Dendrodium 米欧覇権維持に日本人青年の命を捧げる値打ちがあるだろうか?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米欧覇権維持に日本人青年の命を捧げる値打ちがあるだろうか? 

「防衛協力指針」再改定 中間報告 「米の戦争」世界中で支援
2014年10月9日 朝刊
 日米両政府は八日、外務・防衛局長級協議を防衛省で開き、自衛隊と米軍の役割分担を定めた日米防衛協力のための指針(ガイドライン)の再改定に向けた中間報告をまとめた。現行の指針にある「周辺事態」を削除し、地理的な歯止めをなくして自衛隊の米軍支援を世界に拡大させる方向性を打ち出した。日本の集団的自衛権の行使を最終報告に反映させることも確認。日本政府は、行使の内容を具体化させる関連法案の骨格さえ示していないのに、行使容認を前提にしている。 (中根政人)


 中間報告は、安倍政権が他国を武力で守る集団的自衛権の行使を認めた七月の閣議決定を踏まえた。日米は、年内の最終報告を目指して協議を続ける。


 現行の指針は一九九七年、朝鮮半島有事を想定し、周辺事態を盛り込んで改定され、日米協力の場面を(1)平時(2)周辺事態(3)日本が武力攻撃された有事-の三つに区分。中間報告では武力攻撃に至らない「グレーゾーン事態」を含め「平時から緊急事態まで切れ目のない形」で対応する必要性を唱え、区分を削除した。


 自衛隊の米軍支援では「日米同盟のグローバルな性質を反映するため、協力の範囲を拡大する」と明記。「三カ国間および多国間の安全保障、防衛協力を推進する」とも強調し、活動内容として武器・弾薬などの提供を念頭に置いた「後方支援」や、海上での機雷掃海を想定しているとみられる「海洋安全保障」などを挙げた。


 集団的自衛権に関しては「日本と密接な関係にある国に対する武力攻撃が発生し、日本の武力行使が許容される場合」の日米間の協力について、七月の閣議決定の内容を「適切に反映」させると明記し、行使は可能との立場を鮮明にした。具体的な協力内容には触れず、最終報告で詳しく説明すると記すにとどめた。


 中間報告には、日本の武器輸出解禁や攻撃型武器の購入拡大方針を踏まえ「防衛装備・技術協力」の強化に共同で取り組むことも盛り込んだ。

◆派遣へ政府裁量拡大


 日米ガイドラインの再改定を前にまとまった中間報告は「周辺事態」の地理的制約をなくした。現行の指針を大きく変質させ、政府の裁量次第で自衛隊の活動範囲が際限なく広がりかねない内容だ。


 朝鮮半島有事などを想定した一九九七年改定の現行指針は「周辺事態」への対応が柱。日本政府は指針を受け、自衛隊の米軍支援を拡大した周辺事態法を制定し、日本国内でなくても自衛隊による米軍への武器・弾薬を除く物資の提供や、武力を使わない船の検査などをできるようにした。


 「周辺事態は地理的概念ではない」というのが日本政府の見解だが、実際には歯止めになってきた。アフガニスタン戦争やイラク戦争が周辺事態でないのは明らかで、周辺事態法では自衛隊を派遣できなかったからだ。


 政府は国会で期限付きの特別措置法を成立させてインド洋での給油、イラクでの復興支援活動をそれぞれ実施した。


 このままの流れで指針の最終報告がまとまり、地理の制約がない一般法ができれば、自衛隊の海外派遣を決める政府の自由度は高まる。世界の各地で、同時多発的に自衛隊が米軍支援に従事するようなことも起こり得る。(後藤孝好) 


<日米防衛協力指針(ガイドライン)> 自衛隊と米軍の協力や役割分担を定めた政府間文書。冷戦時代の1978年に旧ソ連の侵攻に備え策定した。97年の改定では朝鮮半島有事を想定した内容に拡大。中国の軍拡や北朝鮮の核・ミサイル開発などを念頭に、日米両政府は昨年10月の外交・防衛担当閣僚による安保協議委員会(2プラス2)で、2014年末までの再改定で合意した。


結局、米国を代表とする欧米の世界覇権を維持できなくなる恐れが生じた時、
日本は米国の戦争に協力して働くという事を、
政府がアメリカ軍と約束しようとしているという事なのだろう。
アメリカの覇権が維持され続ける限り、
日本はアメリカとの地位協定の改定も出来ず、
国民にとって不利益極まりない原発推進や、
TPP推進、果ては兵隊の供給までさせられるのである。

日本は太平洋戦争の敗北で、欧米のアジアに対する搾取と抑圧とに対抗することを諦めたとは言え、
欧米の覇権維持に国民の命を捧げてまで協力する必要等、全然ないのではないだろうか。
特に大東亜戦争は、欧米列強の悪事を封じる為の聖戦であったという立場の安倍総理が、
欧米覇権維持の為に、平和憲法をなし崩しにして国民の命を米軍に捧げる為
法改正してまで、欧米の覇権維持に協力するのは可笑しいのではないだろうか。
安倍総理の主義主張の矛盾撞着は甚だしい。

安倍総理は今人間ドックに入っているそうだけれど、
もしかしてさすがの安倍総理も気が咎めて、ついに健康を崩されたのだろうか?
もしそうだとしたら、安倍晋三氏にも、日本人としての心が少しは残っていたのだろうと、見直す事も出来るのだけれど・・・・・

