Dendrodium どうなる? エボラ出血熱

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうなる? エボラ出血熱 

エボラ出血熱に備え感染症法改正案決定
10月14日 11時08分
西アフリカを中心にエボラ出血熱による死者が増え続けるなか、政府は、14日の閣議で、国内で感染が疑われる患者が出た場合に備えて、都道府県が本人や医療機関の同意がなくても検査に必要な血液や尿などを採取できるとした、感染症法の改正案を決定しました。

WHO=世界保健機関によりますと、エボラ出血熱に感染、または感染した疑いで死亡した人は、西アフリカを中心に4000人を超えています。
こうしたなか、政府は、14日の閣議で、国内で感染の疑いのある患者が出た場合に備えて、感染症法の改正案を決定しました。
改正案では、エボラ出血熱や鳥インフルエンザなどの危険性が高い感染症に感染した疑いがある場合に、都道府県は患者や医療機関の同意がなくても検査に必要な血液や尿などを採取できるとしています。
また、国内でおよそ70年ぶりに感染が確認されたデング熱について、都道府県は検査に必要な血液などの採取を患者や医療機関に要請できるとしています。
政府は、感染症法の改正案を今の臨時国会で成立させたいとしています。


日本ではまだ感染者が出ていないけれど、欧米では何人かの感染者を出して、パニック状態になっているらしい。
数年前エボラ出血熱が流行った時は、如何なるかと心配しているうちに、突然感染が治まったという話だったが、あれはどういう事だったのだろう?

カレードスコープではアメリカは2009年にエボラの特許を取っているのと、
航空機内でエボラ感染した患者が発生しているのに、何故アメリカ政府は西アフリカとの航空機の直行便を閉じないのかとの疑問から、バイオ・テロを疑っておられるようである。

世界銀行は「【エボラ出血熱】経済損失は3兆5千億円の恐れ 世銀総裁、対策強化を訴える」で、世界的な対策を訴えているそうである。

幾ら世界銀行が欲どおしいからと言って、そこまでするかな?との疑問は残るけれど・・・・・

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2142-fe9e33d1

担当官と兵士でエボラと戦うオバマ大統領

Paul Craig Roberts2014年10月17日 エボラはアメリカにとっては問題ではないと、国民は安心させられ続けているが、CNNは オバマが、エボラ担当官を任命したと報じている。http://www.zerohedge.com/news/2014-10-17/meet-americas-new-ebola-
  • [2014/10/18 10:49]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。