Dendrodium 福島第1原発4号機の使用済み核燃料プールからの燃料取り出し作業無事終了

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島第1原発4号機の使用済み核燃料プールからの燃料取り出し作業無事終了 

4号機使用済み燃料搬出終了へ 破損3体は次回取り出し
 福島第1原発4号機の使用済み核燃料プールからの燃料取り出し作業で、東京電力は20日、使用済み燃料1331体のうち1320体の移送を終了したと発表した。次回作業で破損燃料3体を含む使用済み燃料すべての移送作業が終わり、プールに残るのはリスクの低い未使用燃料だけとなる。

 4号機プールには原発事故の発生前から、「く」の字に曲がった燃料が1体、過去に放射性物質漏えいが検知された燃料が2体入っていた。次回の作業では、変形した燃料が入るように収納スペースを一部広げた輸送容器で、残る使用済み燃料11体を一遍に別棟の共用プールに運ぶ。11月末までに移送を終える予定。
2014/10/20 21:02 【共同通信】


東電福島第一原発4号機の使用済み核燃料の搬出作業が無事終了したそうである。
大変な作業だったと思うが、1320本の使用済み核燃料が無事に安全なプールに移送できたのは、
担当者の方々が1320本もの危険極まりない物質を、根気強く、しかも慎重の上にも慎重に頑張って下さったお陰だと、
その精神力と責任感の強さに、改めて感心させられる。

日本の場合現場の人は、大抵責任感があって有能なのに、
何故か総理大臣や社長の様なトップクラスになると、
無責任でいい加減な人が、いい加減なことを決めていくような気がするのは如何した事だろう?

九州電力だって一般の社員さんたちは、川内原発の再稼動に反対の人も多いのではないだろうか?
しかし総理大臣や経産大臣、社長や市長等になると、途端に無責任になって、
川内原発の近くには、何時爆発するかも知れない火山が、煙を吐いているのも見えないかのように、
川内原発は安全基準が満たされているのだから絶対安全で、全然心配ないと思うようになる様である。

川内市の市議会議員も市長も、もう川内原発の再稼動を認める決議をしたそうである。(こちら

もし事故が起きたら再稼動を決めた政治家や電力会社社長は一切責任を取ることなく、
又しても、現場の従業員だけが、命がけで修復作業に従事させられる事になるのだろうが・・・・・

桜島「引き続き噴石など警戒を」
10月23日 22時43分

桜島「引き続き噴石など警戒を」


鹿児島市の桜島について、火山噴火予知連絡会は「引き続き活発な噴火活動が続くと考えられ、火口周辺では噴石などに警戒が必要だ」という検討結果をまとめました。

専門家などで作る火山噴火予知連絡会は23日、気象庁で定例の会合を開き、各地の火山活動について検討しました。
このうち桜島は、昭和火口での爆発的な噴火の回数がことし8月下旬から増加し、先月は99回と、ことしに入って最も多くなりました。
また、観測データを基に解析した火山灰の噴出量は、ことし5月から先月まで1か月当たり10万トンから60万トンで推移しているということです。
地盤の変化を捉える傾斜計のデータでは、ことし1月からは山が膨張する傾向がみられていましたが、ことし7月中旬ごろからは山が縮む傾向になっています。
一方、火山灰の放出量や地盤の変化から分析すると桜島直下へのマグマの供給は続いているということです。
このため、火山噴火予知連絡会は、「引き続き活発な噴火活動が続くと考えられ、火口から2キロ程度の範囲では大きな噴石や火砕流に警戒が必要だ」という検討結果をまとめました

Comments

とりあえずメデタイ

1年前から始まっていた燃料棒の取り出しですが、失敗すれば被害で日本が壊滅すると言われていた。
後は残っている204本の未使用の燃料棒で此方は比較的容易に運び出せそうですが。
問題なのは破損して変形している燃料棒。
これから容器自体を製作するそうで、泥縄の見本の様な話なのです。

もう一つの心配事は地下水の放射能の濃度が急激に高まっていること。
1ヶ月で100倍。1年前に比べたら1000倍らしいですよ。
東電は原因として雨水の流入を言っているが、普通に考えれば逆に水で薄まって低くなる。
半年前から凍らせようと努力している凍土壁が、未だに凍ったとの報道が無い。
凍らない原因ですが、東電は地下水の流速を問題と言い張るが、嘘くさい。地下水の流れは基本的に一定なのです。
凍らない原因も放射濃度の上昇も同じで、
この原因とは、メルトダウンした超高温の核燃料が危険な状態になりつつあるのかも知れません。

宗純様

コメント有難うございます。
使用済み核燃料が何とか無事に納められてひとまずは、ほっとしましたが、
物凄い放射能汚染が続いているようですね。
やっぱり地中の核燃料が、収まってはいないのでしょう。
事故直後に囲い込み工事をやらなかったのも、費用の関係と言うより、
メルトスルーした核燃料を、地下水で冷やす必要があると分かっていたからなのではないでしょうか?

東電は今も四苦八苦ですのに、
政府は如何して原発再稼動など許可するのでしょうね。

時間稼ぎ

>政府は如何して原発再稼動など許可するのでしょうね。

『再稼働なし』を打ち出したら全国の電力会社は資産を一夜にして巨額の不良債権に変えねばならず、とんでもない赤字の決算をしなければならなくなるからでしょう? 株やらなにやら、影響が甚大過ぎます。
表向きは『再稼働ありき』で、しかし、内実は『順次廃炉』なのだと思います。もんじゅのありえない手抜きがいまのタイミングでわざわざ公表されたりするのも、再稼働停止に備えた(言い訳として)伏線なのだろうと思えます。

パンダ様

コメント有難うございます。
>表向きは『再稼働ありき』で、しかし、内実は『順次廃炉』なのだと思います。

そういう事ですか。
それなら頷けますね。

先の『時間稼ぎ』ですが、半分は希望的観測で書きました。そういうふうに考えないと脳みそを持った人間が取る行動の範疇からは外れてしまう>再稼働
どなたかから私の知らない事実が述べられると期待しているのですが・・・。

パンダ様

コメント有難うございます。
そうですか、希望的観測ですか。
でも、
>『再稼働なし』を打ち出したら全国の電力会社は資産を一夜にして巨額の不良債権に変えねばならず、とんでもない赤字の決算

これはある程度は当たっているのかも知れませんね。
人は如何してもそれをせねばならない状態に置かれた時、
「大丈夫だろう」と、甘い判断をしてしまうことはよくある事ですものね。

まして、それが権力からの要請となれば、尚更其処に逃げたくなるのかも知れません。

しかし、一朝事があると・・・・・

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2151-c6aeb6fc

制服向上委員会 前リーダー・小川杏奈が語る激動の8年間。 内気な少女が脱・原発運動で演説するまでに

おつかれさまでした。 制服向上委員会 前リーダー・小川杏奈が語る激動の8年間。 内気な少女が脱・原発運動で演説するまでに 2014.10.20 オリコン  結成22周年を迎えた、日本最長寿の女子アイドルグループ・制服向上委員会(SKi)。結成以来、“清く正しく美しく”をテーマに、制服ファッションに身をつつんだメンバーたちが清楚なステージで魅せている。また当初からボランティア活動や...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。