを兼ね備えられた素晴らしいお方だと、私は思います。
日本の政治へのご憂慮も的を得たものと拝察されますし・・・・・

こんな立派な方が、こんな状態の日本の天皇陛下にお生まれになられたのも、
故なき事ではないのかも知れないなどと言ったら、狂信的と言われるかも知れませんが・・・・・

ブルーギル様

コメント有難うございます。
原発再稼動反対のデモに参加してくださるのですね。
ご苦労様です。
私も地元の再稼動反対デモには何度か参加して、街を行進したものですが、
東京はちょっと遠すぎるので、折角のお誘いですが、遠慮させて頂きます。
年金生活者の身には、デモの為に東京までの交通費を出すのは、少々荷が重過ぎるのです。

私は私の出来る事・日本の置かれた危機をブログで同朋にお伝えする事で、この運動の一端をになっていければと願っています。

ブルーギル様もお知り合いの方を、お一人でも多くお誘いになろうとしておられるのだと思いますが、どうぞ頑張って下さい。
ブルーギル様の行動力に期待します。

官邸前には行かないんですか?

.....残念です。
御一緒できると思ったのになぁ。

でも今月の13日と27日に滋賀県庁前で座り込みあるんですよね。
ここなら和久さん宅から近いでしょうし、行進ではなく座り込みですから負担にはならないと思いますよ。(^^)

ブログでの発信も大切ですけど、やはり自分の身を削ってでも外に訴え出るのも、より大切だと思うんです。

反原発を思う人は、ここにもいるんだぞ!って1人でも多くの姿を見せるのって本当はすごく大切だと思うんです。

美智子さまだって、お出ましになっているじゃないですか!
美智子さまに心酔する和久さんなら、美智子さまのお振るまいを準えるべきですよ。

大丈夫!
私が付いています!
明日が急で無理なら27日一緒に座りましょうよ!
ね? お願いします!
私、ブルーリボンを手首に巻いて待っていますからね!
絶対に来て下さいね!
一緒に座り込みしましょうね!

ブルーギル様

滋賀県の県庁前で座り込みがあるのですか。
そのデモの主催者のサイト等をご紹介いただけますか?
明日は無理ですが、27日だったらいけるかもしれません。

これを見ました!

http://nonukesiga.exblog.jp/21273076/

NO NUKES from shiga -脱原発・滋賀☆アクション-
nonukesiga.exblog.jp

2014年 11月 04日
11月の滋賀県庁前・座り込み日程☆
11月の滋賀県庁前座り込みの日程は次の2回です。

11月13日(木) 午後4時~7時
11月27日(木) 午後4時~7時
滋賀県庁正面 噴水前
です。

原発なくても電気は足りていますよね。再稼働は絶対反対の意思表示をしましょう!

急速に秋は深まり、冬はすぐそこまで近づいています。
暖かい服装でご参加ください☆

よろしくおねがいします。


* * * *

こういうのに参加するのは初めてなので今からドキドキしてるんです!
滋賀って実は寒いのでヒートテックとユニクロ着込んで座り込みするつもりです!
和久さんと御一緒できたら嬉しいです(^^)

ブルーギル様

滋賀県の反原発サイトを見つけてくださって有難うございました。

以前デモに行っていた時に見ていたサイトは、消去されてしまっていた為、
滋賀県ではもう反原発デモはやらなくなったのかな思っていたのでした。

申し訳ないのですが、この集まりには参加出来そうにありません。
時間を見たら4時~7時とありました。
その時間は夕飯の用意をせねばならない時間ですので・・・・

ご健闘を祈ります。

残念です・・・

御一緒できると思ったのに残念です。
だって和久さん、他のサイトでも皇室の尊さのみならず反原発のことも熱く語っているのだから、遠方は無理でも地元での行進は年齢的に無理でも、座り込みなら参加するはずだと思ったのにな。
体力的に辛くなれば途中で抜ける事だってできるのに…

夕飯の用意は分かるけど、あらかじめ仕度しておいて家族にはレンチンするだけにしておけばいいのに。

私は今は他県に住んでいますが以前は湖北に住んでいたので、そういう問題はすごく身近に感じるんです。
和久さんの意見を読んでいたら、和久さんも同じだと思ったんだけどな。

残念です。
残念だけど…和久さんって結局はマウスだけが御立派の自分だけに優しくて弱者は批判する系の人だったんだなって思えてきちゃった。

せっかくブルーリボンを用意したのに…
結局は反原発より夕飯の用意なんだ…
やっぱ男尊女卑なのかな、和久さんの感覚って…

ブルーギル様

ご期待に添えなくて済みません。
お許し下さい。

コメントつけようか迷ったのですけれど、あえて書きますね。

確かに、「あちら」には言葉遣いの悪い方がいます。
時には、東宮ご一家をほめる為にわざと他の方を貶す発言もあります。
そういうやり方では、真に皇室のためにはならないという大我楼さまの意見に、私も賛同します。

でも、「あちら」の和久さまの意見は少し違いますね。
”皇后陛下(と天皇陛下)を批判するのは皇室の権威を落とす、だから止めて”と、”皇后陛下の悪口”にだけに反応されていました。
少なくとも、私にはそのように感じられました。
そのため、賛同意見をつけるのを止めました。