尤も、責任は安倍総理だけではないのかも知れない。
日本国憲法がノーベル平和賞候補第一位にノミネートされたとの報道に、
大喜びするどころか、大慌ての安倍政権閣僚達なのだから,
所詮日本の青少年の命等、自分たちの地位維持の為だったら、
幾らでも米軍に提供するという根性の面々なのだろう。

ノーベル賞は日本人青年を自分たちの覇権維持の為に利用しようと目論んでいる欧米権力者が経営しているのだから、
彼等の目論見を崩す働きをする「平和憲法を守る日本人」への、ノーベル平和賞受賞等、
彼等が容認する筈がないだろう。
だからノーベル平和賞が「平和憲法を守る日本人」に出されなかったのは当然の帰結だったと思う。

「平和憲法を守る日本人」がノーベル平和賞候補第1位にノミネートされたのは、
欧米の政治権力者達と違って、欧米の平和を愛する一般の人々の願いに合致した為、
これが平和賞に選ばれる事を願う人々が多かったお陰だったのだろう。

しかし、決定は権力者によって下されるのだから、
当然の事として「平和憲法を守る日本人」が、ノーベル平和賞に選ばれなかっただけなのではないだろうか。

しかし「平和憲法を守る日本人」がノーベル平和賞候補第1位にノミネートされたとなると、
日本のマスコミも、さすがにこれを報道しないわけにはいかなかったと見え、
ノーベル平和賞が決まるまでは、NHKを初めとして各放送局が、
「平和憲法を守る日本人」がノーベル平和賞候補1位にノミネートされていると報道していた。
ノーベル平和賞が決定して終った後に、受賞を逃して残念だったと報道をする放送局は皆無だったけれど・・・・・

でも例え受賞者決定前の数分間だけであっても、
「平和憲法を守る日本人」がノーベル平和賞候補NO1という報道の効果は大きかったと思う。

これから毎年ノーベル平和賞にノミネートされても,受賞者として選ばれる事はないかもしれないけれど、
これからも毎年、「平和憲法を守る日本人」をノーベル平和賞にノミネートされるように努力する値打ちは充分あるのではないかと私は思う。

Comments

軍隊を派遣出来て初めて世界で物が言える

世界中どこでも軍を派遣できる、それでこそ日本独自の主張も重きをなすことができる。軍艦なき外交は茶番だ、といったのはビスマルクだったかな、それいは今でも生きておる。
 欧米従属を言うならば、戦後日本の歴史認識は、誰が生みの親かってことを考えにゃならん。戦勝国、米軍、GHQだ。日本=悪玉、米軍=解放軍、こんな戦勝国にゴマをするような歴史認識でもって、物を書き、本を売り、名を成し、大学や新聞におさまったりしたのが戦後左翼だ。あ、教員もだ。そんな左翼らが、従米だなんだと、こんなのをチャンチャラおかしいというのである。

神様様

>世界中どこでも軍を派遣できる、それでこそ日本独自の主張も重きをなすことができる

集団的自衛権の行使容認とは、日本はアメリカ等の同盟国とのみ、軍を動かしても良いという事なのですよ。
日米合同委員会の監視下で、アメリカの容認しない国と共同に軍を動かす事等出来るはずがないから、結局日本が軍を動かせるのはアメリカの意思に従ってのみという事は、目に見えているではありませんか。
そんなものの何所が独立の主張と言えるでしょう。

戦勝国、米軍、GHQだ。日本=悪玉、米軍=解放軍、こんな戦勝国にゴマをする共同戦線(集団的自衛権行使容認)を受け入れる安倍政権に、
日本の独立が主張できると貴方は思っているのですか?

こんなにも馬鹿ウヨは、騙されやすいのか~  
驚木 桃の木 山椒の木 !!!!!

独立国の条件は、国軍を持ち、自由に派遣出来ること。

あなた方の歴史認識はどーなっているのですか?GHQ製ではありませんか?

神様様

>あなた方の歴史認識はどーなっているのですか?GHQ製ではありませんか?

私達一定以上の年齢の者は、現実に戦時中を体験した人々から話を聞く機会をもっていた者です。

戦争体験世代が殆ど他界した後になって、歴史の捏造が始まったのです。

貴方が信じている人たちの目的が何であるかを、ちょっと考えて見られたらどうですか?

貴方が何歳の青年なのか私には分かりませんが、
もし二十歳前後の青年だとしたら、
徴兵制が新設される等して、自分自身の身を害するかもしれない政策を、応援している事になるのですよ。

しかも徴兵制で狩り出される目的が、
覇権国(アメリカ)がそれ迄の覇権を維持して、
それ迄通り属国(日本)虐めを続けられる為の戦いだったり、

戦争をする事で武器を消費しないと、新しい武器を作る口実が出来ないので、
とにかく戦争を始めたがっている戦争屋につき合わされて、
戦地を彷徨わされる事になっているとしたら、
こんな馬鹿らしいことはないでしょう?

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2140-06a37ec0

ウソ発生機

Paul Craig Roberts2014年10月11日 欧米は、既得権益を持った連中の秘密の思惑専用に機能する、巨大なウソ発生機だという結論に私は達している。例えば、環大西洋貿易投資協定と、環太平洋戦略的経済連携協定について考えてみよう。 これらのいわゆる“連携協定”は、実際には、アメリカ企業が、自分達が事業活動を
  • [2014/10/12 15:52]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。