筆頭宮家に対する厳しい意見には、コメントされていないのは偶然でしょうか?
あれだって十分に、”皇室の権威を失墜させる”行為だと思うのですが。

傍観者様

コメント有難うございます。
皇后陛下にだけ拘っている積りはないのですが、偶々皇后陛下の悪口を読んでそれに反応したのだと思います。(もしかしたら私がそう読み間違えをして)

>”皇后陛下(と天皇陛下)を批判するのは皇室の権威を落とす、だから止めて”と、”皇后陛下の悪口”にだけに反応されていました。

秋篠宮様と言うより紀子様に対しては、正直に言いますと、私が反感を持っているのは確かです。
でも、皇室の権威を落とさない為に出来るだけ悪口を書かない様に気をつけているつもりです。
でも、つい本音が出てしまうのですね。
筆頭宮家に対する厳しい意見には、それを糺す為のコメントをしていないのは、偶然であるともないとも言えるかと思います。

見たのが筆頭宮家に対する悪口だけだったら、私も何とか、紀子様(秋篠宮様の悪口ではなかろうと思いますので)を庇おうとしていた事でしょうが、
皇后陛下と共にと言う場合、
バッシングされているのが許せないと、気になる方にだけ、私の注意が行ってしまったという事なのではないかと思います。
(ご指摘のやり取りに付いては、詳しい記憶がないのですが・・・・・)

私がこのブログを始めた時には政治の事を書く積りはなかったのですが、
その記事に頂いたあるコメントをキッカケに、
政治の事を書くようになったその記事をご紹介します。
http://dendrodium.blog15.fc2.com/blog-entry-6.html
その中で私は明らかに、紀子様への反感を示していました。

これは皇室を悪く言ってはいけないと言う私の主張とは違うもので、
反省しています。


でも、皇室を大事に思っている者だったら、
皇族に対し敵対的と言える様な悪意を、しつこく広める事は、慎むべきだと私は思っています。

お返事ありがとうございます。

>皇后陛下にだけ拘っている積りはないのですが、偶々皇后陛下の悪口を読んでそれに反応したのだと思います。

多分、そうだと思いました。
やはり和久さまは、美智子さまが大好きなのですね。
別にそれが悪いだなどとは申しません。
皆それぞれ、共感を覚える人(皇族であれタレントであれ)を応援するものですから。

ただあの場合は、言葉遣いの悪さを指摘されるにとどめたほうが良かったでしょうね。
若しくは、グッと我慢されるか。
和久さまのコメントで、流れがヒートアップしましたから(苦笑)

引用された記事を読みましたが、暴言に冷静に返答していらして和久さまのほうが一枚も二枚も上手ですね。
怒鳴りあいでは、何も変わりませんもの。

難しいことではありますが、両陛下が神格化されずに、もし間違いをされたなら国民が批判を許される世であって欲しい。
和久さまと同じく、皇室を大事に思っている者として願っております。

傍観者様

>難しいことではありますが、両陛下が神格化されずに、もし間違いをされたなら国民が批判を許される世であって欲しい。

これは必要な事であるとは思いますが、
私生活の事で、タレント並の弄り方は、するべきではないと思います。

天皇は権威があってこその天皇なのですから。

皆が悪口を言うような天皇なら、天皇の存在価値はなくなってしまいます。

私が天皇を日本の寶と言っているのは、
日本人の殆どが、天皇を国の中心と思っているという事が、
国が乱れるような事が起きたとき、
天皇を奉じた方を正統な政府と皆が納得する働きをして、
内乱を最小限に抑える事が出来るのではないかと思うからです。
下記の記事にその思いを書いていますので、宜しかったらご一読ください。

天皇制に思う
http://dendrodium.blog15.fc2.com/blog-entry-53.html

>私生活の事で、タレント並の弄り方は、するべきではないと思います。

はい、それについては私も同意見です。

>皆が悪口を言うような天皇なら、天皇の存在価値はなくなってしまいます。

いえ、悪口ではなく批判ですよ。
日本の天皇は北の国の将軍ではないのですから、耳の痛い意見を封じ込めるような方ではあって欲しくないという願いです。

北の国、で思い出しました。
「あちら」で、入江相政氏を柳原白蓮の甥だから美智子さまに対して敵意を持っていた、と書かれていましたね。
それって、まるであの北の国の連座制ですよ。
先入観、入りまくりです(苦笑)

黒木従達氏と勘違いされたり、入江氏もさぞや泉下でお嘆きでしょう。
侍従長として昭和天皇のお側に長らく務め、深い信頼を受けた方に対して失礼ではないでしょうか。

最後に
>天皇を奉じた方を正統な政府と皆が納得する

だからこそ、天皇を取り込もうとして勢力争いがあったのですけどね。
卵が先か鶏が先か、さてどちらでしょう。

一月近くも前の話題にコメントして良かったのか判りませんが、お相手していただきありがとうございました。

傍観者様

>黒木従達氏と勘違いされたり、入江氏もさぞや泉下でお嘆きでしょう。

この様嘘が流れているようですが、
私はニュースで天皇陛下の侍従と言う報道を聞いたのです。

>だからこそ、天皇を取り込もうとして勢力争いがあったのですけどね。
卵が先か鶏が先か、さてどちらでしょう。

天皇を取り込もうとの争いはあっても、
天皇を貶めるような、誹謗合戦は無かったのではないでしょうか?
(南北朝の時は知りませんが・・・・・
でもその頃は今のようなマスコミは無かったので、影響は少なかった事でしょう。)  

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2164-0df3f17a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。